京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

国宝「俵屋宗達 風神雷神図屛風」がある京都最古の禅寺「建仁寺」。有料見学エリアは段差があるので車椅子のままでの見学は出来ません。ただし入口の段差をなんらかの方法で越えることが出来る人は、屋内用車椅子に乗り換えて「方丈」内を見学することは可能です。

現地の状況を詳しく紹介します。

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇境内に有料駐車場あり

安井通側の北門から入る場所の駐車区画は月極駐車場です。花見小路通側の「本坊」横に一般有料駐車場があります。有料エリア参拝者の駐車料金減免制度は2019年に廃止されました。この駐車場には障害者用駐車区画はありません。駐車料金の障害者減免制度もありません。

この駐車場へのアクセスルートは、土日は一方通行になります。事前にルートをよく確認して利用されることをお薦めします。

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇境内のバリアフリー状況

車椅子で境内に向かいます。

「北門」から入ると、間隔が開いた小さな段差が連続する道を通ります。ここは一般的な車椅子利用者なら、なんとか通過できるタイプの段差路です。

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

北門から「勅使門」方向に進みます。「法堂」まではほぼフラットな路面があり、車椅子で移動できます。

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

「三門」「勅使門」は無料エリアです。段差箇所もあるので、車椅子では無理のない場所からの見学になります。

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇有料エリアのバリアフリー状況

「方丈」と「法堂」内部が一般公開されている有料エリアです。桃山時代の襖絵、枯山水「大雄苑」、法堂天井画「双龍図」などが鑑賞できます。

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

拝観料は障害者減免制度があり、本人が無料に減免されます。

入口に段差があり、館内へは靴を脱いで階段を上がり入ります。館内用の車椅子は用意されています。何らかの方法でこの段差を越えることが出来る人は、車椅子で「方丈」内のすべてを見学できます。いったん段差を上がれば、フラットな床面です。

「方丈」内には、綺麗な障害者用トイレが用意されています。

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

「方丈」から「法堂」へは、階段を下りて、スリッパをはいて屋外の移動通路を進み、その先で階段を上がり、法堂内部へ進みます。したがって屋内車椅子での「法堂」への移動は出来ません。この間の移動は車椅子を下りて、階段2カ所を通り、途中屋外用のスリッパをはいて歩行します。これが出来る人は「法堂」の天井画「双龍図」が見学できます。

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇方丈だけでも見る価値あり

歩けない人の「法堂」見学は事実上困難です。ただし介助者の力で「方丈」入口の段差を上がり、屋内用の車椅子に乗り換えができる人は、建仁寺の有料エリアの見学をお薦めします。

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

複数ある書院、そこに飾れる今昔の襖絵や各種の展示物、そして大小の枯山水の名園。これらはすべて屋内車椅子から見学できます。

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 建仁寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

建仁寺はバリアフリーではありません。車椅子利用者は無理をすることになりますが、それでも何とか出来る人は、「方丈」内の見学をお薦めします。

(本稿は2020年3月の取材に基づいています)