ビル一体都市型神社 虎ノ門金刀比羅宮 車椅子参拝バリアフリー情報

東京都港区虎ノ門にある、高層ビル琴平タワーと一体化した構造の神社です。創建は1660年。讃岐丸亀藩の江戸藩邸にあり、毎月10日には江戸庶民に開放されていました。現在の姿になったのは2004年です。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

〇アクセス方法

虎ノ門駅から徒歩1分の案内です。

参拝者用駐車場はありませんが、金刀比羅宮に面する裏側の一方通行路にはパーキングメーターが設置されています。ここに停めれば境内のすぐ横です。

 

〇境内のバリアフリー概況

ビルの下および周囲のフラットエリアが舗装されている境内です。車椅子での移動に問題はありません。

ビル一体都市型神社 虎ノ門金刀比羅宮 車椅子参拝バリアフリー情報

ただし拝殿は4段の階段があります。車椅子では段の手前からの参拝になりますが、それほど距離はないので、大きな違和感なくお参りができます。社殿は1951年に再建されたものです。

ビル一体都市型神社 虎ノ門金刀比羅宮 車椅子参拝バリアフリー情報

またお末社の稲荷神社と縁結びで人気の結神社は、段差があるので車椅子での参拝は苦戦します。

ビル一体都市型神社 虎ノ門金刀比羅宮 車椅子参拝バリアフリー情報

〇正面鳥居から参道を進む

桜田通り沿いの正面鳥居から参拝するルートで、境内の主な施設を紹介します。

ビルと一体化したデザインの正面鳥居は、周囲の巨大な現代建築物に負けない威風堂々たるシンプルな構造です。

ビル一体都市型神社 虎ノ門金刀比羅宮 車椅子参拝バリアフリー情報

その横には大きな社号碑が建ちます。

虎ノ門金刀比羅宮 車椅子参拝バリアフリー情報

参道を進むと手水舎があります。手を伸ばせば車椅子で利用できる構造です。

虎ノ門金刀比羅宮 車椅子参拝バリアフリー情報

その先には神楽殿。江戸時代のなごりで毎月10日に神楽が奉納されます。

虎ノ門金刀比羅宮 車椅子参拝バリアフリー情報

本殿の正面には彫り装飾が素晴らしい「銅鳥居」。1821年に奉納された指定文化財です。

虎ノ門金刀比羅宮 車椅子参拝バリアフリー情報

虎ノ門金刀比羅宮 車椅子参拝バリアフリー情報

その足元には1864年奉納の御百度石。こちらも指定文化財です。

虎ノ門金刀比羅宮 車椅子参拝バリアフリー情報

その先にもう一つの手水舎。車椅子で利用可能な構造です。

虎ノ門金刀比羅宮 車椅子参拝バリアフリー情報

そして裏鳥居があります。こちらもとても立派な鳥居です。

虎ノ門金刀比羅宮 車椅子参拝バリアフリー情報

通路は社殿の横側までつながります。石灯篭が並ぶ地点が終点です。

虎ノ門金刀比羅宮 車椅子参拝バリアフリー情報

虎ノ門金刀比羅宮は、ビル一体型のバリアフリー仕様ながら江戸の信仰を今に伝える、車椅子で参拝できる神社です。

(本稿は2020年5月に執筆しました)

虎ノ門ヒルズ 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

ビジネスタワーが開業した虎ノ門ヒルズ。2020年6月時点での一般商業エリアのバリアフリー状況を紹介します。

ビジネスタワーには、エレベーターが複数あり、車椅子での上下階移動は便利です。また障害者用トイレはほぼ各階に用意されています。

虎ノ門ヒルズ森タワー

○ビジネスタワーとの連絡デッキ

虎ノ門ヒルズ森タワーとビジネスタワーは、2F部が屋根付きデッキでつながります。車椅子での移動に問題はありません。

虎ノ門ヒルズ

虎ノ門ヒルズ

ビジネスタワーに2Fには「アーバン・ファミマ」が入店。車椅子で利用出来るフラットな店舗です。

虎ノ門ヒルズ 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

飲食店が入る3FとB1へは、2Fのデッキからでもエレベーターで移動できます。

またデッキからエレベーターで移動できる1Fの空地は、港区立西桜公園として一般公開されています。

港区立西桜公園

虎ノ門ヒルズ

○新駅とバスターミナル

ビジネスタワーの1Fはバスターミナルになります。

虎ノ門ヒルズ駅とは、中目黒方面行ホームからは地下で直結します。

虎ノ門ヒルズ

地下通路からヒルズへは、段差回避エレベーターが用意されています。

虎ノ門ヒルズ

虎ノ門ヒルズ

虎ノ門駅との地下ルートは、2020年7月1日から供用されます。

虎ノ門ヒルズ

〇ビジネスタワーの地下駐車場

ビジネスタワーの地下にも、時間貸し駐車場が開業しました。

機械式で2つの入庫レーンがあり、その内の1つがスペースに余裕がある、車椅子対応仕様です。入庫前にスタッフに車椅子利用を申告して誘導を受けてください。

〇虎ノ門横丁のバリアフリー状況

ビジネスタワー3Fの横丁は、多くはスタンド席のお店です。数は少ないですが、一般的なテーブル席が横丁内に用意されています。車椅子ではその席をキープして、利用するのが実際的です。

