日比谷OKUROJI 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

日比谷OKUROJI 車椅子利用ガイド

東京都千代田区、有楽町駅と新橋駅の間の高架下300mに、2020年9月に誕生した商業施設です。

日比谷OKUROJI 車椅子利用ガイド

明治の煉瓦アーチを残した構造が特徴。飲食、雑貨、ファッションなど36店舗が入りました。施設内の通路はフラットで、車椅子で移動できます。車椅子からみた施設利用上のポイントを紹介します。

日比谷OKUROJI 車椅子利用ガイド

日比谷OKUROJI 車椅子利用ガイド

○段差回避された出入口が3ヵ所

日比谷OKUROJIは、西側の日比谷方面に複数の出入口がありますが、いずれも段差があります。

日比谷OKUROJI 車椅子利用ガイド

段差がないのは中央付近の1ヵ所ですが、自転車などの通行を防止するための柵があり、車椅子での通行はギリギリです。

日比谷OKUROJI 車椅子利用ガイド

日比谷OKUROJI 車椅子利用ガイド

日比谷OKUROJI 車椅子利用ガイド

施設の両端になる有楽町寄りと新橋寄りの出入口は、段差回避スロープがあります。車椅子で利用できる出入口は3ヵ所だけです。

日比谷OKUROJI 車椅子利用ガイド

○トイレは障害者兼用

施設のトイレは、障害者用を兼ねる誰でもトイレが1つ、一定間隔で5ヵ所配置されています。通常の男女別トイレは、他に2ヵ所あります。

日比谷OKUROJI 車椅子利用ガイド

日比谷OKUROJI 車椅子利用ガイド

飲食店が数多くあるので、繁忙時間帯の障害者兼用個室トイレの使用状況がどのようになるのか、少し心配です。

日比谷OKUROJI 車椅子利用ガイド

○段差のある店がある

今回の取材でチェックできた限り、出入口や店内に段差のある店舗が複数確認できました。利用したいお店がある場合は、事前に店内のバリアフリー状況を個別に確認することをお薦めします。

日比谷OKUROJI 車椅子利用ガイド

新しい施設なのでバリアフリーではありますが、以上の3点が気になりました。車椅子で利用の際は、出入口、ピーク時のトイレ、店舗内の段差に注意して下さい。

(本稿は2020年9月に執筆しました)