銚子電鉄 ぬれ煎餅駅(お土産売店)車椅子買い物ガイド バリアフリー情報

銚子電鉄 ぬれ煎餅駅(お土産売店)

千葉県銚子市を走る銚子電鉄は、お土産のぬれ煎餅が有名です。「ぬれ煎餅駅」は、ぬれ煎餅をはじめ、各種の煎餅やおかき、落花生から鉄道グッズまでを販売する直営ショップです。銚子市内の国道126号線沿いにあります。電車の駅ではありません。アクセスは車が便利です。

広い駐車場があります。店舗の正面入口は5段の階段があり、スロープはありません。

銚子電鉄 ぬれ煎餅駅(お土産売店)

車椅子での出入りは建物の裏口からです。斜面を上がり駐車場の奥まで進みます。

銚子電鉄 ぬれ煎餅駅(お土産売店)

建物の裏側に片開きの手動ドアがあります。

銚子電鉄 ぬれ煎餅駅(お土産売店)

今回取材時は健常者が正面からお店に入り、店舗スタッフに車椅子利用を相談すると、裏口を開けてストッパーを置いていただけました。仮にドアが閉まっていても、営業時間中は、通常は鍵をかけていないそうです。自分で開けて出入りをすることができます。

古い建物ですが、裏口からの動線には目立つ段差はありません。そのまま車椅子で店舗内に入ることが出来ます。

銚子電鉄 ぬれ煎餅駅(お土産売店)

店舗はワンフロアで通路幅は余裕があります。大きな問題なく車椅子で買い物ができます。

店内は品数豊富で、ここだけの商品、お買い得品などがあります。また店内の壁には、銚子電鉄の歴代車両の写真などが掲示されています。

トイレは、障害者用はありません。一般的な洋式トイレはあります。

なお「手焼き体験」は、現在コロナ対策でお休みしています。

銚子電鉄 ぬれ煎餅駅(お土産売店)

品種や品数、商品ボリュームなど、お土産売店としては大規模なお店です。「銚子電鉄 ぬれ煎餅駅」は、寄って楽しい売店です。

(本稿は2020年9月に執筆しました)