明治神宮ミュージアム 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

明治神宮ミュージアム 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

完全なバリアフリー環境ではありませんが、明治神宮は車椅子で参拝できます。2019年に開館した「明治神宮ミュージアム」を中心に、現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

明治神宮ミュージアム

○車椅子からみた参道のバリアフリー状況

明治神宮は原宿駅方面からの「南参道」、代々木駅方面からの「北参道」、参宮橋駅方面からの「西参道」の3つのルートがあります。

明治神宮

車利用で参拝する場合は、現時点では代々木口からだけが通行可能です。守衛所で入苑証の交付をうけて駐車場へ進みます。

明治神宮の主な参道は、中央部が車椅子で通行が難しい砂利路面で、道の両端が舗装路面になっています。端の舗装路を通行出来れば、車椅子での移動は可能です。

明治神宮の主な参道

明治神宮の主な参

明治神宮の主な参道

ところが端の舗装路は、樹木による中断、あるいはイベント設備の設置などにより、所々で途絶えます。部分的には、車椅子で砂利路面を乗り越える区間があります。

明治神宮の主な参道

明治神宮の主な参

明治神宮の主な参

○明治神宮ミュージアムのバリアフリー状況

場所は原宿駅側です。取材した時点では、参道からミュージアムの敷地に入る箇所に多少段差があります。段差解消が簡単にできる箇所なので、早期に改修されるかもしれません。

明治神宮ミュージアム

明治神宮ミュージアムのバリアフリー状況

明治神宮ミュージアム

エントランスから館内にかけて、フラットでスペースに余裕があり、車椅子での利用に問題はありません。

明治神宮ミュージアム

明治神宮ミュージアム

明治神宮ミュージアム

明治神宮ミュージアムは、有料の施設ですが障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人の観覧料が無料に減免されます。

障害者用トイレは1Fにあり、折り畳み式のユニバーサルベッドが用意されています。

明治神宮ミュージアム

展示室は1Fと2Fでエレベーターがあります。

展示室内も車椅子で見やすいフラット構造です。展示品は車椅子から鑑賞できます。

明治神宮ミュージアム

2Fの最後に、明治神宮の一年を映像で紹介するコーナーがあります。車椅子スペースが無い、独立椅子席が並べられているミニシアターで、車椅子では端か、前か、空いているスペースから映像をみることになります。

明治神宮ミュージアム

旧「宝物展示室」があった施設は「フォレストテラス明治神宮」として営業しています。

フォレストテラス明治神宮

フォレストテラス明治神宮

フォレストテラス明治神宮

○御社殿のバリアフリー状況

社殿の周辺はバリアフリー改修が進みました。段差箇所には必ずスロープがあります。

明治神宮

明治神宮

明治神宮

拝殿へもスロープルートを通り、車椅子で進むことができます。

明治神宮

明治神宮

ただし正月など、猛烈に混雑するときは車椅子での参拝は苦戦します。

 

○明治神宮 森の歴史

明治神宮の森は、椎や樫などの常緑広葉樹が中心です。楓や銀杏などは、それほど数は多くありません。

明治神宮の森

なぜ明治神宮は常緑広葉樹の森なのか。それは明治神宮が創建された際に、意図的に椎や樫が植栽されたからです。

明治神宮の森

明治天皇、続いて皇后がご逝去され、国民的な機運で創建された明治神宮。当時この地はただの荒れ地で、木も生えていなかったそうです。

明治神宮の森

荒れ地にどうやって明治の森を創るか。ドイツ留学で林学を学び帰国した教授を中心に、3人の専門家による検討が行われ、伊勢や日光のような杉は東京では育たない、100年の森を創るには常緑広葉樹しかない、と結論づけました。

明治神宮の森

これを受けて全国から10万本の献木があり、運搬や植樹の労働力を提供する青年団が全国で発足し、約11万人が労役を提供しました。

明治神宮の森

創建当時に植樹された樹木は365種。現在まで生き続けている樹木が234種。明治神宮は2020年に創建100年を迎えます。

明治神宮の森

参道は十分なバリアフリー水準ではありませんが、明治神宮ミュージアムはバリアフリー施設です。明治神宮は車椅子で参拝ができます。