高崎白衣大観音 車椅子・足が悪い人からみた 坂と段差の状況

高崎白衣大観音

群馬県高崎市の観音山に建つ慈眼院「高崎白衣大観音」は、坂道を上がった先の階段の上に建っています。また胎内は階段構造です。足腰が万全ではない人が参拝の可否を判断できるように、現地の状況を紹介します。

○駐車場からのアクセス

最も近い駐車場が、漬物屋の有料駐車場です。障害者用の駐車スペースの設定はない、緩い傾斜面です。

高崎白衣大観音

そこから車道にでると、しばらくは緩い傾斜路です。

高崎白衣大観音

一般車両が通行禁止になる箇所から、急坂になります。距離は70m程度ですが、傾斜はきつい坂道です。元気な介助者1名では辛いレベル。車椅子1台に2人から3人で介助したい坂道です。帰りの下り坂は、車椅子は後ろ向きをお薦めします。

高崎白衣大観音

○境内の段差状況

坂を上りきると高崎白衣大観音の足元にでます。そこから先は階段です。参拝ルートでは約20段の階段を上がります。

高崎白衣大観音

したがって車椅子での参拝は、急坂を上りきった地点から、観音様を見上げるところまでです。横顔を拝観できます。

高崎白衣大観音

20段の階段を上がることが出来る人は、次に太鼓橋を通行します。この橋の傾斜は、階段を上がることができる人であれば、通過できると思います。

高崎白衣大観音

○大観音の参拝状況と障害者減免制度

太鼓橋を渡ると、観音様の足元にきます。この高さの香炉があり、お参りができます。

胎内へはその先の約15段の階段を上がり、入口に向かいます。胎内の階段は146段です。上りきると、観音様の肩の高さに出ます。

胎内拝観は有料ですが、障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人の拝観料が無料に減免されます。

高崎白衣大観音

○下り階段も約20段

観音様の足元からの帰りは、上りとは別の階段を利用するルートが推奨されています。段数は上り階段と同程度ですが、傾斜角度は少し緩い階段です。

高崎白衣大観音

○タクシーの送迎は坂上まで可

今回取材時に観察していると、お寺のルールに違反して、一般車両通行禁止区間に乗り入れる車も見かけました。もちろん本稿では推奨しません。

タクシーの送迎は坂上まで許可されているようです。利用している参拝客がいました。

高崎白衣大観音

高崎白衣大観音は、車椅子利用者は近づくことに苦戦します。また足腰が万全ではない人は、どこまで坂と階段の移動ができるのかを判断してお参りして下さい。タクシー利用で坂道を回避する作戦はあります。

(本稿は2020年11月に執筆しました)