経済産業省が「馬乗り型電動車椅子」のJIS規格を制定

馬乗り型電動車椅子

経済産業省は2020年9月23日付で、「馬乗り形電動車椅子」を日本産業規格(JIS:Japanese Industrial Standards)の安全要求事項(T9210)として制定し、同日公示しました。(※写真は経済産業省のHPから転載しています)

「馬乗り形電動車椅子」について経済産業省は、「介護の担い手不足が高齢化社会の課題となっており、ベッドから車椅子に移乗する際、介護者に過度な負担となっていることから、移乗・移動が容易となる馬乗り形電動車椅子の開発が進められて」いるとし、JIS規格の制定により「安全性に十分配慮した製品開発が可能となります。あわせて、新たな市場の創造とともに、医療・介護の現場においては、被介護者の自立支援と介護者の負担軽減が大いに期待されます。」としています。

「馬乗り形電動車椅子」は、体の向きを変えることなく移乗することができるのが特徴です。

現在では製品数は多くはありませんが、JIS規格の制定を契機に「馬乗り形電動車椅子」の普及が進むかもしれません。

(生きるちから舎ニュース 2020年9月25日付)