水戸 茨城県立歴史館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

茨城県立歴史館

1974年に開館した「茨城県立歴史館」は、博物館だけではなく、公文書館、古民家や明治の建築遺産の展示、公園と様々な機能があります。現地のバリアフリー状況を紹介します。

茨城県立歴史館

○身障者用駐車場の状況

アクセスは車が便利。大きな無料駐車場が用意されています。身障者用駐車区画の用意があるので、車椅子利用者も無料駐車場に進入して下さい。

茨城県立歴史館

無料駐車場は通り抜けて、歴史館建物の裏手へ進みます。そこに業務用の駐車場があります。身障者用駐車区画は、歴史館建物沿いの道に縦列駐車する形式で3台分が用意されています。

茨城県立歴史館

○駐車場から歴史館内へ

身障者用駐車区画から歴史館内への車椅子の動線です。

歴史館建物の裏から、車椅子利用者は建物に入ることができます。段差解消スロープがあり、その先が通用口です。ドアを開けて建物へ入ると、守衛室の横を通ります。少し薄暗い通路をしばらく進むと手動ドアがあります。このドアを開けると歴史館1F総合案内横にでます。

茨城県立歴史館

○博物館と公文書館

歴史館の建物内には2つの機能があります。

博物館としては、茨城県の歴史を解説する「常設展」、一橋徳川家から寄贈された美術工芸品などを展示する「一橋徳川家記念室」、そして年間4本程度開催される企画展「テーマ展」があります。博物館は有料展示です。

公文書館の利用は無料。30万点以上の古文書や公文書があり、閲覧できます。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○障害者減免制度

博物館の入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。1F総合案内で入館手続きをおこないます。

館内のフロアはフラットなので、車椅子利用に大きな問題はありません。設備は古いトイレですが、バリアフリートイレはあります。

 

○常設展示室は2F

博物館は1Fが企画展室と「一橋徳川家記念室」。2Fが常設展示室です。車椅子での上下階移動はエレベーターを利用します。

企画展が開催されていない時期は、構造上の問題から一般来場者はエレベーターが利用出来ないことがあります。車椅子利用者は、スタッフが付き添ってのエレベーター利用になります。2Fから1Fへ下りるときも同様です。スタッフに声をかけてエレベーターを利用してください。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○展示内容は真面目

常設展は江戸時代を中心に茨城の歴史の紹介。「一橋徳川家記念室」は徳川家から寄贈された6,000点の資料をテーマ別展示。常設展、記念室とも、極めて真面目な展示内容です。小さなお子様向けの展示はありません。内容的には小学校高学年以上の歴史好き向きです。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

○公園と屋外展示物

この地には1970年まで水戸農業高校がありました。歴史館の敷地は広く、公園としての機能があり、歴史的建造物の展示があります。屋外の利用は無料です。

茨城県立歴史館

茨城県立歴史館

公園としては広い芝生エリアと野草園や池、茶室など。

茨城県立歴史館

屋外展示物としては、明治14年築の校舎「旧水海道小学校本館」と、築300年の古民家「旧茂木家住宅」などがあり無料公開されています。

茨城県立歴史館

茨城県立歴史館

○歴史館から公園へ

歴史館から公園エリアへの車椅子での動線です。

歴史館正面玄関から外に出ると、段差解消スロープが両側に設置されています。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

歴史館建物側からみて、左手のスロープを利用すると、その先の歩道がゴツゴツ路面をフラットにしたバリアフリー改修路で、右手のスロープの先はゴツゴツ路面のままです。左側ルートで進むと、車椅子でバリアフリーに公園エリアに進むことができます。

茨城県立歴史館

公園内のイチョウ並木は黄葉の名所です。

茨城県立歴史館

○校舎と旧家はバリア構造

「旧水海道小学校本館」と「旧茂木家住宅」は、内部は段差構造です。車椅子からは外観の見学になります。

茨城県立歴史館

茨城県立歴史館

ただし「旧水海道小学校本館」の正面からみて右側にはスロープがあり、その先のドアを開けると館内にもスロープがあります。1Fはその気になれば車椅子で上がることができます。通常は無人の施設なので、玄関先にある電話でドアの開錠を依頼して下さい。

茨城県立歴史館

複合施設「茨城県立歴史館」は、歴史館建物内はバリアフリーです。公園エリア通路も車椅子で通行可能。屋外展示物の内部は、段差構造で車椅子では利用できません。

(本稿は2020年11月に加筆修正しました)