京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

平安遷都の際に創建された「城南宮」は、京都南の方除の大社で、有料の「神苑」は春のしだれ梅、秋の紅葉など四季折々の景観が楽しめます。境内のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇障害者用駐車区画あり

竹田駅からは徒歩15分の案内です。

参拝者用の無料駐車場があります。障害者用駐車区画は、お祓いを受ける車両が利用する「斎館」の前のスペースに5台分用意されています。

この障害者用駐車区画の後ろ側に、障害者用トイレが1つあります。

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇本殿拝殿のバリアフリー状況

斎館から本殿へ向かいます。フラットな舗装路を通り「城南鳥居」をくぐります。その先の境内は、未舗装路面の中央部に舗装路があり、本殿方面へ車椅子で問題なく移動できます。

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

境内の中央部にある神楽殿のような舞台が「拝殿」です。祭礼の際には神楽や舞を奉納します。

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

「拝殿」の周囲は舗装路です。そのまま本殿へ向かいます。

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

本殿の「前殿」が参拝をする場所です。段差構造ですが左側に段差回避スロープがあり、参拝場所に車椅子で上がることが出来ます。

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

参拝後は、そのまま本殿の裏側まで行くことができ、車椅子で本殿を一周できます。戻ってくると別のスロープで境内に下ります。このスロープの先は境内の砂利路面です。短距離ですが、浅い砂利路面を車椅子で進むことになります。

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇神苑のバリアフリー状況

授与所の横が「神苑」の入口です。

「神苑」は7月21日から8月31日までがB期間とされ、それ以外の期間がA期間と指定されています。

「神苑」の拝観料は、A期間は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が半額に減免されます。

「神苑」の最初のコーナーは「春の山」。しだれ梅や椿が美しい庭園です。このコーナーの散策路は舗装路です。多少アップダウンがありますが、車椅子で散策できます。

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

次のコーナーは「平安の庭」です。日本庭園で散策路が砂利路面になります。車椅子で移動できないことはありませんが、砂利がタイヤに絡み通行は苦戦します。迂回路はありません。「神苑」に入ったら、ここを通過する必要があります。

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

次のコーナーへはいったん境内の道に出て、再度「神苑」に入り直します。「室町の庭」「桃山の庭」「城南離宮の庭」と続きます。これらのコーナーも、未舗装路面やデコボコがある石路面などが中心です。車椅子での移動は頑張れば可能ですが、快適ではありません。

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

未舗装路面の走行が苦手な車椅子利用者には、「神苑」の散策は積極的にはお薦めしません。

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

早春の「しだれ梅と椿まつり」の期間中、特にしだれ梅が満開の期間は、大変混雑します。ピーク時は終日駐車場の満車が続くそうです。

京都 城南宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

城南宮本殿は車椅子で参拝できます。「神苑」の散策は、迂回路がない未舗装路面散策路を通行します。

(本稿は2020年3月の取材に基づいています)

京都 相国寺と承天閣美術館 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

相国寺は足利義満によって創建された名刹です。そして金閣寺と銀閣寺の「本山」です。境内にある「相国寺承天閣美術館」には、相国寺、鹿苑寺、慈照寺の宝物が収蔵されています。

相国寺の境内は、案外フラットな構造です。そして美術館は車椅子で観覧可能です。相国寺のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

京都 相国寺と承天閣美術館 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇春と秋に特別公開

境内の主要施設である「法堂」「方丈」などは、毎年春期(3月下旬から6月上旬)と秋期(9月下旬から12月中旬)に特別公開されます。

※2020年の春季特別公開は新型ウィルス対策のため中止になりました。

それ以外の期間は、境内の参道から各施設の外見を見学する、そして「相国寺承天閣美術館」を観覧するお参りになります。

京都 相国寺と承天閣美術館 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇駐車場の利用方法

境内に参拝者用の無料駐車場があります。「方丈」の裏側の浅い砂利路面が駐車エリアで、駐車区画は整備されていません。停めやすい場所に適正に駐車します。

京都 相国寺と承天閣美術館 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

境内への車両の入口は「総門」です。「総門」を車でくぐります。その付近に管理スタッフがいるので、誘導に従ってください。境内の車両進行ルートは案内表示があります。

京都 相国寺と承天閣美術館 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇境内参道のバリアフリー状況

境内の参道は概ねフラットな舗装路です。ただし段差路、砂利路面の個所もあります。車椅子では無理のない路面を選び、境内を散策します。外見見学だけであれば、ほぼ境内全域を散策できます。

京都 相国寺と承天閣美術館 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

特別公開の拝観料は、障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。しかし「法堂」「方丈」などは、バリアフリー仕様ではありません。

