東京の車椅子散歩 麻布山善福寺 バリアフリー情報

東京都港区麻布の善福寺は、都内では浅草寺に次ぐ古い歴史があると伝承される名刹です。境内へは坂道を上りますが、車椅子でのお参りは可能です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年9月の取材に基づいています。

 

○歴史と見どころ

創建者は弘法大師。親鸞が訪れたことを契機に浄土真宗に変わった、と伝承されています。

織田信長に対抗した石山本願寺に、援軍の僧兵をおくった記録が残っています。

幕末には、ここ善福寺が初代米国大使公使館になりました。ハリス公司以下、米国スタッフの居住地はここでした。

本堂のバックにあるのは「元麻布ヒルズ」。タワー棟は29階建てです。

麻布山善福寺には、弘法大師と親鸞に関わる史跡、そして米国大使公使館の史跡、そしてタワーマンションをバックにした現代の風景があります。

歴史と見どころ

○アクセスの状況

麻布十番駅から徒歩圏内です。

境内の駐車スペースは信徒専用です。参道の入口にスペースに余裕があるコインパーキングがあります。

麻布十番方面からアクセスした場合、境内の入口付近まではアップダウンはほとんどありません。

境内に向かう最後の道が傾斜の強い上り坂です。車椅子では力が入ります。元気な介助者がいれば、なんとか上ることが出来るレベルの坂道です。

最後の道が傾斜の強い上り坂

○弘法大師の「柳の井戸」

最初の見どころは、弘法大師が杖をついたら清水が湧きだしたという井戸です。関東大震災や東京大空襲の際には、多くの都民の飲料になったと伝えられています。

現在でも少量ですが湧水が流れています。

そして井戸の横には柳があります。

「柳の井戸」は坂道の手前の参道にあり、車椅子から鑑賞出来ます。

弘法大師の「柳の井戸」

弘法大師の「柳の井戸」

○親鸞の「逆さ銀杏」

境内の「逆さ銀杏」は推定樹齢750年で、都内最大級の銀杏です。

この銀杏は、親鸞が土に刺した杖から生まれたという伝承で、枝が下に伸びて逆さに見えないこともない巨木です。

親鸞の「逆さ銀杏」

また墓地エリア入口には、大きな親鸞の立像が建てられています。像は段差の上で車椅子では行けませんが、境内からでも像を見ることは出来ます。

大きな親鸞の立像

○初代米国大使公使館の地

境内には米国大使公使館を記念する碑があります。

当時は攘夷の熱風が吹き荒れた時代。攘夷派の襲撃を受け、庫裏などが焼失しました。

ハリス公司以下は、寺の僧の手配で難を逃れたと伝えられます。

境内には米国大使公使館を記念する碑があります

○境内のバリアフリー状況

「逆さ銀杏」と米国大使公使館を記念する碑には、車椅子で近付くことができます。

境内には福沢諭吉夫妻のお墓、越路吹雪さんの歌碑がありますが、このエリアは段差があり、車椅子で近付くのは苦戦します。

境内の公衆トイレには障害者用トイレがあります。

境内のバリアフリー状況

○杉並区の善福寺との関係

善福寺といえば、東京都杉並区に同名の寺院があり、地名もあります。

杉並の善福寺は創建からの歴史が伝承されておらず、「麻布山 善福寺」との関係を示す確たる証拠はないそうです。

 

現在では幼稚園と葬儀場が目立ちますが、麻布山善福寺は歴史と伝承がある古寺です。坂道を上れれば、史跡が残る境内を車椅子でお参りできます。

仏系スーパー日本一号店 ビオセボン麻布十番店 バリアフリー情報

東京都港区麻布十番に、2016年12月9日に開店した、欧州で100店舗展開しているスーパーの日本一号店です。障害者用トイレはありませんが、店内はフラットで通路幅は余裕があります。車椅子での買い物は可能です。

「Bio c’ Bon 」で「ビオセボン」と読みます。「Bio」が仏語で「オーガニック=有機」のこと。「Bon」が「おいしい」。

「ビオセボン」は、2008年にパリで創業された新しいスーパーだということ。そして短期間に100店舗を達成。高品質な商品を低価格で提供する、普段使いのスーパーだという案内です。

