狭山湖(山口貯水池)車椅子散策ガイド バリアフリー情報

埼玉県所沢市などにまたがる多摩湖と狭山湖は、昭和初期に造られた人造湖です。周辺には西武球場や西武園があり、また林や里山が残るエリアは「トトロの森」として整備が進みました。

美しい湖面の風景が楽しめる多摩湖と狭山湖ですが、未舗装路、段差路、アップダウンが激しい地形などに阻まれて、車椅子でアクセス可能なルートは限定的です。

車椅子利用者が、景観を楽しめる地点に簡単にアクセスできるのは、車を利用した狭山湖ルートです。現地の状況を紹介します。

狭山湖(山口貯水池)

〇狭山湖第2駐車場を利用

狭山湖沿いには第1と第2の2つの有料駐車場が整備されています。どちらにも障害者用駐車スペースが用意されています。駐車料金の障害者減免制度はありません。

北岸の第1駐車場からは、未舗装路面が続き、また途中には車椅子が通行できない幅の柵があるので、現在車椅子で狭山湖に向かうことができません。管理事務所に近い、所沢市狭山湖第2駐車場を利用します。

狭山湖(山口貯水池)

〇横断歩道がない道を横断

狭山湖第2駐車場から歩行者通路を通り、車道に出ます。狭山湖に向かうには、この道路を横断しなくてはなりません。歩道は未整備で、交通量が多いカーブ地点です。信号も横断歩道もないので、車が途切れた時に、車椅子で横断しなくてはなりません。また一部路面が荒れてデコボコがあります。この危険な横断が唯一の問題です。

狭山湖(山口貯水池)

〇園地入口の車止めを通過

狭山湖側の園地内は、舗装散策路が整備されています。その入口に、車椅子でカーブを回るタイプの車止めがあります。一般的な車椅子なら通過できますが、大型の車椅子で小回りが利かないタイプの場合、苦戦するかもしれません。

狭山湖(山口貯水池)

〇堤体方面へ移動

管理事務所の横を通る園地内散策路を進みます。ある程度進むと、狭山湖がちらちら見えるようになります。堤体に向かい進むと、徐々に狭山湖が現れます。

狭山湖(山口貯水池)

若干の坂道を上がると堤体の上に出ます。

狭山湖(山口貯水池)

ここから狭山湖を象徴する森と湖面と第一給水塔の風景を楽しむことができます。

狭山湖(山口貯水池)

堤体の上はフラットな舗装路面です。その気になれば、見える限りの先まで車椅子で移動できます。

狭山湖(山口貯水池)

〇トイレの状況

園地内の公衆トイレには、バリアフリートイレが1つ用意されています。ただしトイレとしては、あくまで公衆トイレの品質です。

狭山湖(山口貯水池)

横断歩道のない道を渡る危険はありますが、このルートであれば車椅子で狭山湖の景観を楽しむことができます。

(本稿は2021年3月に執筆しました)

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム バリアフリー情報

埼玉県所沢市に2020年に誕生した話題の施設です。ところざわサクラタウン全体と、核施設である角川武蔵野ミュージアムのバリアフリー状況を紹介します。隣接地では現在、所沢をテーマに大型新施設の建設が進められています。近未来には、更に拡大発展することが期待される新しい街です。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

○駐車場の状況と車椅子でのアクセスルート

東所沢駅から徒歩10分の案内です。

駐車場は、施設内にあるのが第1駐車場です。一般車両の収容は106台。珍しいケースですが、右折入庫が正規ルートです。

入庫すると施設の屋内駐車スペースに出ます。この屋内部は、障害者用駐車スペースもありますが、関係者用の駐車場です。一般車両はその先の屋外スペースに誘導されます。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

第1駐車場の屋外スペースにも、障害者用駐車区画が用意されています。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

屋内部に車椅子マークの乗降場所が用意されているので、雨天でも安心です。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

今回取材時、第1駐車場は満車でした。車椅子利用を相談すると、第2駐車場ではなく、第3駐車場の利用を薦められました。フラットな舗装路を約100m進む距離で、障害者用駐車区画があります。

駐車場は有料で、ところざわサクラタウンの一部の店舗では、利用金額に応じた駐車料金のサービスがあります。角川武蔵野ミュージアムは、駐車サービスはありません。

第1駐車場または第2駐車場、第3駐車場、いずれの駐車場を利用した場合でも、車椅子でのアクセスルートは共通です。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

第一駐車場の屋外から、関係者用の屋内駐車場に移動して、そこにあるエレベーターを利用します。問い合わせが多いようで、エレベーターの簡易な案内書が現地に複数設置されています。エレベーターで角川武蔵野ミュージアムのエントランスなどがある、ところざわサクラタウンの2Fに上がることができます。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

