東京両国 車椅子散歩コース バリアフリー施設情報

東京両国 車椅子散歩コース バリアフリー施設情報

国技館がある東京両国は、車椅子で利用できるバリアフリー施設や公園が並ぶ町です。両国駅を起点に、隅田川沿いの車椅子散策コースと主な施設を紹介します。

 

「江戸NOREN」

JR両国駅に隣接する商業施設です。旧駅舎を改良して観光案内所やグルメ店などが入店しています。

1Fには綺麗な障害者用トイレがあります。そして館内には本物の土俵があり、記念撮影ができます。

両国散策の起点に、そして食事や休憩に利用できます。

東京両国 車椅子散歩コース 

「江戸東京博物館」

東京観光の名所、全館バリアフリー仕様のミュージアムです。観覧料金、駐車料金は障害者減免制度があります。

常設展示室、企画展示室とも車椅子で問題なく利用できます。

また3Fの屋外展示も車椅子で観覧できます。

東京両国 車椅子散歩コース 

「すみだ北斎美術館」

江戸博から「北斎通り」を東に進むとあります。2016年に開館した施設なので、バリアフリー仕様です。

常設展の観覧料は障害者減免制度があります。企画展はその企画によります。

障害者用トイレは1Fに用意されています。

東京両国 車椅子散歩コース 

「横綱町公園」

関東大震災の被災者の慰霊と東京の復興を祈願して造営された公園です。江戸博の北側にあります。

「東京都慰霊堂」、「東京都復興記念館」、そして「日本庭園」があります。いずれの施設も、元々は車椅子では利用できない段差構造ですが、スロープやエレベーターの設置など、バリアフリー改修されています。

大正時代からの、東京の歴史を学べる公園です。

東京両国 車椅子散歩コース 

「旧安田庭園」

横綱町公園から北側、隅田川上流方面にあります。元禄年間に造営された大名庭園なので、車椅子で利用できるエリアは限られます。

舗装された散策路は心字池が見えるとこまでです。その先の砂利路面の散策路には、円形の金具が埋め込まれているので、見た目よりは車椅子での移動は可能です。

その先は段差や飛び石があり、車椅子では通行できません。

東京両国 車椅子散歩コース 

「刀剣博物館」

旧安田庭園に隣接した隅田川沿いに建つミュージアムです。2018年に開館したバリアフリー施設です。

観覧料は障害者減免制度があります。全館、車椅子で利用できます。

3Fの屋上庭園からは、旧安田庭園の全景を眺めることが出来ます。

JR両国駅からは徒歩7分の案内です。

東京両国 車椅子散歩コース 

両国一帯はほとんどアップダウンがない、フラットな地形です。車椅子で散策できる範囲に、以上のバリアフリー施設があります。

(本稿は2020年3月に執筆しました)