銚子犬吠埼 犬吠テラステラス 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉県銚子市、日本の最東端犬吠埼に、2018年12月にオープンした施設です。観光施設をフルリノベーションした、車椅子で利用できる商業施設です。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

銚子犬吠埼 犬吠テラステラス

○駐車場の選択

場所は犬吠埼灯台のすぐ横。アクセスは車が便利です。駐車場は4ヵ所の選択肢があります。

車椅子利用でもっとも便利な駐車スペースは、灯台への入口、公園スペースにある2台分の障害者用駐車区画です。

銚子犬吠埼 犬吠テラステラス

本来はこの公園は駐車場ではありませんが、事実上駐車できるので、歩道の上や灯台の前などに、適当に車が停まり、週末は混乱します。

銚子犬吠埼 犬吠テラステラス

障害者用駐車区画は正規の駐車場です。横にある公衆トイレには障害者用トイレがあります。

銚子犬吠埼 犬吠テラステラス

犬吠テラステラスの駐車場は、店舗の裏側にあります。ここに停めた場合は、段差回避スロープで店内へ入ります。週末などは満車になることが珍しくありません。

銚子犬吠埼 犬吠テラステラス

満車の場合は、近隣2カ所にある無料公共駐車場の利用が推奨されています。徒歩3分の案内の公共駐車場は、最短ルートは階段路です。徒歩5分の案内の駐車場は、アップダウンがある歩道を通行します。

 

○テラステラスの構成とバリアフリー状況

犬吠テラステラスは2フロアの施設です。ユニバーサルベッドはありませんが、障害者用トイレは1Fに1つ用意。エレベーターがあり車椅子での上下階移動は可能です。

銚子犬吠埼 犬吠テラステラス

1Fはパン屋、軽食&カフェ、地ビール工房、野菜売り場、工芸品ギャラリーと観光情報コーナーなどがあります。灯台と写真を撮る企画コーナーがあります。

銚子犬吠埼 犬吠テラステラス

2Fは物産品ショップ「犬吠テラステラスマーケット」と、子どもが遊べるハンモックベンチがあるコーナー、そして屋内型展望テラスがあります。

銚子犬吠埼 犬吠テラステラス

銚子犬吠埼 犬吠テラステラス

いずれもバリアフリー仕様で、車椅子で利用できない決定な段差箇所はありません。またスペース的に余裕がある配置で、車椅子での移動に大きな問題はありません。

 

○公園と灯台の状況

犬吠埼は太平洋を見渡す高台です。公園スペースは未舗装の芝生広場ですが、広場内に舗装通路があり車椅子で散策できます。

銚子犬吠埼 犬吠テラステラス

銚子犬吠埼 犬吠テラステラス

銚子犬吠埼 犬吠テラステラス

灯台までは舗装路面が整備され、車椅子で近づけます。

銚子犬吠埼 犬吠テラステラス

そこから先は有料エリアで、障害者手帳の提示で寄付金の減免制度がありますが、灯台内部は99段の階段で、エレベーターはありません。

銚子犬吠埼 犬吠テラステラス

犬吠埼にバリアフリー施設ができました。公園の障害者用駐車区画、または店舗裏の駐車場が利用できれば、犬吠テラステラスは車椅子で問題なく利用できます。

(本稿は2020年9月に執筆しました)

銚子電鉄外川駅 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉県銚子市を走る銚子電鉄の終着駅です。木造駅舎は大正時代の築。ノスタルジックな外観が魅力です。今や銚子の観光名所の一つになりました。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

銚子電鉄外川駅

○駅舎とホームの状況

駅舎の出入口はスロープ化されています。そして駅舎内はフラットな床面。またスロープの横から段差なくホームへ移動できます。ホームはもちろんフラットで、無料で立ち入ることが出来ます。駅舎とホームの車椅子での移動は可能です。

銚子電鉄外川駅

駅舎内部の案内表示などもノスタルジック。見学する価値があります。

車両の乗降ドアとホームの高さは、30cm超の段差があります。一般の人が乗降する際は、階段を一段抜きで上がるほど足を上げます。

銚子電鉄外川駅

○駐車場あり

駅の両脇に無料駐車スペースがあります。路面は未舗装で、砂利や小石がゴロゴロしています。全部で約10台程度は駐車可能なスペースです。乗車せずに、駅舎とホームの見学だけの観光も可能です。駅舎内ではぬれ煎餅や鉄道グッズ、記念切符などを販売しています。