京都 相国寺と承天閣美術館 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇美術館のバリアフリー状況

相国寺承天閣美術館は昭和59年に開館しました。

相国寺承天閣美術館

美術館のエントランスまでは、短い区間ですが小さな段差がある砂利路面を通行します。慎重に移動すれば、車椅子で通行可能です。

相国寺承天閣美術館

相国寺承天閣美術館

相国寺承天閣美術館

美術館の正面まで来れば、舗装路面です。エントランスは段差構造ですが、段差回避スロープが用意されています。

相国寺承天閣美術館

相国寺承天閣美術館

美術館は土足禁止で、靴を脱いで観覧します。車椅子の場合、館内用の車椅子に乗りかえるか、美術館が用意するタイヤカバーを付けて入館します。入口でスタッフに声をかけて相談して下さい。

相国寺承天閣美術館

エントランスの土足を脱ぐコーナーにも、段差回避スロープ路があります。

相国寺承天閣美術館

相国寺承天閣美術館の観覧料は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。館内受付で手帳を提示して減免措置を受けてください。

美術館内はバリアフリー仕様です。車椅子で問題なく鑑賞できます。また障害者用トイレが用意されています。

観覧ルートは第一展示室、庭を臨む回廊ロビー、東ロビー、第二展示室と進みます。中央ロビーにはミュージアムショップがあります。

美術館の周囲は、3つの小さな石庭が配置されています。

相国寺承天閣美術館

〇相国寺承天閣美術館の所蔵品及び常設展示

今回取材時は企画展「茶の湯」が開催中で、計108点が展示されていました。

美術館の所蔵品の中には、国宝5点、重要文化財は145点があります。

また第一展示室には鹿苑寺境内の「夕佳亭」が再現されたコーナーがあります。

そして第二展示室には、伊藤若冲の水墨画、重要文化財「鹿苑寺大書院障壁画」の一部が移設展示されています。いつでも若冲に会える美術館です。

相国寺承天閣美術館

相国寺は車椅子で境内を散策できる名刹です。そして相国寺承天閣美術館は、名品を鑑賞するバリアフリー美術館です。

(本稿は2020年3月の取材に基づいています)

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

酒どころ京都伏見の「黄桜カッパカントリー」は、食事処、ショップ、資料館などがある、車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇駐車場は20台収容

近隣の駅からは徒歩7~8分の案内です。

無料駐車場があります。収容台数は20台程度と小規模な駐車場で、障害者用駐車区画の設定はありません。近隣には民間有料駐車場が複数あります。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇ショップ&食事処のバリアフリー状況

フリーテーブルが置かれる「黄桜広場」を中心に、商業施設棟と資料館棟があります。

商業施設棟に入ると「黄桜商店」があります。ここでしか買えない黄桜商品などが販売されるショップです。スペースは広くはありませんが、混雑していなければ車椅子で買い物ができます。

ショップの奥に食事処「黄桜酒場」の受付があります。そこで利用人数を申告すると店内に案内されます。受付から店内までが、玉石敷き風の少しデコボコがある緩い上り坂の通路を通ります。ゆっくり進めば、車椅子への衝撃は薄らぎます。この通路の途中に障害者用トイレがあります。

「黄桜酒場」の席は、一般的なテーブル席と、掘り炬燵式のお座敷席があります。テーブル席は可動式で、車椅子での利用は可能です。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇黄桜記念館のバリアフリー状況

資料館棟は「黄桜記念館」です。メインの入口から館内に入ると、昭和40年代からの黄桜TVCMが鑑賞できるビジョンがあります。

館内には段差がありビジョンは低地部です。各種資料が展示される高地部に段差回避して移動するには、いったん外に出て「黄桜広場」に面した別の手動ドアの出入口から入り直します。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

「黄桜記念館」は道を渡った側にも続きがあります。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇酒造工房内も見学コース

南側の道を渡った先も黄桜の施設です。「黄桜記念館」の続きがある酒造工房で、展示物を見学しながら移動し、濠川が流れる南側の道へ車椅子で通り抜けできます。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇周辺の観光情報

酒造工房から濠川方面へ出た場所を起点に、車椅子で散策できる周辺の観光スポットを紹介します。

右手に進むと「寺田屋」があります。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

その手前の商店街は「龍馬通り」です。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

寺田屋とは反対側の左手に進むと「鳥せい本店」ほか、古い酒蔵をリノベーションした名店が並ぶエリアに出ます。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

「黄桜カッパカントリー」は、車椅子で利用できる施設です。障害者用トイレは「黄桜酒場」への通路にあります。

(本稿は2020年3月の取材に基づいています)