三井記念美術館 「仏像の姿」展 バリアフリー情報

東京都中央区日本橋の三井記念美術館「仏像の姿(かたち)~微笑む・飾る・踊る~」展に車椅子で行きました。

表情、衣服とアクセサリー、動きとポーズなどから仏像を観る企画展です。

現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○会期序盤から人気

会期は2018年9月15日から11月25日。「仏像の姿」展は、会期序盤から人気です。アートとして仏像を評価する企画展。仏師をアーティストと位置付けています。

三井記念美術館「仏像の姿

○車椅子で見やすい展示

三井記念美術館は、1Fエントランスの箇所は階段で、車椅子では昇降機の利用。インターフォンでビル管理事務所に連絡します。あとはすべてバリアフリーな美術館です。

「仏像の姿」展は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。また本展はすべての作品が、車椅子からの低い目線でも見やすい展示方法です。

三井記念美術館「仏像の姿

○半分は個人蔵

展示されている仏像は、お寺や博物館が所蔵する重文指定の像もありますが、約半分の仏像は個人蔵です。ポスターに起用されている「不動明王立像」は、13世紀の作で個人蔵です。

三井記念美術館「仏像の姿

○ワンポイント解説が面白い

展示されている仏像には、それぞれアートとして見るべきワンポイント解説があります。これが面白い。表情、衣服とアクセサリー、動きとポーズなどから仏像を観る企画展です。そういう観点でのチェックポイントがはっきり分かります。

三井記念美術館「仏像の姿

○藝大とのコラボ企画も

最後の「展示室7」は、東京藝術大学保存修復彫刻研究室とのコラボ企画で、仏師の技を製作者サイドから解説します。この展示も車椅子からの見学に大きな問題はありません。藝大で製作された模刻芸術から、古来の技術が今に伝わっていることを実感できます。

三井記念美術館「仏像の姿

企画としてとても面白い「仏像の姿」展です。混雑以外には、車椅子での鑑賞に大きな問題はありません。

三越日本橋本店「写真展 天皇皇后両陛下」バリアフリー情報

○ご成婚からの貴重な写真記録の展示会

「写真展 天皇皇后両陛下 ともに歩まれた60年」が始まりました。三越日本橋本店での開催期間は2019年1月23日から28日。入場は無料。以後、全国に巡回する予定です。

写真展 天皇皇后両陛下

○展示構成内容

写真記録の期間はご成婚以来の60年間ですが、展示構成はテーマ別です。

展示は8章から構成されます。「ご成婚」「お二人で始められた新たなご公務」「様々な儀式と行事に臨まれて」「引き継がれた伝統とご日常」「平和への祈りと旅」「世界の国々とのご交流」「ご家族との日々」「両陛下のお幸せを願って」。

写真だけではなく、様々な公式会見での両陛下のお言葉の展示もあります。

写真展 天皇皇后両陛下

○両陛下もご来場

報道によると、2019年1月26日の夜に、両陛下がご来場されたそうです。

○写真集の販売も

写真展開催記念出版として、展示される約200点の写真を掲載した写真集が刊行されました。会場で購入することができます。

写真の監修は、宮内庁侍従職です。

4月下旬にかけて、全国での巡回スケジュールが公表されています。三越日本橋本店新館7F会場は、バリアフリーで車椅子での見学に大きな問題がありませんでした。

三井記念美術館三井家のおひなさま展2019 バリアフリー情報

○恒例企画の新企画

三井記念美術館の「三井家のおひなさま」展。2019年は2月9日から4月7日の開催です。今年の新企画は、人形製作の分野で初の人間国宝になった「平田郷陽」氏の市松人形などの作品展示。氏の作品が24点展示されます。

三井記念美術館「三井家のおひなさま

○障害者減免あり

「三井家のおひなさま」展は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入観料が無料に減免されます。

三井本館1Fの階段部は、車椅子では昇降機の利用になります。インターフォンでビル管理センターに連絡してください。

三井記念美術館「三井家のおひなさま

○美術館内はバリアフリー

美術館は三井本館の7Fにあります。専用エレベーターを利用して美術館へ。受付で手帳を提示して入館します。

7F館内はすべてフラット構造。高品質な障害者用トイレの用意があります。

館内はとても静かな空間です。騒いでしまうタイプの障がいのある方は、この点は注意して下さい。

三井記念美術館「三井家のおひなさま

○最初は茶の湯の道具から

展示室1から3までは「茶の湯の道具」の展示です。展示作品はすべて三井記念美術館の所蔵品。三井家に伝わるお宝です。

三井記念美術館「三井家のおひなさま

○お雛様は展示室4

展示される雛人形は、例年通り三井家三人のお嬢様の雛人形。明治、大正、昭和初期の名工による作品です。展示室4は、ひな人形でいっぱいです。

三井記念美術館「三井家のおひなさま

○展示室7は市松人形展

2019年の企画、人間国宝「平田郷陽」氏の作品展は、展示室5から始まります。展示室6と展示室7は、すべての展示が平田郷陽作の人形。特に広いスペースの展示室7は、迫力の展示。市松人形は着せ替え人形、人形衣装の展示は派手です。

2019年は新企画が登場しました。すべての展示は車椅子で鑑賞できます。