車椅子で行く日本橋~福徳の森

日本橋に誕生した鎮守の森「福徳の森」では、車椅子で参加できる様々なイベントが開催されます。主な恒例イベントの様子を、まとめてご紹介します。

日本橋~福徳の森

春~日本橋桜フェスティバル

春の恒例イベントです。「福徳神社」では「桜みくじ」。桜色のおみくじで、みくじかけに設置された桜の枝に結び、おみくじで社を満開にする企画。初穂料は100円です。

日本橋~福徳の森

桜屋台は、仲通りと浮世小路に約20店が出店。日本橋地元店やコレド室町のお店、そして三越も出店。

日本橋~福徳の森

仲通りは「SAKURA TUNNEL」が登場。17:30から20:00の間は映像音響演出が行われます。夜の仲通りは光と音と水も飛び散る演出。福徳の森は桜の花びらが舞い散る演出。ライトアップというよりも、光のショー。力の入った演出です。

 

夏~ECO EDO 日本橋

夏のイベント。2008年から始まった、今や伝統のイベントです。浴衣、金魚、提灯。お江戸日本橋モチーフで企画が繰り出されます。大行列が出来る人気イベントが「アートアクアリウム」です。

日本橋~福徳の森

福徳の森では縁日。ヨーヨー釣り、金魚すくい、射的・・・。高さ4mのやぐらが組まれ、盆踊りやDJパフォーマンスが行われます。連日11時から20時の開催。懐かしい夏祭りが再現されます。

日本橋~福徳の森2018年夏は「金魚すくい」と「金魚売り」です。風鈴の小道も登場しました。

車椅子で行く日本橋~福徳の森

車椅子で行く日本橋~福徳の森

車椅子で行く日本橋~福徳の森

車椅子で行く日本橋~福徳の森

秋~日本橋 熈代祭

秋のイベントは2016年から始まった企画。「熈代」。難しい言葉です。「熈(かがや)ける御代」という意味。1800年頃の日本橋を描いた「熈代勝覧(きだいしょうらん)」という絵巻の存在が確認されています。日本橋~福徳の森

企画コンセプトは、伝統文化や芸能。和の日本橋テイストです。着物の人大集合写真会、南京玉簾他の江戸芸能パフォーマンス、提灯や行燈のデコレーション。そして日本酒呑み放題。夏の金魚の延長線上のコンセプトです。

日本橋~福徳の森

各種の出し物が行われるステージは、福徳の森に開設。このステージは小さくて観客席も少ない。福徳の森内は屋台も出店しているので混雑。車椅子では近づくことは難しい状況になります。元々しっかり観るためのステージではなく、周囲の雰囲気を盛り上げるためのモノなのでしょう。

日本橋~福徳の森

 

冬~福徳願いの森

冬のイベントは日本橋の鎮守の森で、本物の流れ星をリアルに体験するイルミネーションイベント。福徳の森がイルミネーションで彩られ、福徳神社のライトアップとコラボ。見ようによっては“千と千尋”の世界のような夜景が広がる異空間。そこで本物の流れ星をリアルに体験する科学的なイベントです。

日本橋~福徳の森

日本各地の観測局のデータを集積し、リアルタイムで流れの星を検出するシステム「Meteor Broadcaster」を導入。福徳の森イベント広場に、中型ディスプレイ等を設置して、ただ今現在の日本上空流れ星状況を表示します。

日本橋~福徳の森

 

福徳の森~こぼれ話

福徳の森は日本橋に誕生した広さ1,000㎡超の鎮守の森。2016年9月28日に、森開きが行われました。

日本橋~福徳の森この造園を担当した榊原氏は、東京ミッドタウンの檜町公園、六本木ヒルズの毛利庭園などを手掛けた実績のある造園家。ライトアップ照明を手掛けた内原氏は、虎ノ門ヒルズ、羽田国際線ターミナルなどの照明を手掛けた有名デザイナーです。

日本橋~福徳の森

「福徳の森」の植栽は、2つのゾーンに分かれて設計。「福徳神社」側は、クヌギやモミジが中心の「福徳の森を象徴するみどり」。「薬祖神社」側は、シダレザクラやシダレウメが中心の「名所を華やかに彩るみどり」。春の梅や桜、秋の紅葉が、日本橋で楽しめます。

日本橋~福徳の森

バリアフリー施設、コレド室町とYUITOに囲まれた福徳の森。車椅子で楽しく利用できる鎮守の森。四季のイベントに車椅子で参加できます。