栃木県 道の駅ましこ 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

栃木県益子町の「道の駅ましこ」は、食と器の展示、移住の相談窓口などがある、益子の魅力を発信する施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年2月の取材に基づいています。

○合計7台の身障者用駐車区画

2016年に誕生した「道の駅ましこ」は、施設全体段差の無い構造です。

身障者用駐車区画は屋根無しで2か所に合計7台分を用意。

バリアフリートイレは屋外から利用するトイレに一つ。そして屋内トイレにも一つ。屋内トイレのバリアフリートイレはスペースが狭く、車椅子が一台入るといっぱいのサイズで、介助者と利用するのは難しいトイレ。足が悪く杖を使うレベルの人なら、使いやすいサイズのトイレです。

道の駅ましこ

○総合案内では不動産情報も

総合案内は「ましこのコンシェルジェ」。観光案内、シーズン中は「イチゴ狩り」の受付、レンタサイクルの手配などを行います。また「移住・定住サポート」も担当。住居の不動産情報の掲示があります。フラットな空間なので、車椅子での総合案内の利用は可能です。

道の駅ましこ

○企画展示が楽しい

館内にはゆったりしたスペースに「益子の手仕事」を紹介する企画展示コーナーがあります。2019年2月は、益子焼の器を使った地元レストランのメニューを展示。益子焼の技とシェフの腕、そして食材の良さが伝わる企画です。

道の駅ましこ

また館内には「作家棚」があり、益子焼の作家150人のカップが展示されています。

道の駅ましこ

いずれもフラットでスペースにゆとりがあるので、車椅子からの鑑賞は可能です。

 

○レストランはバリアフリー

益子の食材を活かし、益子焼の器を使用する食事処は「おもてなしカフェレストランましこのごはん」。店内はフラット、可動式のテーブルと椅子席なので、車椅子での利用は可能です。フラットなテラス席もあります。

ランチメニューでは、ごはん、お味噌汁、お茶はセルフサービスです。

道の駅ましこ

○ショップは「ましこのマルシェ」

ショップの品揃えは多種多彩。工芸品から加工品、お菓子、農産物と、地元の産品が並びます。ジャムやドレッシング、プリンなど、オリジナル企画商品も積極的に開発。通路幅に余裕があるので、多少の混雑程度なら車椅子で買い物ができます。

道の駅ましこ

○建物を楽しむ

建築物としても見る価値があります。木と土と煉瓦。栃木、益子の魅力を表現した建築デザインです。什器やゴミ箱なども注目です。

道の駅ましこ「道の駅ましこ」は、上質で上品な益子の魅力を発信するバリアフリー施設です。トイレを介助者と利用する車椅子利用者は、屋外から利用するトイレの利用をお薦めします。

車椅子で行く焼き物の町「益子」バリアフリー情報

益子町は、多くの窯元があり、陶芸品のショップが並び、大規模な益子焼共販センターがあり、そして陶芸美術館がある、焼き物の町です。車椅子で行く益子町。益子焼関連施設を中心に、現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年に執筆しました。

○町中心部のバリアフリー概況

益子町はバリアフリー化に力を入れています。いくつもの窯元ショップが並ぶ「城内坂」沿道には、複数の公衆トイレがありバリアフリートイレが併設されています。

また「城内坂」の歩道は、まずまずの整備状況で、段差のないバリアフリー仕様ではありませんが、広さがあり路面のデコボコなどはあまりありません。「坂」ですから緩やかな傾斜路ですが、車椅子での散策が出来るレベルの傾斜です。

 

○陶器市は大混雑

春と秋の「陶器市」は人気です。この期間に車椅子でお出かけする場合は、周辺道路の渋滞や駐車場の満車、イベント会場の混雑などを覚悟して下さい。

 

○駐車場の状況

「陶器市」期間以外の、通常時の駐車場の状況です。町の中心部に近い無料駐車場は、町営が4か所、共販センターの駐車場が第一から第四まであります。

4か所の町営無料駐車場は、中心部までやや距離があり、且つ収用台数が30台、40台、50台、150台です。

車椅子利用者にお薦めなのは「益子共販センター」裏手の「共販センター第三駐車場」です。「新館」と呼ばれている建物の裏にある450台収容の駐車場で、新館前に身障者用駐車区画があります。もっともフラットな上、アクセスがバイパス方面からになるので、空いている確率が高い駐車場です。

