新宿野村ビル 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

新宿野村ビル

西新宿の新宿野村ビルは、バリアフリーの概念がまだなかった1978年に竣工した高層ビルです。オフィスが中心ですが、B1とB2が飲食街で、49Fと50Fが高層レストラン街、そして50Fには展望ロビーがあります。現在ではバリアフリー改修が行われて、車椅子で商業フロアを利用できるビルになっています。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

新宿駅方面から地下道で直結するアクセスルートはありません。丸の内線西新宿駅につながる地下道「タイムズアベニュー」へ連絡する出口が地階にあります。

新宿野村ビル

ただしその先は段差構造のため、新宿野村ビル地下へは車椅子ではアクセスできません。

新宿野村ビル

地上からのアクセスは可能です。メインエントランスへは、段差解消スロープを通ります。

新宿野村ビル

その先はフラットな路面になり、ビルのエントランスがあります。

新宿野村ビル

地下商業フロアへ「サンクンガーデン」経由で下りるルートは、エスカレーターと階段しかありません。

新宿野村ビル

「サンクンガーデン」は新宿野村ビルのB1です。健常者が地下フロアに行くなら、このルートが便利です。

新宿野村ビル

車利用の場合は地下有料駐車場があります。

新宿野村ビル

新宿野村ビルは低層階、中層階、高層階に、多くのレストラン、ショップ、サービス店、クリニックなどが営業しています。ビルの規定では利用金額よる駐車料金のサービスがありますが、駐車サービスを提供している店舗は限られているので、確認して利用してください。

新宿野村ビル

ビル1Fから入館すると、2F以上のフロアに上がるエレベーターホールがあります。5Fのクリニックや49Fと50Fのスカイレストランを利用する場合は、エレベーターで迷うことはありません。

新宿野村ビル

50Fの展望ロビーはリニューアルしました。

新宿野村ビル

フラットな空間と大きな窓があります。

新宿野村ビル

このような景観が無料で楽しめます。

新宿野村ビル

バリアフリートイレは高層階にはありません。B2に1つ用意されています。B2フロアに案内サインがあるので、B2内で迷うことはありません。

新宿野村ビル

新宿野村ビルで、車椅子で迷うとすれば、1Fから地階へ下りるエレベーターの場所です。上階に行くエレベーターホールとは違う場所にあります。

新宿野村ビル

1Fメインロビーから見えない場所にある、駐車場エレベーター及び業務用エレベーターを利用します。エレベーターは2系統各2基あるので、通常は長時間待つことはありません。かごのサイズは大きいエレベーターです。

新宿野村ビル

新宿野村ビルは、車椅子では地上からアクセスします。地階へは駐車場または業務用エレベーターで移動します。そしてバリアフリートイレは、1つだけB2に用意されています。

(本稿は2021年10月に執筆しました)