身体障がいがある人のための 横山大観記念館 見学情報

身体障がいがある人のための 横山大観記念館 見学情報

東京都台東区池之端。上野不忍池のほとりに建つ「横山大観記念館」は、明治41年から大観が暮らし、多くの作品を制作した家です。その後空襲で焼失しましたが、昭和29年に再建され、90歳で没するまで大観はこの家に住みました。

「横山大観記念館」はバリアフリー施設ではありません。身体障がいがある人にとって見学が可能か否か。現地の状況を詳しく紹介しますので、判断の一助になれば幸いです。

 

 

○アクセスルートは平坦な舗装路

「横山大観記念館」には来館者用の駐車場はありません。近隣に有料の駐車場は複数あります。

不忍通り沿いの立地で、湯島駅、根津駅などからは、傾斜のない広い歩道を通りアクセスできます。

 

○門の先は小さな凹凸路面

通りから門をくぐります。その先のアプローチは、石を埋め込んだ舗装路面。表面が石で凹凸のあるアプローチです。

身体障がいがある人のための 横山大観記念館 見学情報

○障害者減免制度あり

玄関前に受付があります。入館料は障害者手帳の提示で、本人が団体料金に減免されます。

 

○靴を脱いで館内へ

玄関先で靴を脱ぎます。玄関まわりには3段の段差があり、手摺はありません。

その先に引き戸があり、手動で開けて館内へ入ります。

身体障がいがある人のための 横山大観記念館 見学情報

○一般トイレ有り

玄関から廊下へ進みます。すぐ左側に使用できるトイレがあります。ドアなどは当時のものですが、便器は現代のものに更新されています。一般的な洋式トイレです。

 

○1Fは3室

坪庭を囲む廊下を進みます。廊下には段差はありません。

1Fには客間が2室、寝室が1室、計3室があり、大観の作品が展示された状態で公開されています。3室を巡っても、移動距離は20m程度です。

 

○庭園は屋内から鑑賞

庭園は立ち入ることができません。1Fの廊下や部屋から眺めます。

 

○2Fへは狭い急階段

2Fの「画室」が公開されています。2Fへの階段は昭和20年代の家としては一般的なものですが、現代の基準からみれば狭く急な階段です。

この画室にはエアコンが付けられています。

晩年膝を痛めた大観は、2Fへ上がることが辛くなり、1Fの客間を画室としたそうです。

 

○書生部屋が売店

1Fの階段の横の書生部屋が小さな売店になっています。構造的には段差のない売り場です。

身体障がいがある人のための 横山大観記念館 見学情報

 

以上が「横山大観記念館」の全貌です。

ご自身の障がいの状況で見学が可能か、ご判断ください。