銚子電鉄外川駅 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

銚子電鉄外川駅

千葉県銚子市を走る銚子電鉄の終着駅です。木造駅舎は大正時代の築。ノスタルジックな外観が魅力です。今や銚子の観光名所の一つになりました。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

銚子電鉄外川駅

○駅舎とホームの状況

駅舎の出入口はスロープ化されています。そして駅舎内はフラットな床面。またスロープの横から段差なくホームへ移動できます。ホームはもちろんフラットで、無料で立ち入ることが出来ます。駅舎とホームの車椅子での移動は可能です。

銚子電鉄外川駅

駅舎内部の案内表示などもノスタルジック。見学する価値があります。

車両の乗降ドアとホームの高さは、30cm超の段差があります。一般の人が乗降する際は、階段を一段抜きで上がるほど足を上げます。

銚子電鉄外川駅

○駐車場あり

駅の両脇に無料駐車スペースがあります。路面は未舗装で、砂利や小石がゴロゴロしています。全部で約10台程度は駐車可能なスペースです。乗車せずに、駅舎とホームの見学だけの観光も可能です。駅舎内ではぬれ煎餅や鉄道グッズ、記念切符などを販売しています。

銚子電鉄外川駅

銚子電鉄外川駅

駅舎の前に金融機関の店舗があり、店前に舗装された駐車場があります。店舗営業時間外でも、駐車スペースは閉鎖されません。

 

○デハ801は段差あり

駅舎ホームの先に、往年の車両「デハ801」が展示され、自由に見学ができます。

銚子電鉄外川駅

デハ801の車内への入口は段差構造です。車椅子では車内へは進めません。

銚子電鉄外川駅

内部はこのようになっています。

銚子電鉄外川駅

銚子電鉄外川駅

銚子電鉄外川駅

電車の運行は、日中は1時間に2本程度です。電車の発着時刻を確認して、乗車または駅舎見学されることをお薦めします。

(本稿は2020年9月に執筆しました)