世界遺産富士山 白糸の滝 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

静岡県富士宮市の名瀑。「音止めの滝」など周辺地を含めた場合は「白糸ノ滝」と表記されます。「白糸ノ滝」には観光駐車場があり、車椅子で利用できる展望台が3ヵ所あります。しかし「白糸の滝」の滝壺に近づくには、100段の階段を下ります。

富士山 白糸の滝

2016年に、階段を回避して「白糸の滝」の滝壺に近づける通路が開通しました。ただし距離は550mで高低差が40mある長距離急坂路です。今回の取材では、車椅子1台と介助者2名で、実際に長距離急坂路を通行しました。現地の状況を紹介します。

富士山 白糸の滝

○起点は「白糸自然公園」

アクセスは車です。「白糸の滝観光協会駐車場」ではなく、その奥にある「白糸自然公園」の無料駐車場を利用します。

富士山 白糸の滝

「白糸自然公園」には広い駐車場があります。観光シーズンでも満車の心配はあまりありません。駐車場内の長距離急坂路に近いエリアには障害者用駐車区画はありませんが、車椅子で乗降しやすい場所に駐車できるはずです。

富士山 白糸の滝

○富士山柄パイロンが目印

車両の駐車場入場口から外に出て、長距離急坂路のスタート地点を目指します。

公園の駐車場を出て右に進みます。「この先通り抜けできません」という案内がある舗装路を進みます。

富士山 白糸の滝

ほどなく下り坂になります。まだこの付近の傾斜は緩く、車椅子での通行に問題はありません。

富士山 白糸の滝

まもなく車両通行止めの柵と富士山柄のパイロンが置かれる横道があります。ここが長距離急坂路の始まりです。

富士山 白糸の滝

「白糸ノ滝」まで550mという案内版があります。その先から下り坂が始まります。

富士山 白糸の滝

この付近は駿河湾を眺望できる高台です。

富士山 白糸の滝

○500m続く連続急坂路

ここから滝壺の近くまで、急坂が続きます。車椅子は後ろ向き、そしてジグザクに走行すべき傾斜です。しっかりとしたベルトがない車椅子の場合は、絶対に前向き走行はしないようにしてください。危険です。

安全にジグザク走行をすると、直進する場合の倍の距離を走行します。したがって500mの2倍、約1㎞の走行距離になります。

途中に休憩できるフラットな区間はありません。中間地点に「展望場」が整備されていますが、小さな段差の上に傾斜したスペースがあるだけです。

しっかり効くブレーキがある車椅子なら楽ですが、一般的な車椅子の場合、元気な介助者が体力を使い果たす急坂路です。

坂を下り終わる50m手前から、傾斜は少し弱くなります。ここから滝壺まで約100m。最後の50mは未舗装路と上り坂です。ただし、ここまで来ることが出来る人なら、最後の50mはなんとかなります。

富士山 白糸の滝

○滝壺周辺の状況

最後の坂を上がると、橋の横に出ます。

富士山 白糸の滝

橋の上から、車椅子で「白糸の滝」を鑑賞することができます。

富士山 白糸の滝

橋の先は「音止めの滝」方面へ上がる階段路です。

富士山 白糸の滝

「白糸の滝」の滝壺に最も近い見学台までは、途中に階段があるので車椅子では行けません。

富士山 白糸の滝

車椅子で最も滝壺に近づけるのは、一般見学者が観光駐車場から下りてくる階段路の手前までです。

富士山 白糸の滝

この付近からでも、車椅子で利用できる高台の展望台からの眺めとは、全く違う「白糸の滝」が楽しめます。

富士山 白糸の滝

○帰り道の上り坂

来た道を帰ります。上りは体力勝負です。介助者1名ではバテます。複数名で車椅子を押す。または交代で押す。坂の途中で休憩しながら押す。工夫して坂上がりに挑戦する必要があります。

