身体障がいのある子の成長と特別支援学校の友達

小学生時代からよく知っている男の子、A君の実例です。

生まれつき身体に障がいがあります。特に下肢の障害が重い子で、自立歩行は出来ずに車椅子利用です。

小学校は、小中一貫の規模の小さい特別支援学校に入学しました。同級生は他に1名。平均して1学年が3人程度の規模の学校です。

A君は上肢の運動能力はあり、知的な障害は軽度な少年です。

A君の入学した学校は、重度障がいがある児童生徒が多い学校です。そのなかでA君の能力は際立っていました。

小学1年生の運動会で、上腕の力を使ってグーンと台車を押して疾走し、他の重度障がいのある子とは異次元の動きを見せ、喝采を浴びました。

A君はしゃべることができます。ただし目立つ場面の人前では、絶対に喋りたがらないタイプです。

家に電話をしたらA君が電話に出た、というようなこともあり、皆さんA君の能力に気がついてきました。

学校では内向的で、勉強面、運動面とも積極的に本来の能力を発揮することは少なく、言われるまでは黙っていることが多い子です。

中学生になると、この子は出来る、という学校側の判断で、中学部唯一の準ずる授業受講者、つまり普通校的な授業を受けるようになり、中学生レベルではありませんが、小学生の高学年レベルの授業を、先生と1対1で受けるようになりました。

そして中学部を卒業。人前ではほとんどしゃべることもなく、A君を知る人は皆、本来の潜在能力をうまく伸ばせなかった、という思いがある卒業式でした。

高校は、規模の大きな特別支援学校に入学。肢体不自由部門だけで同級生が20人ほどいます。

その中には、A君と知的な能力が同じレベルにある、同じ高校生として、話が出来る子が数人いました。初めて友達と出会えたA君です。

高校に入って最初の1学期で、A君の印象が随分変わりました。

お昼休みはいつも仲良しの車椅子3人組でおしゃべりをしています。遠くから見ていると、ゲラゲラ声を出して笑っています。小中学校ではみたことがない場面です。

高校2年生になると、一つ下の学年にも二人、同じレベルの生徒が入ってきました。この子たちとも仲良しです。授業も彼らと同じクラスで、ほぼ普通高校の授業に準ずる学習をしています。

A君高校2年の運動会。友達と一緒に自主応援団を結成して、曲に合わせて上肢で踊っていました。

身体障がいがあることで、友達との出会いが限定されるA君。良き友達との出会いによって、明るい車椅子高校生に成長しました。

重度障がいの児童生徒を支える特別支援学校の熱心な先生

障がいのある子が通う特別支援学校は、いくつかのタイプに分類されます。

聾盲の子が通う学校、知的な障がいの子が通う学校、就業100%を目標とした高校もあります。

もっとも重度重複な障がいのある子どもが通うケースが多い、肢体不自由の学校の先生たちを紹介します。

普通校での勤務経験がなく、特別支援学校一筋の先生を「養護畑」の先生と呼びます。肢体不自由の学校での一般的な表現方法で、差別的なニュアンスは全くありません。

特別支援学校には「養護畑」の大変熱心な先生が大勢います。

児童生徒の個を見定め、オリジナルの教育プログラムを考え、創意工夫溢れる授業に挑戦しています。

教育ソフトなど独自の教材を開発作成する方も多いです。

こういう先生は勉強熱心で、夏休みも無駄にせず自己啓発に取り組みます。

昼食も全面介助が必要な児童生徒を先生たちがケアします。自分の食事をまともにとる時間はありません。

排泄の介助も先生が行います。

医療的ケアの勉強やPT・OTの勉強に挑戦する方もいます。

運動会や学園祭などのプログラムの研究開発にも力が入ります。

天職を得て、全力で障がいのある子の教育、療育に取り組んでいる先生が大勢います。

一般に知られることが少ない養護畑の先生たちの頑張りですが、多くの先生が一生懸命現場で働いています。

特別支援学校の修学旅行でディズニーランドへ行く

特別支援学校でも、小学校、中学校、高等学校それぞれで、修学旅行や移動教室があります。

小6、中3、高3で行う学校が多いのですが、学校によっては別の学年で企画されることもあります。

全国の特別支援学校の修学旅行先として一番人気は、東京ディズニーリゾート(TDR)です。

東京や千葉の学校でも、修学旅行先にTDRが選ばれます。

本稿では、東京の小学校が2泊3日でTDRに行った修学旅行の実例をご紹介します。

吸引などの医療的ケアが必要な重度の身体障がいがある、東京の特別支援学校の小学6年生のグループの修学旅行です。

東京からTDRに2泊3日、体力的に無理が出来ない児童たちの日程はこうなります。

1日目はスクールバスでTDRの近くの宿泊所に到着。ゆっくり過ごして体調を整えます。

2日目はTDRへ。夜は宿泊所に戻ります。

3日目は宿泊所で前日の疲れをゆっくりとってスクールバスで学校へ戻り、自宅に帰ります。

修学旅行の体制は、マンツーマン体制以上の編成になります。医者も同行します。児童生徒が具合の悪い様子を見せると「帰宅」を指示します。

保護者からみれば何でもない状況なのに、医者から迎えに来るように指示されるケースもあります。

何もなくても先生たちは交代で「寝ずの番」になります。旅行中の疲労は大変なことです。

TDRは障害者に対して、入園料の減免などの金銭的な配慮は一切ありませんが、細かい配慮をしてくれます。

ディズニーのキャラクター達は、車椅子集団に寄ってきてくれます。重度障害者が利用できるアトラクションは限られますが、パレードやショーは、特別席から鑑賞させていただけます。

レストランの初期食対応は柔軟です。

ディズニーのキャストも、どんどん声をかけてくれて、何かと便宜を図ってくれます。

この東京の学校の場合は、宿泊は東京は江東区の夢の島にある、東京スポーツ文化館「ぶんぶ」を利用しました。この施設はバリアフリーな公共施設で、特別支援学校の利用がたいへん多い宿泊施設です。予約が混みあっています。障害者対応のツインルームから用意があり、個人の利用も可能です。

体力が弱い重度の障害のある子どもにとって、長時間の移動や屋外での活動はたいへん負担が重くなります。

特別支援学校では、ゆっくりゆっくり疲労をためない修学旅行が行われています。