六本木 泉屋博古館東京 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

泉屋博古館東京

東京都港区六本木の泉屋博古館東京は、住友コレクションの魅力を発信する美術館です。2022年3月にリニューアルオープンしました。常設展はなく年間4~5本の企画展が開催されます。

泉屋博古館東京

住友家麻布別邸跡地に建つ美術館です。アークヒルズに近く、周辺はアップダウンがあるエリアで、車椅子ではアクセスルートが問題です。

泉屋博古館東京

六本木一丁目駅から「泉ガーデン」のエレベーターを利用してアクセスするルートが一般的です。泉屋博古館東京のHPには、詳しいルート解説が掲載されています。徒歩3分の案内です。ただし泉ガーデンから泉屋博古館東京までの間は傾斜路を通ります。泉ガーデンの詳しいバリアフリー情報は、別稿「六本木 泉ガーデン 車椅子の歩き方 バリアフリールート情報」を参照してください。

神谷町駅からのルートは、六本木一丁目駅からのルートに比べればアップダウンは少ない地形ですが、徒歩10分の案内で距離があります。

車利用の場合は、一般駐車場を利用するなら「アークヒルズ仙石森タワー」駐車場の利用が便利です。泉屋博古館東京に隣接した施設で、エレベーターを利用して泉屋博古館東京とほぼ同じ高さに移動できます。アークヒルズ仙石森タワーの詳しいバリアフリー情報は、別稿「車椅子で行く赤坂~アークヒルズ バリアフリー情報」を参照してください。

泉屋博古館東京には来館者用の一般駐車場はありませんが、身障者用駐車場が1台分用意されています。事前予約制で、泉屋博古館東京HPの「お問い合わせ」から利用申請を行います。場所は正面エントランスの反対側です。エントランスを起点にすると、美術館を左廻りで坂を下り、美術館の地階の高さに進みます。

泉屋博古館東京

この高さに「公益法人泉屋博古館」の事務所入口があります。

泉屋博古館東京

入口の横に予約制の身障者専用駐車スペースがあります。

泉屋博古館東京

前の道路からバックで入庫する駐車スペースです。ここから泉屋博古館東京内のエレベーターを利用してバリアフリーに入館できます。スタッフの案内が必要なので、予約した時間に正確に来館するとスムースに利用できる駐車場です。

泉屋博古館東京

リニューアル後の美術館内のバリアフリー状況を紹介します。今回取材時は「日本画トライアル」展が開催されていました。

泉屋博古館東京

エントランスの自動ドアを通り館内へ入ります。全く段差のないバリアフリー構造です。

泉屋博古館東京

受付は正面にあります。泉屋博古館東京の観覧料は障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。受付で障害者手帳を提示して無料観覧券を発券していただきます。エントランスの右側は、リニューアルで新設されたミュージアムショップです。段差の無い構造で混雑していなければ車椅子で利用できます。

泉屋博古館東京

入口の左側は「HARIO CAFÉ 泉屋博古館東京店」になりました。コーヒー器具メーカーHARIOの直営店です。このお店も混雑していなければ車椅子で利用できます。

泉屋博古館東京

バリアフリートイレは1つ用意されています。リニューアル直後なので、とても綺麗なトイレです。

泉屋博古館東京

スペースに余裕のある個室で、ウォシュレット付き便器、オストメイト装置が備えられています。

泉屋博古館東京

展示室の状況です。受付から「ホール」に移動します。展示室は4室あり、このホールを起点にして無駄のない動線で4室へ移動できます。

泉屋博古館東京

展示室内はフラットでスペースに余裕があります。車椅子から鑑賞しやすいバリアフリー美術館です。

泉屋博古館東京

住友コレクションの日本画は、大阪、京都、東京の三都でそれぞれ活躍した画家の作品から構成されているそうです。

泉屋博古館東京

そのコレクションを通じて地域に根差した日本画を、明治・大正・昭和と歴史を横断しながら観覧できるとしています。

泉屋博古館東京

車でアクセスすれば坂道を通らずに利用できます。泉屋博古館東京は車椅子で観覧できるバリアフリー美術館です。

(本稿は2022年5月に執筆しました)