観光案内では健常者の徒歩をイメージして550mの所要時間を「下りは8分、上りは20分」としています。今回の取材では「下り10分」「上り15分」で走行できました。

急傾斜で距離があり、かつ途中に平坦な場所が全くない坂道なのが、堪えます。歩ける人でも、体力に自信のない方にとっては、かなり辛い急坂路です。

富士山 白糸の滝

これまで車椅子では遠目でしか見ることが出来なかった「白糸の滝」に、「白糸自然公園」からの通路を利用すれば車椅子で近づくことが出来ます。ただし大変な急坂路です。体力に自信のある車椅子利用者と介助者に限り、お薦めします。

(本稿は2020年10月に執筆しました)

JA富士宮ファーマーズマーケット「う宮~な」車椅子バリアフリー情報

静岡県富士宮市にある県下最大のJA直営店です。

JA富士宮ファーマーズマーケット「う宮~な」

売り場面積は約600㎡。駐車場から店内まで、段差のないバリアフリー設計です。

JA富士宮ファーマーズマーケット「う宮~な」

障害者用駐車区画は、店舗前に3台分用意されています。

JA富士宮ファーマーズマーケット「う宮~な」

駐車場の一角には、富士山の湧水が流れ出る泉があります。

JA富士宮ファーマーズマーケット「う宮~な」

トイレは独立棟で、障害者用トイレは1つ。ウォシュレット付きのトイレです。ユニバーサルベッドはありません。

JA富士宮ファーマーズマーケット「う宮~な」

店内は広く、通路幅は余裕があります。車椅子で快適に買い物ができるお店です。

JA富士宮ファーマーズマーケット「う宮~な」

農産物に限らず、鮮魚、精肉にも力が入っている産直ショップです。

JA富士宮ファーマーズマーケット「う宮~な」

「う宮~な」は、もちろん富士宮の方言が語源です。ファーマーズマーケット「う宮~な」は、車椅子で買い物がしやすいバリアフリー産直ショップです。

(本稿は2020年10月に執筆しました)

富士山本宮浅間大社 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

全国に祀られた1,300社余の浅間神社の総本宮。創建は神代。現在の地に鎮座したのが806年と伝承される静岡県富士宮市の古社です。境内には決定的な段差を迂回するスロープなどがあり、少し無理をすれば車椅子で参拝できます。現地のバリアフリー状況を紹介します。

富士山本宮浅間大社

○第一駐車場に障害者用スペースあり

アクセスは富士宮駅から徒歩10分の案内です。この間のルートは平坦で、ほとんどアップダウンはありません。

境内に有料の第一および第二駐車場があります。本殿に近いのが第一駐車場です。「浅間大社前」交差点から、真っすぐに進むと第二駐車場入口に出ます。第一駐車場への車のアクセスルートは、境内の西側からです。少し分かり難い道ですが、「浅間大社前」交差点から「お宮横丁」方面へ進み、境内西側の道に右折して下さい。道路沿いに道案内表示が掲示されています。

富士山本宮浅間大社

第一駐車場の入口近く、最も本殿に近いエリアに障害者用駐車区画が用意されています。

富士山本宮浅間大社

駐車場内から境内へ出る箇所に小さな段差があり、未舗装路面になります。車椅子を慎重に進めてください。

富士山本宮浅間大社

○本殿エリアへのバリアフリールート

駐車場から本殿方面へ出ると、幅広い未舗装路があります。ここは流鏑馬を行う「桜の馬場」です。馬場の路面は固く、砂利は薄い箇所が多いので、見た目よりは車椅子が進みます。それでも未舗装路ですから、慎重に移動してください。

富士山本宮浅間大社

「楼門」前に置かれる「鉾立石」は、馬場から車椅子で見学することができます。

富士山本宮浅間大社

本殿エリアは段差の上です。段差を回避するには、短い坂道を上がり「忠魂碑」の前に進みます。

富士山本宮浅間大社

本殿方面へ進むと「祈祷殿」があり、その横に段差回避スロープがあります。スロープを上がると本殿エリアに入ります。手水舎は「楼門」の横にありますが、車椅子では利用できない段差のある構造です。

