伊香保町 水澤観世音 車椅子お参りガイド バリアフリー情報

水澤観世音

参道は「水沢うどん街道」。群馬県渋川市伊香保町の水澤寺は、通称「水澤観世音」とよばれる天台宗のお寺です。推古天皇・持統天皇の勅願により、高麗の高僧「恵灌僧正」によって開基されました。およそ1300年の歴史がある古寺です。

水澤観世音

水沢うどん街道からの参道は階段路です。その途中に建つ「仁王門」は車椅子ではお参りできません。参拝者用の無料駐車場から境内にアクセスしてください。

水澤観世音

駐車場には身障者用駐車スペースが3台分設けられています。駐車場に隣接して建つのは「釈迦堂」です。今回参拝時はコロナ対策で休堂でした。

水澤観世音

駐車場から境内へ、下り坂の舗装路を進みます。

水澤観世音

坂道の脇にはお店が数軒営業しています。

水澤観世音

このルートで最初にあるのが「納札堂」です。入口までは段差解消されていますが、内部へは靴を脱いで上がります。

水澤観世音

坂道を下りきると境内へでます。境内は未舗装路面ですが、砂利が薄い固い路面なので、意外に車椅子が楽に動きます。

水澤観世音

浄水が竹筒から流れ出ています。柄杓を利用して車椅子から手を浄めることができます。

水澤観世音

境内には「本堂」「六角堂」「鐘楼」「龍王弁財天」「十二支の守り本尊」「飯縄大権現」などがあります。それぞれのバリアフリー状況を紹介します。

水澤観世音

車椅子が動く未舗装路面を移動して本堂に向かいます。

水澤観世音

本堂の正面は石畳の短い参道で香炉があります。香炉までは車椅子で正面から移動できます。

水澤観世音

その先の正面は段差構造で両脇が段差解消されています。車椅子では右か左に迂回してください。

水澤観世音

正面右側からはお札を頒布している寺務所窓口の前を通ります。

水澤観世音

賽銭箱は階段の上です。車椅子では段の手前からのお参りになります。見事な装飾をご覧ください。すべての彫刻は彫り抜きです。

水澤観世音

六角堂は六道輪廻の地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間界、天人界の六道を守る地蔵尊が祀られています。

水澤観世音

堂の中に入り、左に3回廻して真心の供養を望みます。ただし廻す棒があるポジションに行くには、一段上がらなくてはなりません。

水澤観世音

段の上には6本の廻し棒があります。

水澤観世音

六道を守る地蔵尊を見上げながら廻り、そして祈ります。

水澤観世音

ゆっくり廻すので、段の上に上がることが出来れば、車椅子で3周できないことはありません。一緒に廻す人が他にいる場合は、車椅子のスピードに合わせてゆっくり動いてもらいましょう。

水澤観世音

鐘楼は階段を上がり、自由に突くことができます。御志納金は一打100円です。車椅子での回向は困難です。

水澤観世音

龍王弁財天は、階段の下に霊泉があります。

水澤観世音

車椅子では階段の上からのお参りになります。

水澤観世音

十二支の守り本尊は、十二の方位を守る8体の守護仏が横一列に祀られています。

水澤観世音

仏の前は未舗装路面ですが、ここも車椅子で移動できる路面です。

水澤観世音

守り本尊のお名前と守っている方位が案内されています。

水澤観世音

飯縄大権現は鎮守の神様です。本堂と六角堂の間に鎮座しています。

水澤観世音

祠の前は未舗装路面ですが、車椅子で参拝できます。

水澤観世音

水澤観世音の境内は未舗装路面ですが、車椅子で移動できる路面です。階段路の参道は無理ですが、境内の多くの仏や神は車椅子でお参りができます。

(本稿は2022年4月に執筆しました)