バリアフリーなY字橋で水上散歩 砂沼広域公園 車椅子利用ガイド

砂沼広域公園 車椅子利用ガイド

茨城県下妻市の砂沼とその周辺は、総面積80haの「砂沼広域公園」として整備されています。車椅子で散策が楽しめるのは、砂沼の東岸からのアクセスです。現地のバリアフリー状況を紹介します。

砂沼広域公園 車椅子利用ガイド

○広域公園の概況

砂沼の周囲は約6kmの遊歩道が整備されています。サイクリングやジョギングには程よい距離ですが、車椅子での一周散策には長すぎます。

沼の周囲には園地が3箇所あります。西側が「プールゾーン」、北側は野球場がある「スポーツゾーン」、東側が「観桜苑」と呼ばれる「水生植物ゾーン」で、菖蒲園や芝生広場があります。

車椅子で散策を楽しむなら「水生植物ゾーン」から、沼の中央に架かる「砂沼大橋」までがお薦めです。

砂沼広域公園 車椅子利用ガイド

○駐車場の状況

アクセスは車が便利です。「観桜苑」側に無料駐車場があります。舗装路面で障害者用駐車区画が2台分設定されています。

砂沼広域公園 車椅子利用ガイド

駐車場から観桜苑へは、フラットな舗装路で移動できます。

 

○観桜苑のバリアフリー状況

観桜苑は、桜と菖蒲の名園です。苑の散策路は、その多くにバリアフリー舗装が施されています。赤い舗装路面は、とても車椅子で通行しやすい散策路です。ただし一部、バリアフリー舗装がない箇所もあります。

砂沼広域公園 車椅子利用ガイド

砂沼広域公園 車椅子利用ガイド

砂沼広域公園 車椅子利用ガイド

菖蒲園内は木製の歩道があり、その気になれば車椅子で散策可能です。

砂沼広域公園 車椅子利用ガイド

砂沼広域公園 車椅子利用ガイド

園内のトイレは、公衆トイレの一般的なレベルですが、障害者用トイレがあります。

砂沼広域公園 車椅子利用ガイド

○砂沼大橋のバリアフリー状況

大橋は全長395mのY字橋です。観桜苑側からの橋の入口には、車両止めの策があり、車椅子用の迂回路が設置されています。

砂沼広域公園 車椅子利用ガイド

橋の路面は少しゴツゴツしています。ゆっくり進めば、車椅子への衝撃は大きくはありません。

砂沼広域公園 車椅子利用ガイド

橋の中央部には、平和を祈るブロンズ像が置かれています。

砂沼広域公園 車椅子利用ガイド

橋上から車椅子で砂沼の風景を楽しめます。

砂沼広域公園 車椅子利用ガイド

Y字橋と観桜苑の散策を車椅子で楽しめます。砂沼広域公園は、「水生植物ゾーン」からの利用が車椅子向きです。

(本稿は2020年8月に執筆しました)