富士山本宮浅間大社

○拝殿前のバリアフリー状況

本殿と拝殿を中心にして、左右に授与所と社務所が配置されています。本殿エリアの境内は深い砂利路面ですが、十字状にバリアフリー舗装歩道が整備され、拝殿、授与所、社務所、楼門に車椅子で移動できます。

富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社

参拝所は段差の下です。車椅子でお参りができます。

富士山本宮浅間大社

楼門の下までバリアフリー歩道を通り車椅子で移動できます。

富士山本宮浅間大社

ただし楼門から先は段差があるので、車椅子では通行できません。「祈祷殿」横の段差回避スロープに戻ってください。

富士山本宮浅間大社

○湧玉池周辺の状況

国の特別天然記念物「湧玉池」の周囲は、車椅子での通行が辛い、荒れた未舗装路面です。

富士山本宮浅間大社

馬場から近づき、無理のない範囲での散策になります。それでも見る価値のある風景です。

富士山本宮浅間大社

○神田川ふれあい公園のバリアフリー状況

「湧玉池」から流れる「神田川」沿いは、舗装された散策路が整備されています。車椅子で清流の流れに近づくことができます。

富士山本宮浅間大社

川の流れに沿った「神田川ふれあい公園」内は、断片的で中途半端ではありますが、車椅子で通行可能なフラットな通路が用意されています。

富士山本宮浅間大社

一部未舗装な区間も、固い路面なので車椅子で移動できます。ただし通路以外は荒れた路面です。

富士山本宮浅間大社

公園の公衆トイレは名称「みたらし庵」で、障害者用トイレが用意されています。

富士山本宮浅間大社

○石鳥居周辺の状況

第一駐車場と「神田川ふれあい公園」に挟まれたエリアに、石造りの「三之鳥居」、「流鏑馬像」、「鏡池」などがあります。このエリアは段差構造で、車椅子では近づけません。

富士山本宮浅間大社

○二之鳥居周辺のバリアフリー状況

「神田川ふれあい公園」から道路を渡ると、第二駐車場があります。駐車場周辺はフラットな舗装路面なので、車椅子で問題なく移動できます。

富士山本宮浅間大社

「二之鳥居」は段差の上に建っています。車椅子では鳥居を迂回して、駐車場内を進みます。

富士山本宮浅間大社

「二之鳥居」の南側には、食事処「ここずらよ」とお土産店があります。どちらも出入口に小さな段差があり、かつ小規模な店舗でスペースが狭いので、あまり車椅子向きではありません。「ここずらよ」のお客様専用無料駐車場が、第二駐車場の大型車用の中に数台分用意されています。

富士山本宮浅間大社

「ここずらよ」の横に公衆トイレがあり、障害者用トイレがあります。

富士山本宮浅間大社

○お宮横丁のバリアフリー状況

「ここずらよ」横の公衆トイレから道を渡った先に、人気観光スポット「お宮横丁」があります。出入口に小さな溝がありますが、車椅子は引っ掛かりませんでした。

富士山本宮浅間大社

横丁の中心部には、富士山の湧き水が流れ溜まる石桶があります。

富士山本宮浅間大社

横丁内の路面は段差がありません。各店舗の販売窓口は、車椅子から注文できる距離で、美味しいものを買うことが出来ます。

富士山本宮浅間大社

イートインスペースは、あまり広くはありませんが、車椅子で利用しやすい構造のフリーテーブルをキープ出来れば、横丁で買ったものを車椅子で食べることができます。

富士山本宮浅間大社

ただしスペースに余裕がないので、混雑していると車椅子では苦戦が予想されます。

富士山本宮浅間大社

「桜の馬場」の路面は、見た目よりも車椅子が進みました。「富士山本宮浅間大社」は、荒れた未舗装路面と段差を回避して、少し無理をすれば車椅子で参拝できます。

富士山本宮浅間大社

(本稿は2020年10月に執筆しました)