昭和5年竣工 伊那市創造館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

昭和5年に建てられた旧伊那図書館が、平成22年に社会教育施設「伊那創造館」としてリニューアルオープンしました。学習室、講堂、そして2F に無料公開の常設展示室と企画展示室があり、伊那の歴史や文化を紹介しています。

伊那創造館

アクセスは伊那市駅から徒歩4分の案内。来館者用の駐車場はなく近隣の「いなっせ駐車場」が無料で利用できます。身障者用駐車スペースは伊那創造館の裏側に屋根付きで2台分用意されています。

伊那創造館

歴史的建造物の外観を眺めながらエントランスに向かいます。

伊那創造館

伊那創造館には整備された前庭があり、パブリックアートが展示されています。

伊那創造館

伊那創造館のエントランスに段差はなく、自動ドアを通り車椅子で入館できます。

伊那創造館

バリアフリートイレは1Fと2Fにあります。いずれも一般的なサイズの個室で、ウォシュレット付き便器が備えられています。

伊那創造館

上下階移動はエレベーターを利用します。普通サイズの車椅子が入る大きさのエレベーターです。

伊那創造館

2Fエレベーターホールにもアートが展示されています。

伊那創造館

常設展示室と企画展示室も段差のない構造。車椅子で見学できる展示室です。

伊那市創造館

常設展示室では古代からの伊那の歴史がなどを学ぶことができます。

伊那創造館

今回取材時、企画展示室では伊那の近代史が紹介されていました。いずれも車椅子で問題なく観覧できる展示です。

伊那市創造館

伊那市創造館の展示室は車椅子で観覧できます。

(本稿は2023年12月に執筆しました)

伊那の大型複合観光施設「かんてんぱぱガーデン」のバリアフリー情報を別稿で掲載しています。ご参照ください。

伊那 かんてんぱぱガーデン 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

約200種類の寒天製品を製造販売する伊那食品工業(株)が、地元長野県伊那市で運営する大規模な複合型観光施設。自社製品を販売するショップ、食のセレクトショップ、レストラン、そば処、花屋、美術館、多目的ホール、山野草園などがあります。敷地が広く、かつ傾斜地のため、車椅子利用者は目的の施設の近くの駐車場を利用することをお薦めします。

かんてんぱぱガーデン

自社製品のすべてが販売されている「かんてんぱぱショップ北丘本店」はガーデン内の低地部にあり、店舗エントランス前に身障者用駐車スペースが設けられています。

かんてんぱぱガーデン

バリアフリートイレはスペースに余裕がある個室で、ウォシュレット付き便器、ユニバーサルバッドが備えられています。

かんてんぱぱガーデン

店内には車椅子で利用できる休憩スペースがあります。

かんてんぱぱガーデン

休憩スペースには寒天を煮た昔のお釜などが展示されています。

かんてんぱぱガーデン

ショップから「北丘工場」製造ラインの工場見学ができます。

かんてんぱぱガーデン

見学用の窓は低い位置からあるので、車椅子から見学できます。

かんてんぱぱガーデン

「かんてんぱぱショップ北丘本店」2Fの高さに、レストランと花屋があり、ショップ内からエレベーターで移動できます。

かんてんぱぱガーデン

花屋「サンフローラ」のエントランスは段差解消スロープが設置されています。車椅子で利用できる店舗です。

かんてんぱぱガーデン

レストラン「ひまわり亭」は、洋食中心のメニュー。他に寒天レストラン「さつき亭」が営業しています。

かんてんぱぱガーデン

レストラン「ひまわり亭」内にもバリアフリートイレがあります。

かんてんぱぱガーデン

バリアフリートイレは一般的なサイズの個室で、ウォシュレット付き便器が備えられています。

かんてんぱぱガーデン

「サンフローラ」と「ひまわり亭」がある高地部にも駐車場があり身障者用駐車スペースが設けられていますが、駐車場から坂道を下るアクセスルートになるので、車椅子利用者は「かんてんぱぱショップ北丘本店」前の駐車場を利用して、エレベーターで高地部に上がるのが便利です。