○角川武蔵野ミュージアムのバリアフリー状況

2Fがエントランスです。角川武蔵野ミュージアムの観覧料は、障害者減免制度はありません。総合インフォメーションで入館手続きを行います。現在のところ、観覧は入館時間予約制です。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

各フロアはフラット構造で、館内のエレベーターは大型、障害者用トイレはほぼ各階に用意されています。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

2F全体、車椅子での利用に大きな問題はありません。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

各フロアの展示コーナーは車椅子で観覧可能です。手の届かない高い場所の本は、スタッフに相談すると対応していただけます。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

4Fと5Fは階段で移動するのが通常ルートで、階段にも本の展示があります。ここは車椅子で利用できません。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

本棚劇場で30分毎に開催される、プロジェクションマッピングは車椅子で鑑賞できます。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

4Fの企画展示室はバリアフリー仕様です。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

5Fのギャラリーも バリアフリー仕様です。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

2Fのショップなどもバリアフリー。角川武蔵野ミュージアムの館内は、車椅子で大きな問題なく利用できます。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

○武蔵野令和神社の状況

社殿全体は大きな屋根が特徴です。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

神社は車椅子で参拝可能です。鳥居が建ち並ぶ参道を通行します。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

拝殿はこのような設計です。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

手前は大鳥居。その先は絵馬かけです。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

○記念撮影スポット

エレベーターでサクラタウンの3Fに上がると、このような記念撮影スポットがあります。角川食堂があるフロアです。もちろん車椅子で、ここまで移動可能です。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

○話題の店舗をピックアップ

「LOVE埼玉パーク」は、埼玉のPRショップです。それほど広いお店ではありませんが、問題なく車椅子で利用できます。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

「ラーメンWalkerキッチン」は、カウンター席のお店です。

「ダ・ヴィンチストア」は書店です。段差はありませんが、店内の通路はあまり広くはありません。混雑していると、車椅子での移動は苦戦します。現在のところ、2ヵ所ある出入口が、それぞれ入口と出口に指定されています。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

新しい施設だけに「ところざわサクラタウン」はバリアフリーです。高低差のある土地を活用した施設なので、車椅子では上手にエレベーターを利用して、アップダウンを回避して下さい。

ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム

(本稿は2021年1月に執筆しました)

車椅子で行く多摩湖 掬水亭 バリアフリー情報

多摩湖の景観が楽しめるホテル&レストラン「掬水亭」は、車椅子での利用にいくつか注意すべき点があります。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年10月の取材に基づいています。

 

○西武遊園地のお隣

貯水池「多摩湖」の湖畔に建つ施設です。場所は西武遊園地の隣。6F構造で、眺めの良い最上階は中華料理のレストラン。1Fと2Fの大浴場は、日帰りでも利用できます。

掬水亭

○駐車場のバリアフリー状況

「レオライナー」の「遊園地西」駅からは徒歩1分ですが、1Fエントランスまでは急坂があるので、車椅子利用者は車の利用が便利です。

専用駐車場があり収容台数は40台。障害者用駐車区画はありません。駐車スペースの多くは狭く、かつ傾斜路面なので、健常者がドライバーの場合は、車椅子利用者はエントランス前での乗降をお薦めします。

 

○障害者用トイレは1F

館内への出入口は自動ドア。1Fは受付やお土産コーナー、喫茶などがあり、段差構造箇所は全てスロープ対応です。

掬水亭

障害者用トイレは、レストランフロアには無く1Fだけです。車椅子でのレストラン利用の際は、この点はご注意ください。

掬水亭

○レストラン展望席は2段下

6Fのレストランは、多摩湖を見下ろす眺望が素晴らしいお店です。ただし窓際の席へは2段の段差があります。テーブル席からでも眺望が楽しめるので、段差が無理な方は段差のない席を利用してください。週末は混むので予約がお薦めです。予約時に、車椅子利用と障がいの状況をスタッフに相談してください。

掬水亭

○日帰り温泉は一般的なフラット状況

日帰り温泉施設は、車椅子のための特別な設備はありませんが、手すりの設置など一般的なバリアフリー仕様です。介助歩行が可能な方なら、利用出来ると思います。障がいの状況をスタッフに相談してください。

お風呂は、狭山茶を配合した天然色素のオリジナルパウダーを使用。名称は「狭山の茶湯」です。

掬水亭

「掬水亭」は古い施設ですが改装されています。車椅子でのレストラン利用は可能です。スタッフに障がいの状況を事前に相談して、適切な対応をお願いして下さい。