店舗は麻布十番の元「ピーコック」です。改装されてイオン系ショップが入店。1Fの70%ほどが「ビオセボン麻布十番店」で、1Fには他に仏系冷凍食品専門店「ピカール(Picard)」の2号店が入店します。2Fはイオン系のドラッグストアです。

エレベーターが一基あり車椅子で2Fへ移動は可能です。

トイレは2Fですが障害者用トイレはありません。

「ビオセボン麻布十番店」の扱い品目は、オーガニック系の食材及び加工品、輸入雑貨や化粧品・ベビー用品などです。

売り方として特徴的なことは3つ。

一つは量り売り。野菜やドライフルーツなどは、セルフの量り売り方式です。

店内の中央部に開放的な円形カウンターを設置。カウンター内で、チーズをカットして盛り合わせパックを作り、各種のデリ食品を販売トレーに盛っています。そしてそのままカウンターで対面販売。試食も用意されています。カウンターの高さはそれほど高くもないので、車椅子での利用は可能です。

そして円形カウンターの隣に、スペース的に余裕のあるイートインスペースを配置。電子レンジも用意されています。麻布十番でこのスペースは貴重です。お弁当やサンドイッチも売っているので、ここで食事が出来ます。

以上、量り売り、円形カウンター、イートインの3つが、印象に残りました。

仏系冷凍食品専門店「ピカール」は、店は別でレジも別ですが、実態的には「ビオセボン」と「ピカール」で、非日本的な一つのショップを構成している印象です。

売り場面積に比例して、扱い商品数が多いのが特徴で、冷凍のエスカルゴなども販売されます。また、高額商品ばかりではなく、千円未満の商品が多数あります。

通路幅は広く、冷凍ケースの高さも低いので、車椅子でのお買い物は可能です。

ちょっと変わった冷凍食品を楽しく探せる売り場。「ピカール」専門店は、ここが日本2店舗目です。

車椅子で行く麻布 日進ワールドデリカテッセン バリアフリー情報

東京都港区東麻布のスーパーマーケット「日進ワールドデリカテッセン」が、2018年8月22日に新店舗へ移転しました。車椅子で買い物は出来るのか。新店舗のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年9月の取材に基づいています。

○旧店舗から徒歩1分

新店舗は旧店舗から徒歩1分。道の反対側です。新店舗は旧店舗の半分程度の敷地。3フロア構造で、1Fが駐車場、2Fが酒類売場、3Fが食品売場の構成です。

日進ワールドデリカテッセン

○駐車場の状況

店舗1Fの駐車場は5台収容で、内1台分が障害者用駐車区画です。現時点では、店舗隣接地にも露天駐車場があり、8台程度を収容。そして店舗裏側に隣接した20台程度を収容するコインパーキングと提携があり、店舗お買い上げ3千円以上で50分間の無料券がレジで渡されます。

車椅子利用者は、店舗1F内の障害者用駐車区画に停められれば最善です。満車の場合、駐車区画にスペース的な余裕があるのは提携コインパーキングです。ただし屋根はありません。

日進ワールドデリカテッセン

○エレベーターの状況

店内エレベーターは1基。駐車場内にあるエレベーターは業務用です。間違えないように、駐車場内に大きな案内掲示があります。エスカレーターは上りのみです。

○障害者用トイレの状況

トイレは2Fにあり、車椅子が入る大きな個室トイレがひとつ用意されています。

日進ワールドデリカテッセン

○店内の通路幅

旧店舗と比較して、2F、3Fとも店内通路幅は狭くなりました。空いてれば車椅子での店内回遊は可能ですが、混雑時はかなり苦戦する通路幅です。

カートは大型と小型が用意されています。

日進ワールドデリカテッセン

○3Fレジの行列

会計はフロアごと。3F食品売り場のレジは3台で、スタッフ1名で袋詰めまで行います。混雑時は商品棚前までレジ行列が発生。行列が出来ると、その通路は車椅子での通行は困難です。

日進ワールドデリカテッセン

新築店舗なので耐震性などの安全基準は満たしているはずです。スペースが狭いので、車椅子ではなるべく空いている時間帯の利用をお薦めします。