 

○「益子共販センター」のバリアフリー状況

益子焼の陶芸品ショップが並ぶ「城内坂」。その中心施設が、日本一の大たぬき「ぽんたくん」がシンボルの「益子共販センター」です。

第一駐車場を中心にコの字型に建物が配置されています。9つのほどの建物があり、5つの建物には2F・3Fがありますが、エレベーターはありません。日本一の大たぬき「ぽんたくん」は第一駐車場の出入口近にあり、記念撮影用の簡単なセットが用意されています。バリアフリートイレは、第一駐車場の横に設置されています。

第三駐車場から「新館」へは、ほぼバリアフリーに入ることができます。日用品系の益子焼商品、新鮮野菜などの産直品や加工食品、地元の銘菓などが販売されている「益子共販センター」内では最大規模の建物です。店内1Fは、車椅子で利用できます。

店内を抜けて第一駐車場側にでると、簡易タイプのテーブルや椅子が幾つか置いてある、「屋外休憩コーナー」があります。飲食は自由。ここはフラットで椅子やテーブルは可動式なので、車椅子で利用できます。

車椅子で行く焼き物の町「益子」バリアフリー情報

○「益子陶芸美術館」のバリアフリー状況

益子の代表的な文化施設が「陶芸メッセ・益子」で、その中核施設が「益子陶芸美術館」です。美術館は1993年に開館した施設ですが、バリアフリーで車椅子での利用は可能です。有料の「益子陶芸美術館」と「笹島喜平館」の入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助人1名が無料に減免されます。

車椅子利用者は車の利用が便利。アクセスルートは、「益子共販センター」の第三駐車場が起点です。途中に4か所ほど一般駐車場があり、最後の4番目の駐車場を過ぎて、いましばらく進むと美術館に到着します。美術館の正面入り口前に、縦列駐車で2台分の身障者専用駐車スペースがあります。

車椅子で行く焼き物の町「益子」バリアフリー情報

「益子陶芸美術館」は、コの字型に配置された2F構造で常設展と企画展のコーナーがあり、定期的に展示物が入れ替わります。館内にはエレベーターが1基ありフラット構造。車椅子での鑑賞に問題はありません。

車椅子で行く焼き物の町「益子」バリアフリー情報

コの字型の正面からみて左側は、ミニ展示室と喫茶、土産物のコーナー。益子焼も売っています。バリアフリートイレは喫茶コーナーの隣にあります。

隣接する「笹島喜平館」へは、バリアフリーに移動できます。「笹島喜平館」内は小さな展示室があり、棟方志功氏の弟子、木版画家の笹島喜平氏の作品が展示されています。館内はバリアフリーで、車椅子での利用に問題はありません

車椅子で行く焼き物の町「益子」バリアフリー情報

「益子陶芸美術館」は山頂。山の中腹に「陶芸メッセ・益子」の施設として、益子焼の名工濱田庄司氏が住んでいた邸宅を移築した「旧濱田庄司邸」。濱田庄司氏が生前愛用していた焼き窯を移築復元した「登り窯」。そして「陶芸工房」があり、バリアフリーではありませんが、車椅子でも眺めることはできます。近くに駐車スペースがあるので、無理のない範囲なら車椅子から鑑賞できます。

 

○道の駅などの施設状況

陶器以外の観光なら「道の駅ましこ」の利用がお薦めです。2016年に開業した道の駅で、バリアフリーです。

車椅子で行く 道の駅ましこ バリアフリー情報

この他に真岡ICから益子を目指す通り道に「JAはが野益子フレッシュ直売所」があり、昔ながらのタイプの産直ショップですが決定的な段差などはないので、車椅子での利用は可能です。公衆トイレにはバリアフリートイレがあります。

車椅子で行く焼き物の町「益子」バリアフリー情報

JAはが野が運営する「観光いちご団地」は、時間無制限でいちご狩りが楽しめるいちごハウス。東京ドーム一個分の広さに、111棟のいちごハウスがありますが、バリアフリー仕様ではありません。

車椅子で行く焼き物の町「益子」バリアフリー情報

「益子陶芸美術館」はバリアフリーレベルが高く、車椅子利用者にお薦めできます。「益子共販センター」は、段差や傾斜があるので注意して利用して下さい。「道の駅ましこ」は新しくてバリアフリーな施設です。