かんてんぱぱガーデン

次に広域農道を渡った先の敷地にある美術館とセレクトショップの状況を紹介します。車で移動してそれぞれの駐車場を利用したほうが楽です。美術館のエントランスと同じ高さに駐車スペースがあります。

かんてんぱぱガーデン

美術館「野村陽子植物細密画館」は入館無料のバリアフリー施設。エントランスは幅広くフラットな自動ドアです。

かんてんぱぱガーデン

前庭は美しく整備されています。

かんてんぱぱガーデン

前庭を屋内から鑑賞できる休憩スペースが設けられています。

かんてんぱぱガーデン

館内のバリアフリートイレは一般的なサイズの個室で、ウォシュレット付き便器が備えられています。とても綺麗なトイレです。

かんてんぱぱガーデン

野村陽子植物細密画館から道を渡った先にある食のセレクトショップ「モンテリイナ」は、かんてんぱぱガーデン最新の施設。専用駐車場に身障者用駐車スペースが設けられています。

かんてんぱぱガーデン

2フロア構造の開放的なバリアフリー施設で、選りすぐりのフードやスイーツ、お酒、雑貨などを販売。お菓子やパンのイートインコーナーもあり、全館車椅子で利用できます。

かんてんぱぱガーデン

フロア中央に大きな階段がある印象的なデザイン。

かんてんぱぱガーデン

車椅子での上下階移動はエレベーターを利用します。

かんてんぱぱガーデン

2Fのテラス席の出入口は、段差のある手動ドアです。

かんてんぱぱガーデン

屋内から窓越しでも、伊那谷の雄大な景観を楽しめます。

かんてんぱぱガーデン

かんてんぱぱガーデンは紅葉の名所。2Fにその写真が大きく飾られています。

かんてんぱぱガーデン

バリアフリートイレは両フロアにあり、いずれも一般的なサイズの個室でウォシュレット付き便器が備えられています。とても綺麗なトイレです。

かんてんぱぱガーデン

かんてんぱぱガーデンは大規模な観光施設です。車椅子利用者は目的の施設の駐車場を利用することをお薦めします。

(本稿は2023年12月に執筆しました)

ユニークな品揃えで評判の伊那市「産直市場グリーファーム」を別稿で掲載しています。ぜひご覧ください。

長野 産直市場グリーファーム 車椅子買物ガイド バリアフリー情報

長野県伊那市にあるユニークな品揃えで有名な直売所です。「いろんなものが脈絡もなく並んでいる」店と自称している通り、はちの子、いなご、蚕のさなぎ、ざざむしの甘露煮が売られ、骨董、古道具、リサイクル、中古レコードコーナーなどがあります。「生産者の会」の会員は現在2,000人超、年間来店者70万人ということ。一般的な産直ショップとは一味違うお店です。郵便ポストの横にある二宮金次郎像は売り物です。

産直市場グリーファーム

アクセスは車が便利。店舗前の駐車場に身障者用駐車スペースが設けられています。

産直市場グリーファーム

バリアフリートイレは店舗の外側から利用するタイプ。やや狭い個室でウォシュレット付き便器が備えられています。

産直市場グリーファーム

店舗は横長の平屋構造で、裏にビニールハウスの別棟があります。店内は通路が狭い箇所はありますが、決定的な段差はありません。

産直市場グリーファーム

店内には地元産の新鮮野菜や特産品、加工品が豊富に並びます。また骨董、古道具、リサイクル商品もたいへんなボリュームで展示販売されています。店内全てを見て回ると時間がかかる大規模店舗です。時間に余裕をもって来店されることをお薦めします。

産直市場グリーファーム

(本稿は2023年12月に執筆しました)

伊那市にある大型複合観光施設「みはらしファーム」のバリアフリー情報を別稿で掲載しています。ご参照ください。