群馬県 道の駅くらぶち小栗の里 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

群馬県高崎市倉渕町にある道の駅です。開業は2014年。高崎市倉渕支所に隣接した元倉渕公民館跡地に新設されました。地元産の木材を使用した、木のぬくもりを感じる道の駅です。

「小栗の里」とは、幕末の奉行「小栗上野介」の「小栗」です。小栗上野介は、明治維新後、現倉渕町の「権田村」の領地で隠遁生活をおくり始めたものの、明治政府によって罪を問われ、41歳で斬首されました。その墓は倉渕町の「東善寺」にあります。隠遁生活をおくりかけた邸宅跡は保存されています。

傾斜地を活用した2フロア構造の施設で、1Fが直売所と食事処、2Fは多目的ホールなど地域コミュニティスペースです。

道の駅くらぶち小栗の里

駐車場は1Fエントランス前と、坂を上がった先の2Fエントランス前の2か所に整備されています。身障者用駐車スペースは併せて3台分を用意。下の写真は1Fの身障者用駐車スペース。施設への出入口は自動ドアです。

道の駅くらぶち小栗の里

1Fにもう一か所、出入口があります。段差のない構造です。道の駅としてショップなどを利用するなら、1F駐車場の利用が便利です。

道の駅くらぶち小栗の里

2Fへは下の写真のスロープを上がります。大型車、二輪車は2F駐車場の利用が指定されています。

道の駅くらぶち小栗の里

2Fの身障者用駐車スペースは、施設棟正面の中央部にあります。

道の駅くらぶち小栗の里

駐車場から階段で2Fへ上がる構造です。

道の駅くらぶち小栗の里

左側に段差回避する折り返しスロープ路があります。

道の駅くらぶち小栗の里

スロープを上がるとフリーテーブルが配置された広々とした屋上デッキがあります。倉渕の里を眺望できます。

道の駅くらぶち小栗の里

2Fの入口は手動ドア。開け放つとその状態で固定するタイプのドアです。

道の駅くらぶち小栗の里

2Fに内に「休憩コーナー」があります。やわらかい日差しが差し込む、ウッディな空間にフリーテーブル席が配置されています。

道の駅くらぶち小栗の里

館内にエレベーターは用意されています。一般的な車椅子は問題なく収容するサイズのかごです。

道の駅くらぶち小栗の里

道の駅くらぶち小栗の里は、バリアフリートイレが充実しています。1Fのトイレは男女別トイレの入口にそれぞれあります。

道の駅くらぶち小栗の里

異性介護で問題なく利用できる位置です。

道の駅くらぶち小栗の里

両個室ともスペースに余裕があり、綺麗なトイレです。一つにはユニバーサルベッドが備えられています。

道の駅くらぶち小栗の里

もう一つのトイレも、広くて綺麗です。

道の駅くらぶち小栗の里

2Fはバリアフリートイレが1つ。ここもスペースに余裕がある個室で24時間利用できます。ユニバーサルベッドはありません。

道の駅くらぶち小栗の里

1Fはスペースに余裕がありフラット。車椅子で問題なく利用できます。総合案内や観光情報コーナーもあります。

道の駅くらぶち小栗の里

1Fの直売所は「ふるさと市場」。店内はフラットな床面で通路幅は広く、車椅子で買い物が楽しめます。倉渕町は農業が盛んな地区。地元産の新鮮な農産物、総菜、物産品などが並びます。お米は「倉渕のはんでえ米」。お米の品種ではなく、刈り取った稲を、自然光と風でゆっくり自然乾燥させる製法が美味しさの秘訣です。

道の駅くらぶち小栗の里

食事処は「おもてなし処小栗」。郷土料理「おきりこみ」が一番人気です。

道の駅くらぶち小栗の里

広いお店ではありませんがフラットな構造で、可動式のテーブル席を利用すれば、車椅子で食事ができます。

道の駅くらぶち小栗の里

「道の駅くらぶち小栗の里」は、道の駅としてはコンパクトな施設ですが、バリアフリーレベルは高く、車椅子で気持ちよく利用できます。

(本稿は20218月に執筆しました)

国立のぞみの園ふれあいゾーン 車椅子散策ガイド バリアフリー情報

群馬県高崎市の独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園には、「みどり香るまちづくり企画コンテスト」で環境大臣賞を受賞した施設「ふれあいゾーン」があり、誰でも自由に散策できます。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

国立のぞみの園ふれあいゾーン

○のぞみの園施設の概要

高崎の白衣観音に近い山中の施設です。敷地面積は約70万坪。森の中に施設内の道路が走り、様々な施設が点在しています。全ての建物の総面積は約1万1千坪。1971年の開園以来、施設が整備されてきました。