なお、横丁以外のビジネスタワーの飲食店、ショップは、ほとんどのお店が車椅子で利用できます。B1のスーパーマーケットも、バリアフリー仕様です。

虎ノ門ヒルズ

○レジデンシャルタワーとの連絡

2020年中に竣工予定の「レジデンシャルタワー」とも、2F部がデッキでつながる予定です。2020年2月現在では、その工事の影響で虎ノ門ヒルズの南側公開緑地のスロープ路は閉鎖されています。段差のある通路しか通行できません。

虎ノ門ヒルズ

○ステーションタワーとの連絡

2022年以後の竣工になる「ステーションタワー」とも、デッキでつながる予定です。虎ノ門ヒルズ西側の芝生広場から「桜田通り」の上空を横断してステーションタワーとデッキでつながる予定です。

虎ノ門ヒルズ 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○森タワーのバリアフリー概況

虎ノ門ヒルズ森タワーのB3時間貸し地下駐車場には、2台分の障害者用駐車区画があります。

2Fから4Fに入るショップ、飲食店の多くは、車椅子で利用可能な構造です。商業フロアの各階に障害者用トイレが用意されています。

虎ノ門ヒルズ森タワー

虎ノ門ヒルズは2020年中に3棟構成になり、新駅が誕生します。そして数年後には4棟構成になり、全ての棟はフラットな連絡デッキでつながる予定です。

愛宕山NHK放送博物館 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

東京都港区の「愛宕山NHK放送博物館」が、2016年1月30日リニューアルオープンしました。車椅子で見学ができる施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2016年2月の取材に基づいています。

 

 

愛宕山のNHK放送博物館が、バリアフリーになりました。

障害者用トイレ、エレベーターの設置は勿論、車椅子でも見学しやすい展示になりました。

博物館の前は、無料駐車場です。

入館無料。特別支援学校や福祉施設のお出かけ先として、お薦めできます。

 

アクセス方法を紹介します。

徒歩の場合は愛宕山の山頂まで「愛宕エレベーター」を利用します。車椅子は1台しか収容できない広さなので、車椅子の団体利用の場合は、移動に時間がかかることを計算してください。

車の場合は「愛宕神社参道」を通行します。一方通行ではない狭い道で、箇所によっては車のすれ違い通行ができません。気を付けて運転して愛宕山を登ってください。

「NHK放送博物館」前の広場に自由に車を停めることができます。障害者用駐車スペースは1台分ラインがひかれています。

館内入口のすぐ近くで乗降することができるので、車利用の場合は、車椅子での雨の日のお出かけ先としてお薦めできます。小雨程度なら問題なく利用できます。

愛宕山NHK放送博物館 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

館内のバリアフリー状況です。

障害者用トイレは1Fにあります。広くて綺麗なトイレです。

 

中二階が「愛宕山8Kシアター」と「放送体験スタジオ」。このフロアに上る障害者用エレベーターが新設されました。ただし、やや狭いエレベーターで、大型車椅子は入らない可能性があります。

NHK放送博物館 車椅子見学ガイド 

2F、3F、4Fへは一般のエレベーターを利用します。このエレベーターは、奥行きが狭いタイプですが、どんな車椅子でも利用できる大きさです。

 

展示は車椅子で見学ができます。

その中でも特に配慮があると感じたのは、3Fの「ヒストリーゾーン」の展示。壁際が展示スペースで、展示台の下に空間があり足が入るので、車椅子で展示台に近付いて見学することが出来ます。

また展示台には手すりが設置されています。足元に不安のある人でも、手すりにつかまり、展示に近づいて見学をすることが可能です。

展示台の高さは車椅子目線の低さです。この仕様であれば、ベビーカーでの見学にも適しています。

他の展示物も、タッチパネルの箇所やビジョンの高さなど、車椅子での見学を意識したバリアフリー設計です。

遊べる施設「愛宕山8Kシアター」は車椅子でも楽しめます。

博物館の開館時間は9:30から16:30までです。

 

NHK放送博物館は、1956年に開館しました。現在の建物は1968年の竣工。2015年2月から約1年間休館してのリニューアルオープンです。

建物の外観は1968年の建物のままに見えますが、1年かけての改装工事で、内部はバリアフリーになりました。

NHK放送博物館 車椅子見学ガイド 

展示内容は、昔の放送に関するものが多い博物館です。したがって、歴史を知る中高年が楽しめる内容です。

「ひょっこりひょうたん島だ」と騒いでいるのは50代以上。1964年の東京オリンピックの名場面が流れるコーナー、「玉音放送」がエンドレスで再生されているコーナーもあります。歴代の朝ドラ、大河ドラマの展示、紅白歌合戦のメモリアルコーナーなどがあります。

 

リニューアルして車椅子で利用できる博物館になりました。NHK放送博物館は、大人の車椅子利用者も楽しめるバリアフリー施設です。