浜松うなぎパイファクトリー 車椅子で工場見学バリアフリー情報

浜松うなぎパイファクトリー 車椅子で工場見学バリアフリー情報

静岡県浜松市「浜松技術工場団地」春華堂工場には「うなぎパイファクトリー」があり、車椅子で工場見学ができます。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2015年8月の取材に基づいています。

うなぎパイファクトリー

○自由見学と予約ツアー

工場見学は2つのコースがあり、どちらも車椅子で参加できます。

またどちらのコースも参加は無料で、うなぎパイをお土産にいただけます。

予約ツアーは毎時00分スタートで所要時間は40分です。

今回は自由見学コースを取材しました。

自由見学と予約ツアー

○無料駐車場と障害者用駐車区画

工場のまわりに無料駐車場があります。第一、第二、第三駐車場があり、混雑時は順々に第二、第三駐車場へも誘導されます。

障害者用駐車区画は第一駐車場の工場入口に最も近い場所に1台分あります。そこから車椅子では、工場入口へスロープで向かいます。

今回は8月の雨の平日のお昼前に伺いましたが、渋滞が発生していました。春華堂工場入口から500m車が並び、駐車場入場まで30分程度かかりました。

お昼過ぎに帰るときには渋滞は解消していたので、一時的な混雑だったようです。駐車場のスタッフのお話だと、雨の日が混むそうです。

無料駐車場と障害者用駐車区画

○自由見学コースのバリアフリー状況

最初に簡単なアンケートに答えて受付に提出すると、「工場見学記念」と印刷された特別パッケージの「うなぎパイ」を一人3枚いただけました。

見学コースは1Fから始まります。簡単な「うなぎパイ」のガイド展示と、「うなぎパイ」製造ラインを横からみることができます。

そして見学コースは2Fへ。エレベーターが1基あり、車椅子利用者はエレベーターの利用が案内されます。

自由見学コースのバリアフリー状況

○2Fからラインの見学

2Fからは工場製造ラインが上から見学できます。完成品がでてきて、梱包されていきます。途中で「製品検査」をしている人がいて、見ていると時々「うなぎパイ」の不良品をピックします。

売店で「アウトレット品」として格安販売されているのかな、とこの時点では想像しましたが、売店にはB級品はありませんでした。

2Fからラインの見学

○うなぎパイと記念撮影

製造ライン見学ゾーンの横には記念撮影用の「巨大うなぎパイ」のディスプレイが展示されています。

自撮用のカメラ置き台が設置されています。ここにカメラを設置して、セルフタイマーで全員揃って写るのがここの流儀。したがって、一組当たりの時間が結構かかります。順番待ちの行列が絶えない「巨大うなぎパイ」でした。

うなぎパイと記念撮影

○うなぎパイカフェは大人気

記念撮影スポットの横は「うなぎパイカフェ」。「うなぎパイのミルフィーユ仕立て」や「うなぎパイパフェ」など、ここだけのオリジナルメニューがあります。

このお店は2015年7月にリニューアルオープン。青山表参道に期間限定ショップで出店し、大好評だったお店がここに移転した、ということです。

今回は5組以上がウェイティングしていました。

うなぎパイカフェは大人気

○再びエレベーターで1Fへ

この先は健常者の通常ルートは階段。車椅子利用者は同じエレベーターに戻り1Fへ下ります。階段を降りた先に「工場直売店」があります。

売店の横にトイレがあり、障害者用トイレが用意されています。広くて綺麗なトイレです。

再びエレベーターで1Fへ

○工場直売店の状況

今回取材時は「工場直売店」は大盛況でした。

一般的なサイズの通路幅はあるお店ですが、混雑のため車椅子では移動や買い物に苦戦しました。お店のレジもフル稼働状態。商品の補充がものすごい勢いで行われます。

工場直売店の状況

○浜松ナンバーが半分

「うなぎパイファクトリー」の駐車場に停まっている車のナンバーをみると、浜松ナンバーとそれ以外のナンバーが半々くらいです。

イメージとしては浜名湖に遊びに来た観光客が来る施設に思えますが、地元のリピーターも多いようです。

浜松ナンバーが半分

工業団地の中に、集客力抜群の施設があります。「うなぎパイファクトリー」は車椅子で工場見学ができます。