銚子電鉄外川駅

銚子電鉄外川駅

駅舎の前に金融機関の店舗があり、店前に舗装された駐車場があります。店舗営業時間外でも、駐車スペースは閉鎖されません。

 

○デハ801は段差あり

駅舎ホームの先に、往年の車両「デハ801」が展示され、自由に見学ができます。

銚子電鉄外川駅

デハ801の車内への入口は段差構造です。車椅子では車内へは進めません。

銚子電鉄外川駅

内部はこのようになっています。

銚子電鉄外川駅

銚子電鉄外川駅

銚子電鉄外川駅

電車の運行は、日中は1時間に2本程度です。電車の発着時刻を確認して、乗車または駅舎見学されることをお薦めします。

(本稿は2020年9月に執筆しました)

銚子ジオパーク 屛風ヶ浦と犬岩 車椅子観光バリアフリー情報

千葉県銚子市の「屛風ヶ浦」は、約10kmにわたり断崖が続く「東洋のドーバー」。国の名勝と天然記念物の指定を受けています。そのごく一部分ではありますが、車椅子で近づくことができます。アクセス方法と現地のバリアフリー状況を紹介します。

○銚子マリーナを目指す

アクセスは車が便利です。「屛風ヶ浦」の一部につながる遊歩道は「銚子マリーナ海水浴場」から始まります。

銚子ドーバーラインから横道に入り、銚子マリーナを目指します。マリーナの駐車場の先に「千葉科学大学」のキャンパスがあります。キャンパスを通過して、海水浴場前の駐車場を目指してください。駐車場は、海水浴シーズンは有料、通常期は無料です。

海水浴場前の駐車場には障害者用駐車区画の用意はありません。遊歩道の入口は駐車場の奥です。

銚子ジオパーク 屛風ヶ浦と犬岩

奥に停めるほど移動距離は少なくなります。駐車場は経年劣化していますが、舗装路面です。

銚子ジオパーク 屛風ヶ浦と犬岩

○遊歩道入口はデコボコあり

車椅子での難所は、遊歩道の入口です。10mほどの未舗装区間があり、そのつなぎ箇所に小さな段差があります。それでも、一般的な車椅子利用者なら、慎重に進めばクリアできるデコボコです。

銚子ジオパーク 屛風ヶ浦と犬岩

銚子ジオパーク 屛風ヶ浦と犬岩

この未舗装区間を通過すると、舗装遊歩道になります。

銚子ジオパーク 屛風ヶ浦と犬岩

○車椅子から断崖をみる

遊歩道の路面には経年劣化箇所はありますが、基本的にフラットな舗装路面です。車椅子での移動に大きな問題はありません。

銚子ジオパーク 屛風ヶ浦と犬岩

銚子ジオパーク 屛風ヶ浦と犬岩

遊歩道は海水浴場の横から、200mから300mほど続きます。見える限りの景観にはなりますが、車椅子から「東洋のドーバー」の一部を仰ぎ見ることができます。

銚子ジオパーク 屛風ヶ浦と犬岩

遊歩道の途中には、岩に少し近づけるポイントが用意されています。

銚子ジオパーク 屛風ヶ浦と犬岩

○犬岩と千騎ヶ岩

銚子マリーナの近くに、銚子ジオパークの名勝である「犬岩」と「千騎ヶ岩」があります。どちらも義経伝説がある奇岩です。

銚子ジオパーク 屛風ヶ浦と犬岩

「千騎ヶ岩」は漁協施設の奥にあり、今回取材時はコロナ対策で施設が閉鎖されていたため、近づくことができませんでした。大きな奇岩なので、一般道路から「千騎ヶ岩」を眺めることはできます。

「犬岩」の近くには無料観光駐車場があります。駐車場から「犬岩」に近づくには、テトラポットのような障害物を越えなくてはなりません。車椅子では駐車場からの見学になります。それでも十分に奇岩を鑑賞することができます。

銚子ジオパーク 屛風ヶ浦と犬岩

銚子の「屛風ヶ浦」は、車椅子で近づくことができます。「犬岩」と「千騎ヶ岩」も、車椅子から見学可能です。

(本稿は2020年9月に執筆しました)