浜松のスイーツ・コミュニティ「nicoe」バリアフリー情報

浜松のスイーツ・コミュニティ「nicoe」バリアフリー情報

静岡県浜松市浜北区の「nicoe(ニコエ)」は、うなぎパイの春華堂が開設した「お菓子の新しい文化とスタイルを日本中に発信していく提案型のスイーツ・コミュニティ」です。そして車椅子で利用出来るバリアフリー施設です。現地の状況を紹介します。

なお本稿は2015年8月の取材に基づいています。

 

○浜北スイーツ・コミュニティの立地背景

「nicoe」がある「浜北」は、東名の浜松西Ic、新東名の浜松浜北Icのいずれからも約10km。新東名と東名の中間にあたる場所です。

周辺は「きらりタウン」という名称の高台の開発地。パン屋や美容院、カフェなど、小さいながらもお洒落なショップが点在する面白いエリアです。

「nicoe」は、そのような浜北に、総工費31億円をかけて2014年7月に開業したお菓子のテーマパークです。

「nicoe」は、入場は無料。屋内店舗から屋外広場まで、素晴らしいバリアフリー設計です。綺麗な障害者用トイレが用意されています。

車椅子での利用に大きな問題はありません。

浜北スイーツ・コミュニティの立地背景

○アクセス方法

徒歩圏に駅はありません。車でのアクセスが便利です。

110台を収容する無料駐車場があります。障害者用駐車区画は計4台分あり、そこから施設内へ全く段差の無い通路を通り移動できます。

 

○スイーツ・コミュニティからの提案

新しいお菓子のブランドの提案は2つ。

パイがテーマの「coneri(こねり)」と和菓子の「五穀屋」です。

グルメの提案が、調理工程が見えるライブキッチンの「THE COURTYARD KITCHEN(ザ コートヤード キッチン)」。

子供向けの遊び場の提案が無料で利用できる「プレイグランド082(おやつ)」。

「春華堂」ブランドからの提案は、高級菓子「うなぎパイVSOP」。夜のお菓子を超えた「真夜中のお菓子」です。

うなぎパイだけでも、組み合わせの提案が多数。うなぎパイ以外のお菓子の提案も多数。

作りたての「わらび餅」、焼き立ての「どら焼き」と、春華堂からの新しい提案があります。

館内には座ってお菓子をいただけるイートインコーナーが複数箇所あり、ほとんどのコーナーは車椅子で利用できます。

このような提案があるスイーツ・コミュニティです。

 

○スイーツ・コミュニティの楽しい演出

館内はディスプレイなどにも提案があります。

和菓子の練り切りの見本展示は、写真を撮る人が続出する人気ディスプレイ。

和菓子の練り切りの見本展示

イートインスペースの大型モニターでは。ショップのスタッフがアバターに変身。画面にタッチして遊べます。

障害者用トイレの前の床には、子供向けのプロジェクションマッピングが天井部から投影されています。

 

「nicoe」とは、にこにこ(笑顔)の「nico」と縁(えん)の「e」をつなげたネーミングです。「nicoe」は車椅子で利用出来るバリアフリー施設です。