車椅子で行く東京都美術館~バリアフリー情報

東京都美術館

上野公園の東京都美術館は、車椅子で利用出来るバリアフリー施設です。常設展はなく、企画展や公募展が続々と開催される美術館です。東京都美術館を車椅子で利用する。その実際を詳しく紹介します。

 

○駐車場の利用制限は厳格

東京都美術館のHPには「車でのご来館は事前にご相談ください」というメッセージがあります。以前、利用可能基準を確認したところ、身体障害者本人が運転者であること、当日駐車スペースに余裕があること、でした。駐車場を利用したい方は、事前に電話で相談を入れてください。

東京都美術館

○障害者減免あり

近年開催された有料の企画展はすべて、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の観覧料が無料に減免されています。そして企画展示室で開催される展覧会は「障害のある方のための特別鑑賞会」が開催されています。「障害のある方のための特別鑑賞会」の詳細は、別稿「車椅子で行く東京都美術館~障害のある方のための特別鑑賞会」をご参照下さい。

東京都美術館

○正面ゲートからエレベーターへ

上野公園内から東京都美術館へ向かいます。門扉を抜けるとオブジェの先は下り階段。東京都美術館のエントランスはB1。地上とB1フロア前庭をつなぐ屋外型エレベーターがあるので、車椅子で乗り込んでください。地上階とB1階で開閉ドアが反対になる、車椅子で乗降しやすいエレベーターです。B1降り口は微妙な段差を小さなスロープで迂回する構造。そのままメインエントランスにバリアフリーに行くことができます。

 

○館内はバリアフリー

東京都美術館は1975年竣工の建物。元々は段差だらけのバリア設計です。2010年から2年間かけて大改修。2012年にバリアフリーに生まれ変わり、リニューアルオープンしました。すべての段差構造部にエレベーターが設置されています。障害者用トイレも、施設内に11箇所用意されています。館内は渾身のバリアフリー改修、実施済みです。

東京都美術館

○企画展示室は3フロア構造

もっとも来場者が多いのは企画「展覧会」が開催される「企画展示室」です。入口はB1フロアの左側。車椅子で問題なく移動できます。受付で障害者手帳を提示して入場。企画展示室は3フロア構造で、通常B1→1F→2Fの順で展示室をまわり、B1へ戻り退出します。上下階移動は、健常者はエスカレーターの利用。車椅子利用者はエレベーター利用です。フロア移動ポイントにはスタッフがいて、車椅子でのルートを案内していただけるので、初めてでも迷うことはありません。エレベーターは自分で操作します。

改装前の2010年までは、現存する巨大な業務用エレベーターで上下階移動をしました。現在のエレベーターは、増設されたものです。

 

○公募展示室もバリアフリー

他に公募展示室が4室、ギャラリーが3室あります。すべてバリアフリー。車椅子で利用可能です。ミュージアムショップも、他の美術館に比べればスペースが広く車椅子で立ち寄りやすいお店です。

 

○1F・2Fを利用する

展覧会、展示会の利用だけだと、立ち寄らないことが多いのが1Fと2F。1Fには、カフェ、レストラン、そして時々ミニ企画展が開催されるアートラウンジがあります。1Fなので正面入口の地上フロアからそのままアクセス可能。またはB1からのエレベーター利用。2Fはレストラン他。2Fへはエレベーターで。利用者が少ない1Fと2Fですが、バリアフリーです。

 

○混雑は車椅子の敵

大改修でエレベーターと障害者用トイレを大増設し、小さな段差箇所はすべてスロープ化、企画棟は一部建て直した東京都美術館です。改修以前は、B1入口に車椅子で行くためには「ほんとうにここなの」という通路を通り、不思議な扉を開け、裏方さん用エレベーターを使うという、かなりマニアックなルートになっていました。今にして思えばちょっと懐かしい気もします。

現在の車椅子の敵は、混雑。人気の展覧会は混みます。混むと、どうしても車椅子では辛い鑑賞に。空き日を、空き時間を狙って、車椅子で出向いてください。