車椅子で立ち寄る 諏訪湖SA バリアフリー情報

中央自動車道のサービスエリア(SA)「諏訪湖SA」は、「恋人の聖地」があり、車椅子で諏訪湖を見下ろす眺望が楽しめます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年1月の取材に基づいています。

○下りSAは段差構造

諏訪湖SAは眼下に諏訪湖を見下ろす眺望が魅力です。上りSAに続き、下りSAも施設はリニューアルされましたが、今でも正面入口から入ると段差があります。車椅子利用者はトイレ棟と施設棟の中間にあるスロープルートを利用してください。

諏訪湖SA下り

○屋内からの眺望

段差回避スロープを利用する必要はありますが、SAですから車椅子での利用に大きな問題はありません。

諏訪湖SA下り

諏訪湖SA下り

施設内にはフードコートとレストランがあります。どちらからも窓越しに、諏訪湖の絶景が楽しめる下りSAです。

諏訪湖SA下り

諏訪湖SA下り

○屋外は恋人の聖地

屋外のテラスは「恋人の聖地」に認定されています。上りSAも同様です。下りSAの方が高い位置にあるので、その分少しだけ視界が広いはず。恋人の聖地は車椅子で問題なく利用することが出来ます。

諏訪湖SA下り

○上り下りで市が違うSA

諏訪湖SAは、上り線は諏訪市、下り線は岡谷市です。

車椅子で行く諏訪~バリアフリー観光情報

数多くの観光スポットがある諏訪。その中から、車椅子でのドライブで立ち寄りたい観光スポットのバリアフリー状況を、上諏訪方面から下諏訪方面へ行くルート順に紹介します。

 

 

○諏訪市博物館

1990年開館。諏訪大社上社本宮前に建ち、諏訪の象徴である「御柱祭」と「御神渡り」を中心に諏訪の歴史と民俗を紹介します。

障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が半額に減免されます。2階建て構造でエレベーターあり。段差はスロープ対応有り。障害者用トイレ有り。駐車場は無料で、障害者用駐車区画の用意があります。

メインの展示場は2Fです。展示室1は諏訪の歴史、展示の中心は「諏訪大社」と「御柱祭」です。展示室2は民俗。展示の中心は、諏訪湖の「御神渡り」です。

1Fには「世界の蝶」の展示室があります。その数約2,000頭。長野の蝶の標本もあります。

諏訪~バリアフリー観光情報

 

○SUWAガラスの里とJAショップ

「SUWAガラスの里」は、美術館、土産ショップ、レストランからなる複合施設です。美術館は、1992年の開館当時は「ルネ・ラリック美術館」。次は「北澤美術館新館」と変遷しています。駐車場は無料で、障害者用駐車区画はあります

館内への入口は、レストラン寄りと美術館正面の2か所。レストランは1Fの高さで、入口からそのまま車椅子で利用可能。レストラン横の奥に、障害者用トイレがあります。

土産ショップは半地下構造で、車椅子では係員に操作していただく昇降機を利用します。

2012年に改装オープンした美術館は2Fで、エレベーターがあります。

諏訪~バリアフリー観光情報

隣接してJA系産直ショップ「さざなみ新鮮市」と、同じくJA系の蕎麦屋兼惣菜屋の「さざなみ味工房」があります。どちらも木造平屋建ての小さな独立店舗。出入口のドアは手動。通路は車椅子でギリギリの幅ですが、品揃えは良く、安くて旨いものに出会えるJA系ショップです。

諏訪~バリアフリー観光情報

場所は諏訪湖畔。外の眺めは絶景です。諏訪湖の南岸は、諏訪湖の中で最も静かなエリア。上諏訪や下諏訪ほどの交通量はありません。自然の風景として諏訪湖を眺めるには、とてもよい場所です。

 

 

○蔵元ショップ セラ真澄

お酒好きの方にお薦めの施設です。欧州のワイナリーに触発された「蔵元ショップ セラ真澄」は1997年の開店。店舗内はバリアフリー。中庭へ自動ドアから出て、樹齢300年の松の横を抜けた店舗の裏手に障害者用トイレがあります。お店のコンセプトは「酒のある和やかな食卓」です。

駐車場は10台ほど収容する小さな駐車場が3カ所。お店の並びに2か所とお店の対面に1カ所です。いずれも障害者用駐車スペースの設定はありません。

大規模な店舗ではありません。そのため、「店内・駐車場のスペース」の問題で、団体の予約は「16名様まで」となっています。障害者の団体利用を検討する場合は、お店に事前相談を入れて下さい。

諏訪~バリアフリー観光情報

 

○丸高味噌之蔵

信州といえば味噌。酒蔵の次は車椅子で利用出来る味噌蔵の紹介です。

大正年代に造られた味噌蔵を活用したお店で、有形文化財に登録されています。駐車場は砂利路面で、店内へのアプローチはフラットとはいいがたい木製のスロープです。店内への車椅子での移動はやや苦戦します。

