山梨県笛吹川フルーツ公園 車椅子からみたバリアフリー情報

山梨県笛吹川フルーツ公園 車椅子からみたバリアフリー情報

山梨県山梨市の「山梨県笛吹川フルーツ公園」は、車椅子で利用可能な施設がある複合型公園です。各施設のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2017年1月の取材で初稿を執筆し、2019年9月に加筆修正しました。

 

フルーツ公園は、1995年の開園。山の一面を観光地化した公園です。山の上の標高が高い場所にある施設から順に紹介していきます。

山梨県笛吹川フルーツ公園

○やまなしフルーツ温泉ぷくぷく

エントランスと同じ高さに駐車場があります。

さらに山の上にある「ほったらかし温泉」に比べれば、足が悪くても利用しやすい日帰り温泉です。

とはいえ車椅子利用者のための特別な設備はありません。ワンフロア構造の段差は少ない日帰り温泉です。

 

○横溝正史館

作家の書斎が移築され無料公開されています。

ほぼ同じ高さに駐車場があります。古い平屋の家でバリアフリーではありませんが、車椅子でお庭から外観を見学することはできます。

 

○物産館・売店、足湯、バーベキューセンター

「笛吹川フルーツ公園」の高台部に並ぶ施設が、「物産館・売店」「足湯」「バーベキューセンター」です。またこの高台は「恋人の聖地」で、且つ「新日本三大夜景」の地に認定されています。

「恋人の聖地」で、且つ「新日本三大夜景」の地に認定されています。

「恋人の聖地」で、且つ「新日本三大夜景」の地に認定されています。

車椅子で立ち寄る場合、駐車場の選択に悩みます。

一般車用駐車場は道路を渡った先で、出入口にかなりの傾斜があります。

空いている時なら利用しても問題のない大型車用駐車場は、高台寄りで坂の上です。

どちらに停めても、少し距離があり、それなりの傾斜があり、一般車用駐車場からは道を渡ります。

「物産館・売店」は老朽化してきましたが、基本はバリアフリー構造で、車椅子での利用は可能です。出入口のドアは手動です。館内に障害者用トイレがあります。

「足湯」は有料です。いわゆる足湯の構造なので、車椅子のままでの利用は出来ません。

「バーベキューセンター」は、段差がなく車椅子での利用は可能です。高台の吹きさらしの施設なので、冬季は休業です。

 

○フルーツパーク富士屋ホテル

大きな一流ホテルです。現時点では、バリアフリー面での特別なPRはありませんが。宿泊、日帰り、各種のプランがあります。

 

 

次は山の中腹以下に広がる公園エリアの状況を紹介します。各施設の利用は無料です。ただしワークショップなどへの参加、ロードトレインの乗車は有料です。

 

○駐車場から「くだもの館」へ

複数の駐車場がありますが、障害者用駐車区画があるのは「第一駐車場」です。駐車区画は広く屋根は無い構造です。

ここから「くだもの広場」があるメインドームへ向かうには、距離があるつづら折り式の段差迂回スロープルートを上ります。それなりの体力が必要な距離と傾斜です。

メインドーム

メインドーム地下の「くだもの館」はバリアフリー施設です。車椅子での展示見学は可能です。

くだもの館」はバリアフリー施設

○「わんぱくドーム」から「くだもの工房」周辺

次にある「わんぱくドーム」は子供用の大型遊具があるドームです。以前は植物温室でした。

売店・レストランが入る「くだもの工房」は、「第一駐車場」からはかなりの距離の坂道の上です。公園内の案内では、「くだもの工房」の利用者には「第三駐車場」の利用が推奨されています。

ただし「第三駐車場」12台しか収容できない小さな駐車場で障害者用駐車区画の設定はありません。

 

○公園エリアの屋外散策

公園エリアの屋外は、高い場所から順に「噴水広場」「花の広場」「ウォーターガーデン」「アクアアスレチック」「フルーツアドベンチャー」などがあり、舗装された傾斜路でつながっています。

段差箇所にはすべて迂回スロープがあるので、屋外全域を車椅子で散策することは出来ないことはありません。ただし距離があり、傾斜のあるルートなので、体力の範囲で無理のない散策にしてください。

公園エリアの屋外散策

○公園エリアの障害者用トイレ

屋外にある6か所のトイレ全てに障害者用トイレがあります。

屋内の障害者用トイレは「くだもの広場」「くだもの館」「くだもの工房」に用意されています。

山梨県笛吹川フルーツ公園

「山梨県笛吹川フルーツ公園」は、広くて高低差があり、公園内に複数の施設があります。バリアフリーではありますが、公園内を車で移動する、体力に応じた距離で散策するなど、車椅子では無理なく利用してください。