大洗から那珂湊へ 車椅子で訪ねる茨城バリアフリードライブコース

茨城県の大洗から那珂湊にかけて、車椅子で利用できるバリアフリー施設が数多くあります。その中から障がいのある家族と一緒に利用できる、ドライブでの立ち寄り先にお薦めできる施設、お店、観光スポットを紹介します。

「高速道路から大洗港へ」

「水戸大洗ic」から大洗港に向かいます。この区間の道路は整備が進んでいます。距離は約5km、10分程度でicから港に到着します。

大洗港には以下のバリアフリーな観光施設があります。

〇大洗わくわく科学館

エネルギーに関する展示解説がある、子供向きの有料施設です。入館料金は障害者減免制度があります。

 

〇大洗シーサイドステーション

元はアウトレットだった施設で、産直ショップ、グルメ店、物販店などがあります。

大洗シーサイドステーション

〇大洗マリンタワー

高さ60mの展望タワーです。入館料は障害者減免制度があります。

大洗マリンタワー

〇かねふくめんたいパーク大洗

明太子の製造工場で、工場見学、直売所、明太子おにぎりなどがあるフードコートがあります。

かねふくめんたいパーク大洗

なお魚屋とJA産直ショップがある「海・山直売センターいきいき」も、バリアフリーのレベルは下がりますが、車椅子で買い物が出来ます。

海・山直売センターいきいき

「高台の神社と博物館へ」

港から離れて高台に向かいます。大洗磯前神社と幕末と明治の博物館に立ち寄ります。

〇大洗磯前神社

一の鳥居は海中に建つ大洗を象徴する神社です。神社なので多少のデコボコや段差はありますが、車利用で高台の駐車場を利用すれば、車椅子で参拝可能です。海岸からの参道は階段ルートです。

大洗磯前神社

〇大洗町幕末と明治の博物館

幕末から明治維新の時代に活躍した、田中光顕伯爵が創立した博物館です。「常陽明治記念館」として昭和4年に開館。平成9年に新館を増設し、旧館をリニューアルして「大洗町幕末と明治の博物館」になりました。車椅子で観覧できます。観覧料は障害者減免制度があります。

大洗町幕末と明治の博物館

「水族館から海門橋を渡る」

海沿いに戻り、バリアフリー施設「アクアワールド茨城県大洗水族館」を見学。その先は「海門橋」を渡り、那珂湊に入ります。

水族館はバリアフリー施設です。駐車場は施設に近い大型バス用の駐車場に進み、係員に車椅子利用を申告し、誘導に従ってください。

観覧料は障害者減免制度があり、半額に減免されます。

アクアワールド茨城県大洗水族館

「那珂湊おさかな市場へ」

人気の観光スポットです。公的な市場ではなく、経営が異なるなる多数の魚屋が集積したエリアです。障害者用駐車区画がある大きな有料駐車場が整備されています。週末は有料の臨時駐車場も利用できます。

那珂湊おさかな市場へ

ひたちなか市の神社「酒列磯前(さかつらいいそさき)神社」は100m以上続く樹のトンネル参道「樹叢(じゅそう)」がある趣のある古社ですが、段差や路面のデコボコが激しく車椅子での参拝には不向きです。

酒列磯前(さかつらいいそさき)神社

「干し芋の名店から高速道路へ」

那珂湊おさかな市場から高速道路へのアクセスは「ひたちなかic」の利用が便利です。その通り道にあるバリアフリーな干し芋の名店を紹介します。

〇ほしいも専門店大丸屋

巨大な石の干し芋モニュメントと恐竜の彫刻があるお店です。エントランス周辺はスロープ対応、店内はスペースに余裕があるバリアフリー仕様で、綺麗な障害者用トイレがあります。

大丸屋から「ひたちなかic」までは4km弱で10分かからずに高速道路にアクセスできます。

ほしいも専門店大丸屋

大洗から那珂湊にかけて、車椅子で観光や買い物ができる施設があり、バリアフリードライブが楽しめます。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

産直・物産館もある 鹿沼市花木センター バリアフリー情報

栃木県鹿沼市の「鹿沼市花木センター」は、高低差がある3つのブロックに、複数のショップがある施設です。車椅子での利用にはコツが必要です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年2月の取材に基づいています。

○複雑なコンプレックス施設

実際に現地に行かないと、どういう施設なのか全貌が掴みにくい施設です。

花木の販売ショップ、産直ショップ、お土産ショップ、園芸ショップ、食事処、催事場、いちご園、温室、石材販売、梅園。これらが高低差のある敷地に、複雑に入り混じり点在します。

車椅子での利用にはコツが必要です。

鹿沼市花木センター

○トイレは低層部

エリアとしては大雑把に表現して、高低差がある3つのブロックに分類できます。道路と同レベルの高さのエリアを、仮に低層部と定義します。ここには「バス添乗員休憩室」「セリ場」「燈籠庭石販売所」と公衆トイレがあります。障害者用トイレはここの公衆トイレに併設されています。

