東京日本橋タワーの商業フロア 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

東京都中央区の「東京日本橋タワー」は、2015年に竣工したビルで、現在のところ1FとB1に商業店舗があります。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

東京日本橋タワー

○日本橋交差点の新ランドマーク

35階建ての複合ビルです。B2には1300人収容可能なイベントホール。B1から3Fまでのフロアは商業施設。4Fと5Fはコンファレンスセンター。7Fから最上階35Fはオフィスビルです。

現在のところB1でグルメ店とカフェ、CVSが営業中。

東京日本橋タワー

地上階には独立棟で和紙の老舗「榛原」と、県アンテナショップ「ここ滋賀」が営業しています。

和紙の老舗「榛原」

和紙の老舗「榛原」

○車椅子でのアクセス

現時点では地下駐車場の一般営業はおこなっていません。

日本橋駅は改良工事中です。現時点では銀座線の日本橋駅から、地下で直結しています。

 

○施設のバリアフリー状況

B1と1Fのメイン動線はエスカレーターですが、エレベーターが1基用意されています。

また「ここ滋賀」内にもエレベーターがあります。

障害者用トイレは、B1商業フロアに用意されています。

東京日本橋タワー

○1F広場でイベント開催も

「榛原」の前から「高島屋新館」方面にかけて広いスペースがあり、これまでに様々なイベントが開催されています。

東京日本橋タワー

東京日本橋タワーの商業フロアは、車椅子で利用できるバリアフリー設計です。

エレベーターがある日本橋船着場 車椅子乗船バリアフリー情報

東京都中央区の「日本橋船着場」は、エレベーターとスロープがあり、車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

 

○日本橋川の桟橋

日本橋の下を流れる川は日本橋川。そこにある乗船桟橋が「日本橋船着場」です。

2011年の改修で、船着場までのルートがバリアフリーになりました。

日本橋の横にあるエレベーターで川べりに下り、そこから桟橋へ緩い傾斜のスロープが用意されています。

日本橋船着場

日本橋船着場

○車椅子OKの観光船

複数の事業者が小型観光船によるクルージングを運行しています。

車椅子で乗車可能と案内される船が増えました。現時点での主な船を紹介します。

・乗合船「ジール・クルージンズ」

・乗合船「東京湾ライナー」

・チャーター船「川めぐりクルーズコース」

 

○主な観光コース

東京湾方面コースは、レインボーブリッジからお台場方面へ。

神田川方面コースは、水道橋、御茶ノ水など通る都心部観光。

隅田川方面コースは、橋をめぐりながら浅草、東京スカイツリーに近くまで。

小名木川方面コースは、清州橋から深川方面を楽しみます。

日本橋船着場

利用者の障がいの状況にもよりますが、日本橋の発の観光クルーズの中には、車椅子で楽しめる船とコースがあります。

三井記念美術館「高麗茶碗」展 車椅子で観覧 バリアフリー情報

東京都中央区日本橋、三井記念美術館の企画展「茶の湯の名碗 高麗茶碗」に車椅子で行きました。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

会期は2019年9月14日から12月1日です。

 

○アクセス方法

日本橋三井タワーは、三越前駅から地下で直結します。またコレド室町テラスの開業後は、JR新日本橋駅からも地下で直結しました。

コレド室町の地下駐車場、コレド室町テラスの地下駐車場からも地下で直結します。

日本橋三井タワー1Fアトリウムにある美術館の入口は階段です。車椅子では横にある昇降機の利用になります。インターフォンで管理センターに連絡をして、スタッフに操作していただく運用です。

そこから先はバリアフリーです。専用エレベーターで7Fの美術館に直行します。

三井記念美術館

○障害者減免制度

三井記念美術館の企画展は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の観覧料が無料に減免されます。

美術館入口で障害者手帳を提示する運用です。

三井記念美術館

○展示のバリアフリー状況

館内の床面はフラットで車椅子での移動に問題はありません。

障害者用トイレは有料展示室内にはなく、パブリックゾーンに1つ用意されています。大型のユニバーサルベッドはありません。

7つの展示室に計125碗が展示されています。第六展示室以外は、すべてが茶碗の展示です。

ほとんどの展示品は、車椅子からの目線と同じ高さの位置に展示されています。したがって車椅子からは、ほぼ真横からの鑑賞になります。茶碗の中を鑑賞したい方は、安全には注意して、座面を高くするクッションなどを利用すると良いかと思われます。

一部の展示品は、車椅子目線で斜め上から鑑賞出来る高さにあります。

展示のバリアフリー状況

○高麗茶碗の分類

侘茶の茶碗として室町時代の末期から江戸時代にかけて流行した高麗茶碗。当初は16世紀の朝鮮で焼かれた茶碗が見立てられて使われていました。

17世紀以後になると、日本人の好みに合わせて焼かれた日本向けの茶碗が登場します。

「高麗茶碗」展では、大きくこの2つの分類に基づいて、高麗茶碗が展示されています。

高麗茶碗

三井記念美術館「高麗茶碗」展は、車椅子で十分に楽しめる企画展です。何らかの方法で座面を高く出来る車椅子利用者は、少しでも高い位置から鑑賞すると茶碗の内側までみることができます。