県立近代美術館葉山「ポーランド・ポスター展」バリアフリー情報

県立近代美術館葉山「ポーランド・ポスター展」バリアフリー情報

神奈川県立近代美術館葉山の「ポーランド・ポスター展」は、車椅子で快適に鑑賞できる企画展です。会期は2019年4月6日から6月23日まで。現地のバリアフリー状況を紹介します。

 

県立近代美術館葉山

○企画展の概要

1950年代から1970年代にかけて、ポーランドで製作されたポスター176点が展覧される企画展です。

当時のポーランドは共産党一党独裁体制でしたが、逆に商業主義にとらわれないグラフィックデザインが創造され、世界に大きな影響を与えました。

神奈川県立近代美術館では、ポーランド政府から寄贈された290点の作品を所蔵しています。

企画展の概要

○駐車場から館内へ

アクセスは車が便利です。来館者用の専用有料駐車場があり、障害者用駐車区画が2台分用意されます。

駐車場からスロープを上りエントランスへ。館内全般フラット構造で車椅子での移動に大きな問題はありません。

駐車場から館内へ

○入館手続き

「ポーランド・ポスター展」は障害者手帳の提示で本人と介助者1名の観覧料が無料に減免されます。また企画展の観覧者は駐車場料金が1時間減免されます。

館内に入ると受付があります。駐車料金の減免申請は受付で行ないます。

企画展の観覧料減免措置は、展示室入口で手帳を提示して行います。

駐車場から館内へ

○車椅子からみやすい展示

展示室に入ります。最初はコレクション展「彫刻のある風景」。広い展示室に28点の作品が展示されます。車椅子での鑑賞に問題はありません。

次の部屋からが「ポーランド・ポスター展」です。とても広い、ゆとりのある空間にポスター作品が壁面展示されます。デザイナーの紹介解説も壁面に掲示。作品、解説とも、車椅子からとてもみやすい展示です。

駐車場から館内へ

○トイレは男女別内

県立近代美術館葉山はバリアフリー美術館ですが、異性介護の方はトイレには注意して下さい。本館内の障害者用トイレは、男女別トイレ内にあります。

駐車場から館内へ

県立近代美術館葉山「ポーランド・ポスター展」は、車椅子で鑑賞しやすい企画展です。