鹿沼市花木センター

「セリ場」は展示催事場。興味のあるイベントが開催されていればお立ち寄りください。

この低層部の中央がもっとも広い駐車場スペース。健常者はそこから階段で中層部へ向かいます。

鹿沼市花木センター

○各種ショップは中層部

一段高いブロックを中層部とします。このレベルにも狭いながら駐車場があるので、車椅子利用者は車で坂を上ってください。もっとも施設に近い場所が障害者用駐車区画になっています。

鹿沼市花木センター

中層部には「農産物直売所」「鹿沼物産館&売店」「園芸資材販売所」「温室」「鹿沼そば店」、屋外施設で「庭木販売所」などがあります。

産直は小屋のようなお店。他の屋内ショップや温室のバリアフリーレベルは高くなく、手動ドアや小さな段差があります。それでも一般的な車椅子利用者なら、何とか利用できます。

鹿沼市花木センター

この中層部が「鹿沼市花木センター」の中心ブロックです。車椅子では少し苦労しますが、利用できます。

 

○高層部にはイチゴハウス

施設内の山頂部にあるのは、観光イチゴ園「ベリーちゃんハウス」と、催事場の「緑の産業館」です。ここへは健常者でも低層部、中層部から車で移動する距離があります。上層部には駐車可能なフリースペースがあります。

「ベリーちゃんハウス」はバリアフリー対応ではない、昔ながらのイチゴハウスです。催事場はイベント開催時のみの開館になります。

○名産は「さつき」

花木のなかでも鹿沼の名産は「さつき」。周辺にも「さつき」を販売する園芸店が点在します。

「さつき」の盆栽は必見です。イベントも多頻度で開催されるので、スケジュールをチェックしてください。

「鹿沼市花木センター」は、全体的にはバリアフリーレベルは高くはありませんが、中層部のショップを中心に車椅子での買い物は可能です。

那珂湊おさかな市場 車椅子で行くひたちなか バリアフリー情報

茨城県ひたちなか市の「那珂湊おさかな市場」。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2020年1月の取材に基づいています。

那珂湊おさかな市場 車椅子で行くひたちなか 

○駐車場のバリアフリー状況

駐車場は有料で障害者減免制度はありません。

メイン駐車場は港沿いの一段高い区画に広がります。

駐車場のバリアフリー状況

障害者用駐車区画は駐車場入口のすぐ左側です。

駐車場のバリアフリー状況

駐車場からは緩い傾斜路の歩行者用通路を通り市場へ向かいます。

駐車場のバリアフリー状況

土日祝日などに開放される臨時駐車場は、市場と同じ高さでフラットな舗装路面。障害者駐車区画は、市場側の場所に2台分用意されます。

駐車場のバリアフリー状況

○市場内通路のバリアフリー状況

以前は車椅子に衝撃がくるデコボコのある舗装路でしたが、市場内通路の約80%は一般的なフラット舗装路に改修されています。

市場内通路のバリアフリー状況

市場内通路のバリアフリー状況

今回取材時では、臨時駐車場方面から市場へ向かう通路の一部区間に、デコボコ舗装路が残っている状況でした。

市場内通路のバリアフリー状況

○魚屋のバリアフリー状況

ほとんどの魚屋は特別なバリアフリー対策はありませんが、店内は段差の無いフラット構造で、車椅子通行が可能な通路幅があります。お店にもよりますが、多くの魚屋は車椅子で買い物が出来ます。

魚屋のバリアフリー状況

ただし、床面が濡れている、ところどころにデコボコがある、物が置かれて通路が狭いなど、快適なバリアフリーショップではありません。

魚屋のバリアフリー状況

○食事処のバリアフリー状況

市場内には寿司屋など7店舗の食事処があります。また市場周辺にも数店舗の食事処があります。

魚屋のバリアフリー状況1F店舗でフラット構造、可動式のテーブル席が中心のお店があります。また固定席やカウンター席が中心のお店があります。2Fで階段しかないお店もあります。

車椅子での利用可否は店舗それぞれです。利用者の障がいの状況に応じて、事前にお店の状況を確認されることをお薦めします。

食事処のバリアフリー状況

○障害者トイレの状況

駐車場の端にある公衆トイレに障害者用が一つ用意されます。このトイレには駐車場内から行くと最後に段差があります。車椅子では駐車場の外側、市場から続く通路を進んで下さい。

障害者トイレの状況

公衆トイレ以外は、各店舗のトイレの利用になります。現時点で確認出来る限りでは、来客用のトイレがある魚屋は見当たりません。食事処は店内にトイレがあるお店が多いようですが、障害者用トイレがある店は確認出来ていません。

那珂湊おさかな市場は、路面のフラット化が進みました

那珂湊おさかな市場は、路面のフラット化が進みました。ほとんどの魚屋は車椅子で利用できます。食事処はお店によります。そして障害者用トイレは公衆トイレにあります。