国立近代美術館工芸館「備前」展 車椅子鑑賞バリアフリー情報

車椅子で行く国立近代美術館工芸館「備前」展

工芸館の企画展「The 備前 土と炎から生まれる造形美」展は、2019年2月22日から5月6日の開催。車椅子で行く現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○駐車場は利用可能

国立近代美術館工芸館は皇居に隣接する高台にあります。

身体障害者は前庭に車の駐車が認められます。その日の催事などにより状況が変わりますので、来館日程が決まったら事前に相談の連絡を入れて、詳しい駐車要領を確認してください。

車椅子で行く国立近代美術館工芸館「備前」展

車椅子で行く国立近代美術館工芸館「備前」展

○入口はスタッフ操作の昇降機

工芸館の建物入口は階段です。車椅子は昇降機の利用になるので、スタッフに連絡してください。帰りも同じ昇降機を利用します。

車椅子で行く国立近代美術館工芸館「備前」展

車椅子で行く国立近代美術館工芸館「備前」展

○障害者減免制度

国立近代美術館の入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。館内1Fの受付で手帳を提示して入館手続きを行います。

 

○2Fへはエレベーターで

工芸館の展示室は2Fです。一般来場者は階段を利用します。

エレベーターはスタッフの操作で利用します。誘導を受けて展示室へ上がってください。

障害者用トイレは館内1Fにあります。

 

○展示は中世の逸品から

「備前」展の展示は時代別です。中世、近代、現代と3つのパートに分けられます。

1章は「源流としての備前焼」。室町時代から江戸時代の作品が展示されます。桃山時代の茶の湯のうつわが中心です。

車椅子目線ではほぼ真横からの鑑賞になる展示品もありますが、鑑賞不能な展示はありません。

 

○昭和の人間国宝の作品群

2章は「近代の陶芸家と備前焼」。金重陶陽ら昭和の人間国宝の作品が展示されます。作家の紹介があり、作品とともに名人の人生を知ることができます。

この展示コーナーも車椅子での鑑賞に大きな問題はありません。

車椅子で行く国立近代美術館工芸館「備前」展

車椅子で行く国立近代美術館工芸館「備前」展

○新しい表現の追求

3章は「現代の備前焼」。平成の作家の作品群が展示されます。

自由な表現で新たな備前焼を創造する。近代アートの作品群です。

もちろん車椅子での鑑賞に大きな問題はありません。

車椅子で行く国立近代美術館工芸館「備前」展

車椅子で行く国立近代美術館工芸館「備前」展

車椅子で行く国立近代美術館工芸館「備前」展

車椅子で行く国立近代美術館工芸館「備前」展

国立近代美術館工芸館はスタッフの操作で昇降機とエレベーターを利用します。現地ではスタッフの指示誘導にしたがって下さい。