店内はフラットで通路幅もそれなりにあり、車椅子での売り場回遊は可能です。店舗を裏から出た外に、障害者用トイレがあります。

食事処は一段上がったお座敷スペースと、テーブルスペースがあります。テーブルスペースの中でも、車椅子で利用可能な可動式のテーブルと椅子の席は、2テーブルです。

ちなみに諏訪の味噌店で観光スポットとして有名なのは、豚汁で有名な「タケヤ味噌会館」ですが、施設は建物の2Fにあり、階段しかないので車椅子では利用できません。

諏訪~バリアフリー観光情報

 

○諏訪湖間欠泉センター

1日5回、5分間ほど最大で5mの間欠泉が吹き上がります。温泉の採掘により、自然に間欠泉が吹き始めたのが1983年。当時は世界第一位、最大50mの高さまで吹き上がりました。「諏訪湖間欠泉センター」が造られたのが1990年。施設完成後、温泉の自然噴出は停まってしまい、現在は人工的な間欠泉です。

駐車場は道を挟んだ反対側で、車椅子での利用は可能です。信号のある横断歩道を渡り、湖畔に建つセンター側へ移動。車道から1F入口へはスロープがあります。入館は無料です。

「諏訪湖間欠泉センター」1Fは、土産売店になっています。そして1Fの湖寄りが「温泉玉子作り」が体験できるコーナーですが、この温泉玉子コーナーに入るところは段差があり、スロープ板が置かれていますが、車椅子での移動は困難です。

1Fから湖畔に出るインとアウトの指定があるドアがあります。このドアの箇所に20㎝はある段差があり、車椅子では出入り出来ません。

車椅子では2F、3Fの諏訪湖を臨む展望コーナーから、間欠泉を見ることが出来ます。2Fからなら5mの高さの間欠泉が目の前。3Fからだと見下します。エレベーターは小型タイプですが普通の車椅子での利用は可能です。

この他にロケ地コーナー、花火紹介コーナー、オルゴールコーナーなどがあり、車椅子での見学に大きな問題はありません。

諏訪~バリアフリー観光情報

 

○万治の石仏(諏訪大社下社春宮)

岡本太郎氏が絶賛したことで有名になった石仏です。「万治3年(1660年)」と刻まれているのが名前の語源。巨大な石仏で胴回りは11m85cmということ。お顔は巨石からの削り出しで、石仏の背中は削りが入っています。作者は名もない石工ということ。太郎氏が称賛するまで、約300年間全く注目されなかった石仏です。

石仏に車椅子で会いに行くことが出来ます 駐車場は「下社春宮」の参拝者用無料駐車場を利用します。駐車場入口すぐの場所に障害者用駐車区画があります。

「境内から万治の石仏に行くことが出来ます」という掲示がありますが、アップダウンに加えて段差のある橋を通るルートです。「万治の石仏」へは境内に入らずに左手に進みます。ここから50mほどが狭い車道で歩道無しの生活道路で、車がかなり通る道を進みます。ここを抜ければ歩道のある道になります。

途中に「おんばしら館よいさ」という、御柱祭に関する資料館があります。2016年4月にオープンした有料の施設で、この施設の敷地内に無料で利用できる公衆トイレがあり、障害者用トイレが併設されています。

その先、川沿いの遊歩道へと右折。やや上り坂の遊歩道ですが、車椅子での移動が困難なほどの傾斜ではありません。途中に岡本太郎氏揮毫の碑があり、ほどなく「万治の石仏」に到着します。最後の直線10mがキツイ坂になりますが、それでも普通の車椅子利用者なら移動可能です。

ここまでは全て舗装路ですが「万治の石仏」の周囲は未舗装。この未舗装の周囲を廻って願掛けをします。未舗装なので雨上がりや雪霜の季節は悪路の可能性あり。舗装路からでも、正面からお顔を拝むことは出来るので、折角行ったのに車椅子では全く「万治の石仏」が拝めなかったということはありません。

諏訪~バリアフリー観光情報

 

○門前ひろば食祭館

諏訪大社下社秋宮から徒歩5分程の旧中山道沿いに、2010年に開業したドライブインです。下諏訪町の所有地に隣接する私有地も加えた1,600㎡の敷地に、地元民間団体が出資した施設。官民一体型の町興し施設です。2F構造で1Fの半分ほどがお土産コーナー、1F半分と2Fが食事処です。施設内に足湯と公衆トイレがありますが、これは下諏訪町が建設した公立施設です。

敷地内に駐車場があります。大型バス優先の駐車場で、普通車の収容台数は10台。障害者用駐車スペースもあるので、車椅子利用者はとりあえず敷地内駐車場を目指して下さい。満車の場合は、他の駐車場に誘導していただけます。

バリアフリー上の大きな問題はありません。お土産、食事に、車椅子で利用できます。

諏訪~バリアフリー観光情報

 

諏訪周辺の観光スポットは、車椅子で利用できない施設もあります。事前に現地の状況を確認して、行動計画を立てることをお薦めします。