車椅子で行く能登~七尾花嫁のれん館 バリアフリー情報

能登~七尾花嫁のれん館

能登半島でバリアフリーな観光スポットはどこか。七尾市の「花嫁のれん館」は、車椅子での利用をお薦めできるバリアフリー施設です。現地の状況を詳しく紹介します。

 

○「花嫁のれん」とは何か

花嫁が嫁ぎ先に美しい「のれん」を実家から持参する。幕末から明治にかけて、能登、加賀、越中地方で始まった婚礼風習があります。「花嫁のれん」とは、花嫁の実家が、嫁ぐ娘のために心を込めて用意する「のれん」です。

新婦が嫁ぎ先に着くと、持参した花嫁のれんを仏間の入口かける。のれんをくぐることで、他家の人になる。詳述は避けますが、そういう婚礼習慣です。

 

○「花嫁のれん館」とは

婚礼に使われてからは、箪笥の肥やしになっていた花嫁のれん。七尾のメインストリート「一本杉商店街」の女将たちが、町興しを企画。2004年からゴールデンウィーク期間、商店街の各店で花嫁のれんを展示するイベントが始まりました。

それが話題になり、2016年に「花嫁のれん館」が誕生。地元の女将さんがスタッフとして常駐。フルアテンドで解説をしていただけます。

展示されている花嫁のれんは、明治から昭和のものが中心。平成の最新作もあります。布地の素材、大きさ、デザイン、カラー。それぞれの時代を映します。花嫁のれんは時代を映すアートです。

能登~七尾花嫁のれん館

○「花嫁のれん館」のバリアフリー概況

「花嫁のれん館」は、車椅子で快適に見学できるバリアフリー施設です。平屋構造で障害者用トイレあり。障害者手帳の提示で、本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

無料駐車場があり、障害者用駐車区画の設定もあります。駐車場から花嫁のれん館までは約50mあり屋根無し。館の入口に車寄せはないので、雨の日、雪の日は、この50mは濡れます。この点以外は新しい施設なので、バリアフリー面での大きな問題はありません。

 

○体験企画は車椅子では無理

館内には着付け室があり、仏壇のある和室が用意されています。「花嫁のれんくぐり体験」は要予約で、有料3千円。所要時間30分。花嫁衣装は白無垢か打掛、お好きなほうを選べます。花嫁衣装で土間から畳にあがり、花嫁のれんをくぐり、立派な七尾仏壇がある仏間に入る体験。したがって車椅子では無理な体験企画です。他の人が体験している様子は、車椅子でも見学できます。

能登~七尾花嫁のれん館

○金沢から砂浜をドライブ

金沢市内から車で七尾の「花嫁のれん館」に行く場合、「千里浜なぎさドライブウェイ」を通るルートが選択できます。日本で唯一の車で走れる砂浜。日本海を臨む能登半島の海岸に伸びる全長8kmの砂浜の道路で、ドライブ好き憧れのシーサイドロードです。高波などの恐れがある日は通行止めになるのでご注意ください。

能登~七尾花嫁のれん館

七尾の「花嫁のれん館」は、能登半島の中ではバリアフリーレベルが高い、車椅子で利用しやすい観光施設です。