誰でも自由に散策できる「ふれあいゾーン」は、2011年から2014年にかけて整備された施設です。

国立のぞみの園ふれあいゾーン

○アクセスと駐車場

アクセスは車が便利です。国立のぞみの園の敷地に入るところに正門があります。通常は無人で開放されていて、一般車両はそのまま通行できます。

そのまま進むと「バス停」があります。バス停の横に6台を収容する来客用駐車場があり、内1台分が障害者用駐車スペースです。ここに駐車します。

国立のぞみの園ふれあいゾーン

そしてこの来客用駐車場の周辺が「ふれあいゾーン」です。この先に守衛所があり、そこから先は関係者以外進入できません。

 

○屋外散策施設の状況

「ふれあい彩り広場」と「ふれあい香りガーデン」があります。今回取材時は、季節が悪いのか、あまり手入れが行き届いていない状況でした。車椅子で散策できないことはありませんが、整備されて数年しか経過していない施設としては、全般的に劣化しています。

国立のぞみの園ふれあいゾーン

国立のぞみの園ふれあいゾーン

○休憩所の状況

広場やガーデンから、正門方向に少し坂を下ると、屋内で休憩できる施設「ふれあい御休所」があります。出入口は手動ドアです。

国立のぞみの園ふれあいゾーン

エントランスからフリーテーブルが配置される休憩スペースへは段差があり、段差回避スロープがあります。短いスロープですが、角度は急です。車椅子では慎重に移動してください。

国立のぞみの園ふれあいゾーン

国立のぞみの園ふれあいゾーン

休憩スペースには大きな窓があり、日本庭園として整備された庭を眺めることができます。

国立のぞみの園ふれあいゾーン

休憩スペースの横に、無料のお茶サービス器と紙コップが用意されています。

エントランスの横のトイレには、スペースに余裕がある障害者用トイレが1つあります。ユニバーサルベッドはありません。

国立のぞみの園ふれあいゾーン

国立のぞみの園ふれあいゾーンは、それほど広いゾーンではなく、短時間で散策できます。「ふれあい御休所」は、障害者用トイレがあるフリー休憩施設です。

(本稿は2020年11月に執筆しました)

高崎白衣大観音 車椅子・足が悪い人からみた 坂と段差の状況

群馬県高崎市の観音山に建つ慈眼院「高崎白衣大観音」は、坂道を上がった先の階段の上に建っています。また胎内は階段構造です。足腰が万全ではない人が参拝の可否を判断できるように、現地の状況を紹介します。

○駐車場からのアクセス

最も近い駐車場が、漬物屋の有料駐車場です。身障者用の駐車スペースの設定はない、緩い傾斜面です。

高崎白衣大観音

そこから車道にでると、しばらくは緩い傾斜路です。

高崎白衣大観音

一般車両が通行禁止になる箇所から、急坂になります。距離は70m程度ですが、傾斜はきつい坂道です。元気な介助者1名では辛いレベル。車椅子1台に2人から3人で介助したい坂道です。帰りの下り坂は、車椅子は後ろ向きをお薦めします。

高崎白衣大観音

○境内の段差状況

坂を上りきると高崎白衣大観音の足元にでます。そこから先は階段です。参拝ルートでは約20段の階段を上がります。

高崎白衣大観音

したがって車椅子での参拝は、急坂を上りきった地点から、観音様を見上げるところまでです。横顔を拝観できます。

高崎白衣大観音

20段の階段を上がることが出来る人は、次に太鼓橋を通行します。この橋の傾斜は、階段を上がることができる人であれば、通過できると思います。

高崎白衣大観音

○大観音の参拝状況と障害者減免制度

太鼓橋を渡ると、観音様の足元にきます。この高さの香炉があり、お参りができます。

胎内へはその先の約15段の階段を上がり、入口に向かいます。胎内の階段は146段です。上りきると、観音様の肩の高さに出ます。

胎内拝観は有料ですが、障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人の拝観料が無料に減免されます。

高崎白衣大観音

○下り階段も約20段

観音様の足元からの帰りは、上りとは別の階段を利用するルートが推奨されています。段数は上り階段と同程度ですが、傾斜角度は少し緩い階段です。

高崎白衣大観音

○タクシーの送迎は坂上まで可

今回取材時に観察していると、お寺のルールに違反して、一般車両通行禁止区間に乗り入れる車も見かけました。もちろん本稿では推奨しません。

タクシーの送迎は坂上まで許可されているようです。利用している参拝客がいました。

高崎白衣大観音

高崎白衣大観音は、車椅子利用者は近づくことに苦戦します。また足腰が万全ではない人は、どこまで坂と階段の移動ができるのかを判断してお参りして下さい。タクシー利用で坂道を回避する作戦はあります。

(本稿は2020年11月に執筆しました)