車椅子で行く新横浜ラーメン博物館バリアフリー情報

新横浜ラーメン博物館バリアフリー情報

「ラー博」は車椅子で利用するとどうなのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○障害者減免あり

ラー博は入場料をとる施設ですが、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入場料が無料に減免されます。1F入口で手帳を提示してください。駐車料金の障害者減免はなく、来館者は30分無料になります。

新横浜ラーメン博物館バリアフリー情報

○古いながらもバリアフリー

ラー博は、まだバリアフリーの概念が薄い1994年の開業。今どきの完全バリアフリー設計ではありません。

それでも上下階移動はエレベーターがあり、段差解消スロープがあり、フロア内に決定的な段差はなく、基本的には車椅子で利用出来る施設です。

ただし注意すべきことが幾つかあります。特に混雑時間帯の利用が問題です。

新横浜ラーメン博物館バリアフリー情報

○駐車場は狭くエレベーターは小さい

施設の2Fから7F及び屋上が自走式の駐車場です。障害者用駐車区画がありますが、スペースは一般駐車区画と同じで5ナンバーサイズ枠です。

駐車場エレベーターは1基で、とてもサイズが小さい。一般的な車椅子が縦に入りません。

施設上階にある屋内駐車場ですが、1Fでいったん外に出ます。ここの通路と段差解消スロープは、狭くて傾斜がきつい。そして外に出るので雨天時は濡れます。

ガラガラの状態であれば利用できますが、混雑時は車椅子での乗降とエレベーターの利用に苦労する駐車場です。

新横浜ラーメン博物館バリアフリー情報

○地下フロア内の通路は狭い

ミュージアムショップなどがある1Fは、問題はなく車椅子で利用できます。

1FからB2をつなぐ施設内エレベーターは、車椅子が縦に入る普通サイズです。

ラーメン店が入るB1とB2は、車椅子での移動は可能ですが、通路が狭く、路面はゴツゴツした箇所があります。混雑時は車椅子でのフロア内移動に苦労します。

新横浜ラーメン博物館バリアフリー情報

○店舗の席はカウンター

ラーメン店なので席がカウンター、あるいはテーブル席でも狭いお店が多い。お店は入れ替わるので一概には言えませんが、この先も広々したバリアフリー店舗が出来るとは思えません。車椅子のまま利用出来る店舗は限定的です。車椅子が苦手な狭いラーメン店をイメージして来場してください。空いている時は何とかなりますが、混雑時の車椅子利用は苦戦します。

新横浜ラーメン博物館バリアフリー情報

○混雑時の食事は困難

現時点で9店舗が営業しています。「新横浜ラーメン博物館」は人気施設。特に混むのは週末のランチタイムです。ピーク時間帯は各店舗に行列ができ、館内は大混雑。スペース的に余裕がないので、車椅子では居場所に困るほどです。週末でも夕方になると、混雑は収まります。車椅子ではピークアウト時間帯の利用を、強くお薦めします。新横浜ラーメン博物館バリアフリー情報

○見学だけでも楽しい施設

1Fにはショップの他にラーメンに関する展示があります。B1とB2は昭和30年代の町並みを再現したセット。車椅子では段差があり内部に入れませんが、銭湯や駄菓子屋等があります。

ラーメンを食べずに、見学をするだけでも楽しい施設です。新横浜ラーメン博物館バリアフリー情報

 

新横浜ラーメン博物館は車椅子での利用は可能です。ただしランチタイム、特に週末は混雑して、車椅子での利用は苦戦します。