車椅子で行く多摩湖 掬水亭 バリアフリー情報

車椅子で行く多摩湖 掬水亭 バリアフリー情報

多摩湖の景観が楽しめるホテル&レストラン「掬水亭」は、車椅子での利用にいくつか注意すべき点があります。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年10月の取材に基づいています。

 

○西武遊園地のお隣

貯水池「多摩湖」の湖畔に建つ施設です。場所は西武遊園地の隣。6F構造で、眺めの良い最上階は中華料理のレストラン。1Fと2Fの大浴場は、日帰りでも利用できます。

掬水亭

○駐車場のバリアフリー状況

「レオライナー」の「遊園地西」駅からは徒歩1分ですが、1Fエントランスまでは急坂があるので、車椅子利用者は車の利用が便利です。

専用駐車場があり収容台数は40台。障害者用駐車区画はありません。駐車スペースの多くは狭く、かつ傾斜路面なので、健常者がドライバーの場合は、車椅子利用者はエントランス前での乗降をお薦めします。

 

○障害者用トイレは1F

館内への出入口は自動ドア。1Fは受付やお土産コーナー、喫茶などがあり、段差構造箇所は全てスロープ対応です。

掬水亭

障害者用トイレは、レストランフロアには無く1Fだけです。車椅子でのレストラン利用の際は、この点はご注意ください。

掬水亭

○レストラン展望席は2段下

6Fのレストランは、多摩湖を見下ろす眺望が素晴らしいお店です。ただし窓際の席へは2段の段差があります。テーブル席からでも眺望が楽しめるので、段差が無理な方は段差のない席を利用してください。週末は混むので予約がお薦めです。予約時に、車椅子利用と障がいの状況をスタッフに相談してください。

掬水亭

○日帰り温泉は一般的なフラット状況

日帰り温泉施設は、車椅子のための特別な設備はありませんが、手すりの設置など一般的なバリアフリー仕様です。介助歩行が可能な方なら、利用出来ると思います。障がいの状況をスタッフに相談してください。

お風呂は、狭山茶を配合した天然色素のオリジナルパウダーを使用。名称は「狭山の茶湯」です。

掬水亭

「掬水亭」は古い施設ですが改装されています。車椅子でのレストラン利用は可能です。スタッフに障がいの状況を事前に相談して、適切な対応をお願いして下さい。