京都 智積院 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 智積院 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

真言宗智山派の総本山、京都東山七条の「智積院」は、段差構造があるお寺で、境内のすべてを車椅子でお参りすることは出来ません。車椅子からみた、現地の状況を詳しく紹介します。

智積院 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇参拝者用駐車場あり

スペースに限りはありますが、参拝者用の無料駐車場があります。東山七条交差点の南側の車両入口から入り、右側の宿坊会館の方向に進みます。その奥の宗務庁裏のスペースが駐車場です。

混雑時は駐車できない場合もあるそうです。その場合は、現地誘導員の指示に従ってください。

智積院 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇徒歩での境内入口も車と同じ

「総門」は階段の上で、かつ一般参拝者は通行できません。車椅子の人も、健常者も、境内へは車両と同じ入口から入ります。

境内に入るとすぐ左手に、3段の上にある「総合受付」の建物があります。ここは朱印所で、有料エリアの拝観受付は別にあります。必ずしも立ち寄る必要はありません。

その先の「冠木門」をくぐると段差路があるので、車椅子では「冠木門」の手前を左折して、すぐに右折して進みます。小さなデコボコがある舗装路ですが、車椅子での通行は少し無理をすれば可能です。

智積院 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇有料エリアは車椅子不可

その先に有料エリアの拝観受付があります。智積院は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人の拝観料は無料に減免されます。拝観受付で手帳を提示して減免手続きを行います。

有料エリアは、長谷川等伯らの絵画を展示する「収蔵庫」と、「講堂」そして「名勝庭園」です。いずれも段差があり車椅子のままでの鑑賞は出来ません。

「収蔵庫」は入口が階段です。「収蔵庫」内には、室内用の車椅子が1台用意されています。介助歩行ができるなど、なんらかの手段で階段を上がることが出来る人は、見学可能です。収蔵庫内は土足禁止です。階段上の入口で靴を脱ぎ、室内用の車椅子で見学します。展示室内はフラットな構造で、車椅子での国宝障壁画の鑑賞は可能です。入口近くのスイッチを押すと、室内に日本語解説が流れます。

京都 智積院 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 智積院 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

「講堂」は階段構造です。そして「名勝庭園」も、段差があり車椅子での散策は出来ません。無理のない範囲からの見学になります。

京都 智積院 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇無料エリアのバリアフリー状況

境内はこの他のエリアは無料です。「金堂」と「明王殿」の前まで、ほぼフラットな舗装路を通り、車椅子で移動できます。

京都 智積院 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 智積院 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

現在の「金堂」は昭和50年の新築。「明王殿」は平成2年に移築されました。どちらも階段構造で、車椅子でのお参りは段の下からになります。

京都 智積院 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

京都 智積院 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

智積院の「講堂」と「金堂」そして「明王殿」は、車椅子で近づいて外観を見学することは出来ます。

京都 智積院 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

「名勝庭園」は、車椅子での散策はほぼ出来ません。

「収蔵庫」は入口の階段をクリアできれば、国宝壁画の鑑賞は室内用車椅子から可能です。

(本稿は2020年3月の取材に基づいています)