車椅子で行く軽井沢~万平ホテル バリアフリー情報

車椅子で行く軽井沢~万平ホテル バリアフリー情報

軽井沢を代表するクラシックホテル「万平ホテル」は、宿泊、食事に限らず、ショップの利用、資料室の見学、周辺の散策などを楽しむことができます。万平ホテルのバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2017年8月の取材に基づいています。

○アクセスと駐車場

万平ホテルは軽井沢駅から約2km。趣のある並木道を抜けた先に建ちます。車椅子利用者は車の利用が便利です。途中の並木道は広さに余裕がありません。対向車が来た場合は譲り合って通行してください。

駐車場は敷地内4カ所。夏休みや週末はかなり混み合い、広い乗降スペースの確保が出来ないこともあります。またホテルエントランスはやや高台なので、どの駐車場に停めても少し坂を上ります。駐車場混雑時は車椅子利用で苦戦する可能性があります。その場合は車寄せに行き、フロントスタッフに相談してください。

軽井沢~万平ホテル バリアフリー情報

○館内全般のバリアフリー状況

クラシックな万平ホテルですが、リノベーションによりほぼ全館バリアフリー。車椅子で利用できるバリアフリーホテルになっています。障害者用トイレの用意もあります。

観光地軽井沢原点の施設。建物が放つ伝統の威厳。そして最高のおもてなし。宿泊、食事、喫茶、そして周辺散策。何をしても軽井沢を満喫できるホテルです。

軽井沢~万平ホテル バリアフリー情報

○客室のバリアフリー状況

万平ホテルの客室は「アルプス館」「別館」「アタゴ館」「ウスイ館」があり、他にコテージが3棟あります。

この内、いわゆるバリアフリールームは「ウスイ館」に3室用意されています。ただしこの3室以外も、ほとんどの客室は無駄な段差はありません。障がいの状況によっては、幅広く客室を選ぶことができます。

別様のコテージには段差があります。

軽井沢~万平ホテル バリアフリー情報

○レストランのバリアフリー状況

レストランは、メインダイニングと中華料理、そして和食のお店が本館内にあります。いずれもバリアフリー、車椅子で利用できます。

ジョン・レノンが愛したカフェにはスロープの用意があり、車椅子でテラス席が利用できます。

離れ別館の京懐石のお店は、エントランスまで石畳で、店内には段差があります。

軽井沢~万平ホテル バリアフリー情報

○ショップのバリアフリー状況

本館1Fのショップは、フラットで通路幅にも余裕がありバリアフリーです。アップルパイ、ジャム、紅茶など、万平ホテルの逸品が販売されています。

軽井沢~万平ホテル バリアフリー情報

○資料室のバリアフリー状況

資料室はアルプス館の横、パブリックスペースにある入場無料の施設です。

ジョン・レノン一家の写真や彼が気に入ったピアノ。田中角栄首相とキッシンジャー国務長官のツーショット。古き時代のパーティーメニュー。狭い空間ですが100年を超えるホテルの歴史が展示されています。

元々は段差構造であったと思われますが、すべてスロープ対応でバリアフリー。車椅子で見学できます。

軽井沢~万平ホテル バリアフリー情報

○車椅子でのハッピーヴァレイへの行き方

名所「ハッピーヴァレイ」は、別荘地の中にある石畳の一本道です。万平ホテルの近くにあるのですが、行き方が解りにくいので、現地でホテルスタッフに確認することをお薦めします。

段差を避けて車椅子で行く場合は、万平ホテルのコンベンションホールである「ザ・ハッピーヴァレイ」の横から回り込み、その先オフロードの横道を左折してください。30mほどオフロードを進むと、「ハッピーヴァレイ」の起点につきます。

素敵な道ですが、路面は石畳でゴツゴツなので、車椅子での通行は快適ではありません。道の起点付近で先を眺めて引き返すことをお薦めします。

ハッピーヴァレイ

軽井沢万平ホテルは、バリアフリーにリノベーションされたクラシックホテルです。一部の施設を除き、車椅子で利用できます。