山梨県道の駅バリアフリー情報~国中(峡中・峡西・峡南)編~

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~山梨県国中(峡中・峡西・峡南)編

「道の駅」は車椅子で利用出来る施設です。しかし現地のバリアフリー状況はそれぞれ。車椅子目線での情報と施設の特徴を紹介します。

本稿は山梨県の国中峡中・峡西・峡南(甲府市、甲斐市、中央市、昭和町、南アルプス市、早川町、身延町、南部町、富士川町、市川三郷町)にある「道の駅」情報です。開業年が新しい順に紹介します。

 

 

 

「道の駅なんぶ」(南部町)

2018年開業。施設内に段差がないフラット構造の施設です。主にショップと食事処、観光情報コーナーで構成されます。

障害者用駐車区画は屋根付きで2台分。「地域振興施設」棟と「交流促進施設」棟の中に、それぞれ障害者用トイレが用意されています。この2棟の間は屋根がある「多目的広場」です。

ショップ名は「なんぶ村の駅」。「食のテーマパーク」として特産の「南部茶」をはじめ農産物、お菓子、お酒、水産物まで、幅広い品揃えです。フラットで通路幅は広く、車椅子で快適に買い物が出来ます。

食事処は「南部よろこび茶食堂」。フラットな構造で、車椅子で利用出来ます。

「南部氏展示室」は南部氏の歴史や史跡を紹介する無料の展示コーナーで、車椅子での見学は可能です。

他に屋内ではキッズルーム、屋外には芝生広場やドッグランが用意されています。

 

 

 

「道の駅富士川」(富士川町)

2014年開業。施設内に全く段差のないフラット構造の道の駅です。広い敷地に商業棟とトイレ棟が並び、2F部はウッドデッキテラスで連結。まるで1棟構成のような外観です。

道の駅富士川

障害者用駐車区画は屋根付きで3台分。障害者用トイレは1階に2つ、2階に1つ用意されます。

商業棟は「観光交流センター」。出入口は3カ所あり、すべてワイドスパンの自動ドアです。農産物や物産品が並ぶ売店と軽食レストランが入ります。売店、レストランとも、フラットで通路幅は広く、車椅子での利用に問題はありません。

道の駅富士川

販売している目玉商品のひとつは、地元の名産「大塚にんじん」。通常の人参よりも長い人参で、栄養価が高く、味が濃いのが自慢です。

そして「みみほうとう」。この地方伝統の、耳のような形状のほうとうです。食事処でも「みみほうとう」の限定食メニューがあります。

トイレ棟は2F建てでエレベーターがあり、2Fでウッドデッキにつながります。

道の駅富士川

2Fの屋内から外のデッキにでるドアは手動式で、床面はフラットです。デッキから見える山々の名称解説板があります。

「太鼓堂」という展望台が更に上にありますが、エレベーターはなく、螺旋階段で登ります。

裏庭のスペースに「富士川龍門」という名称のオブジェがあり、車椅子では無理ですが、穴をくぐって中に入ることが出来ます。天窓からの不思議な光を体験できます。

道の駅富士川

 

 

「道の駅みのぶ富士川観光センター」(身延町)

道の駅登録は2005年ですが、2014年にリニューアルオープンしました。東京ドーム11個分の大規模公園「富士川クラフトパーク」の中にある施設です。

障害者用駐車区画は、公園駐車場に2台分、道の駅駐車場に1台分。障害者用トイレは、道の駅のトイレ内に1つ、公園全体では10カ所のトイレ棟全てに障害者用トイレが用意されます。

道の駅の主な施設は、お土産品が並ぶ「おみやげ館」、カジュアルフレンチレストラン「スヴニール」、「観光情報館」、展示施設「道の駅ギャラリー富士川・切り絵の森美術館」と「ふれあい交流館」、体験施設「西島和紙工房てすき屋」と「ものづくり館」があります。いわゆる農産物直売所はありません。

 

 

 

「道の駅しらね」(南アルプス市)

