埼玉の醬油蔵 金笛しょうゆパーク 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

金笛しょうゆパーク

創業は寛政元年、埼玉県川島町の老舗醤油蔵「笛木醤油」の工場が「金笛しょうゆパーク」として公開されています。しょうゆ蔵のレストラン、直売店、公園があり、工場見学ができる施設です。トイレは一般トイレのみで、バリアフリートイレはありません。

金笛しょうゆパーク

工場見学は無料で所要時間は約20分。土日は10時30分から15時30まで、30分間隔で全11回開催されます。見学コースには階段路があるので、車椅子ではすべてを見学することはできません。他の参加者が階段を上がっている間は、階段の下で待つ見学になります。予約優先ですが当日受付も可能です。しょうゆ蔵レストランの隣の棟が受付と集合場所です。

金笛しょうゆパーク

しょうゆ蔵のレストランと直売店は、同じ蔵の1Fに並んであり、車椅子で利用できます。直売店側の出入口は段差が解消されている引き戸です。大きなお店ではありませんが、数多くの金笛商品が並んでいます。テイクアウトの「しょうゆソフト」が人気です。

金笛しょうゆパーク

レストラン側の出入口も段差解消されている引き戸です。店内は可動式テーブル席があるので車椅子で利用できます。しょうゆ味でいただく「木桶うどん」などが人気メニューです。

金笛しょうゆパーク

アクセスは車が便利です。身障者用駐車スペースは一般駐車場とは別に、工場の手前に2台分用意されています。直売所がある蔵の前から敷地内に入ります。

金笛しょうゆパーク

上手に停めれば後部スペースも余裕がある幅広い駐車スペースです。

金笛しょうゆパーク

後ろには巨大な木桶が置かれています。

金笛しょうゆパーク

木桶の後ろ側は「もぐもぐ広場」で、フリーテーブル席が配置されています。未舗装路面ですが車椅子で利用できないことはありません。

金笛しょうゆパーク

身障者用駐車スペース側から「もぐもぐ広場」へは、極端なデコボコ路を通ることなく移動できます。

金笛しょうゆパーク

敷地の入口付近、直売所がある蔵の反対側に、バウムクーヘン工場「木桶バウム工房」と「金笛ミニ・ミュージアム」があります。木桶バウム工房は段差の上ですが、見学は外の通路からなので、車椅子でバウムクーヘン製造を見ることができます。

金笛しょうゆパーク

金笛ミニ・ミュージアムは、金笛ブランド商品のショーケースです。

金笛しょうゆパーク

本社事務所の裏側が公園スペースです。「ケンケンパ」の路面を通行して公園に向かいます。

金笛しょうゆパーク

ハンモックなどがあるのは「のんびり広場」。自由に利用できます。

金笛しょうゆパーク

その隣が「わんぱく広場」です。芝生路面ですが大きなデコボコはないので、車椅子で入ることができます。

金笛しょうゆパーク

実際に使用されていた木桶が遊具として置かれています。

金笛しょうゆパーク

木桶の横には八重桜が植栽されています。

金笛しょうゆパーク

ツリーハウスも木桶です。

金笛しょうゆパーク

木桶の一部を材料にしたと思われるブランコがあります。

金笛しょうゆパーク

金笛しょうゆパークの敷地内は、ほぼ全域車椅子で散策できます。

金笛しょうゆパーク

バリアフリートイレがなく、工場見学は一部階段路がありますが、レストランと直売店は車椅子で利用できます。金笛しょうゆパークは、歴史ある醤油蔵を見学しながら車椅子で散策ができる施設です。

(本稿は2022年4月に執筆しました)