車椅子で行く金沢~近江町市場・ひがし茶屋街バリアフリー情報

金沢~近江町市場・ひがし茶屋街

(写真は一部イメージです)

300年の歴史を誇る金沢の台所「近江町市場」は、車椅子で行くとどうなのか。現地現場のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

また「ひがし茶屋街」のバリアフリー状況も併せて紹介します。

 

○路面店は車椅子で買い物ができる

近江町市場が人で溢れるほどの混雑になるのは年末。このような時期の車椅子での買い物は苦労しますが、通常期であれば商店街の歩道は、車椅子での通行に困るような混雑ではありません。

物販店はほとんどが路面店。店内通路が狭いお店はありますが、決定的なバリアがあるお店はほとんど見かけません。店前からそのまま買い物が出来るお店も多々あります。

特別なバリアフリー上の配慮があるわけではありませんが、近江町市場は車椅子でのお買い物は十分に可能な商店街です。

金沢~近江町市場・ひがし茶屋街

○飲食店は要注意

一方飲食店は、狭い、段差あり、二階ありなど、車椅子での利用に苦戦するお店が多い。グルメ情報をみて行きたい飲食店があるなら、車椅子利用の可否を確認することをお薦めします。

更に予約ができない人気店の場合は、予測される混雑状況を確認することをお薦めします。ランチタイムの人気寿司屋は、大行列が出来る事もあります。

近江町市場で、障害者用トイレの用意がある飲食店は、まだ確認できていません。

金沢~近江町市場・ひがし茶屋街

○アーケード街なので雨や雪でも車椅子利用可

近江町市場はアーケードがあります。傘がさせない車椅子利用者は、車を停める行動拠点を選べば、雨天でも安心して利用出来る商店街です。

金沢~近江町市場・ひがし茶屋街

 

では行動拠点の候補、障害者用トイレがある、近江町市場に隣接する3つの商業施設を紹介します。

○「近江町いちば館」のバリアフリー状況

アーケードに直結するのは「近江町いちば館」です。上層階が駐車場で下層階が飲食店、小売店の構成。古い施設で老朽化が目立ち、駐車場には障害者用駐車区画の設定がありません。それでもエレベーターがあり、障害者用トイレはあります。雨天にはお薦めの行動拠点です。

金沢~近江町市場・ひがし茶屋街

○「めいてつエムザ」のバリアフリー状況

「めいてつエムザ」は近江町市場に隣接するデパートです。施設そのものはやや古いデパートですが、それなりに改装されています。立体駐車場の3Fに障害者用駐車区画があり、障害者用トイレは館内に3か所あります。

金沢~近江町市場・ひがし茶屋街

○「かなざわはこまち」のバリアフリー状況

最新の隣接施設は「かなざわはこまち」です。グルメとお土産が中心の商業施設。新しいだけにバリアフリーレベルは一番。駐車場とトイレは、ここがもっとも綺麗です。ただし地下駐車場の収容台数は23台、障害者用区画は1台分と狭い駐車場です。近江町市場とは道一本隔てた向かいの立地です。

金沢~近江町市場・ひがし茶屋街

○「ひがし茶屋街」のバリアフリー状況

近隣に世界中から観光客が押し寄せる金沢を代表する人気スポット「ひがし茶屋街」があります。ここは古い建物の街で、車椅子への配慮はありません。

内部を公開しているお茶屋さんもありますが、バリア構造で車椅子では無理です。ほとんどのお店は、出入口に段差、狭隘な入口、狭い店内。車椅子で入店可能なお店は少ないのが実情です。

金沢~近江町市場・ひがし茶屋街

茶屋街の路地の散策は、車椅子でも問題はありません。雰囲気のある茶屋街の風情を、車椅子で観るだけの観光はできます。ただし車でアクセスした場合、ひがし茶屋街周辺には収容台数が10台前後の狭い一般駐車場しかなく、車椅子では苦労します。

トイレにも苦労します。近隣の物販店で障害者用トイレがあるのは、159号線沿い、東茶屋街前交差点の近く、東山観光バス駐車場の隣にある「昆布・海産物 しら井 金沢店」です。

金沢~近江町市場・ひがし茶屋街

近江町市場はフラットなアーケード商店街なので、車椅子での通行は可能です。ただし飲食店は、店によっては車椅子での利用は不可。隣接する商業施設を併用しての、車椅子での観光をお薦めします。