2003年に供用が開始された、案内所、休憩所、トイレだけの施設です。道の駅としての商業施設はありません。障害者用駐車区画は2台分。障害者用トイレは1つ用意されます。

道を渡った先に「JA南アルプス市」の直売所があり「道の駅しらね農産物直売所」という看板を出しています。事実上、道を隔てて直売所がある道の駅です。

直売所の敷地内に広い駐車場があり、障害者用駐車区画の用意があります。直売所には段差回避スロープで上ります。

店内はフラット構造で障害者用トイレがあります。売り場の通路幅は並みレベルで、車椅子で買い物ができます。果物の栽培が盛んな地域で、夏場は、さくらんぼ、桃、ぶどうが有名、冬場はキウイフルーツが出回ります。

 

 

 

「道の駅とよとみ」(中央市)

旧「豊富村」に1998年に開業しました。2009年に「直売所甲子園」で優勝して初代グランドチャンピオンになった道の駅です。施設内に優勝旗が飾られています。

障害者用駐車区画は2台分。駐車場から施設へは段差がある構造で、障害者用駐車区画からのルートにだけ段差解消箇所があります。

最初の段差を越えてからも、施設周辺には段差箇所が複数あります。車椅子では施設内に入るまで、段差解消ルートを選んで進みます。施設への出入口のドアは、ほとんど手動ドアです。

障害者用トイレは1つ用意。スペースが狭く車椅子1台入るのがギリギリのトイレです。

農産物直売所の店内通路幅はやや狭く、混雑時は車椅子での買い物は苦戦します。

山梨の地場産野菜を中心に、新鮮なものを適正な値段で販売しています。豚肉ブランド「富士桜ポーク」にも力が入っています。精肉も充実、ソーセージなども豊富に販売されています。

レストランはフラットで可動式のテーブル席。車椅子で利用できます。自慢のメニューは富士桜ポークのお料理です。

 

 

 

「道の駅しもべ」(身延町)

1997年開業。近隣に商業集積や一般集落がない山中にあります。「下部農村文化公園」と併設され、園内にはバーベキュー広場、移築民家、芝生広場、そば処、特産物販売所、ホタルの学習ができるホタルドームなどがあります。

障害者用駐車区画は1台分。駐車場は広く、乗降しやすいスペースは一般駐車区画でも確保できます。

障害者用トイレは、駐車場横の別棟トイレ内と、メイン施設棟である「下部ふるさと振興館」内にそれぞれ1つ用意されます。

道の駅しもべ

各施設に向かうルートには傾斜や段差がありますが、段差箇所にはスロープがあります。傾斜の強いスロープではないので、車椅子で移動可能です。

メイン施設棟「下部ふるさと振興館」内には、ショップ、体験調理室、休憩コーナーがあります。

農産物、加工品、地元名産品などが並ぶショップの通路幅は並みレベルで、車椅子でもそれほど不自由することなく店内を移動できます。この年代の道の駅としては、ゆとりがある設定の通路です。

道の駅しもべ

体験ができる広い調理室は、ガラスで丸見えの構造。冬場には味噌作り体験が行われます。

棟の奥には自由休憩スペースがあり、二頭の熊の剥製があります。車椅子で熊二頭との記念撮影ができます。

別棟で茅葺の民家を再現したそば屋「木喰庵」があります。床面はフラットでテーブル席があるので、席を選べば車椅子で利用可能です。

 

 

 

「道の駅とみざわ」(南部町)

供用は1988年からで、1993年に山梨県で最初に道の駅登録になった施設です。基本設計は古い施設ですが、スロープがあり車椅子で利用できます。

障害者用駐車区画は施設棟側の駐車場に2台分。障害者用トイレは計2つ用意されます。

おおきなタケノコのモニュメントが目印。産直ショップと食事処があります。食事処はスペースに余裕があります。春の自慢のメニューはタケノコご飯です。

 

 

 

山梨県「道の駅」の紹介記事は、別に「山梨県郡内編」と「山梨県国中(峡北・峡東)編」を掲載しています。クリックすると別稿が開きますので、ぜひご覧下さい。