重度重複障がいのある小学生 車椅子用ランドセルの選び方

障がいがある児童が特別支援学校に通学する時のバックは、学校から指定されることはありません。その児童の状況に応じて適正なバッグを各家庭で選びます。

 

自分で荷物を用意することや、出し入れをすることができない、重度重複障がいのある児童でも、小学校に入学する際にランドセルを用意したい保護者は大勢います。そのニーズに応える車椅子用のランドセルが市販されています。

近年商品ラインアップが増えました。セミオーダー出来る車椅子ランドセルもあります。

車椅子用ランドセルの選び方

一般論としては、軽くて、丈夫でロング保障、ワンタッチロックなど開閉が簡単で、カブセが浅く荷物の出し入れがしやすいタイプなどが推奨されています。

 

身体障がいが重く、自分でランドセルを乱暴に扱う可能性がない児童の場合、丈夫さや6年間保障の有無などは、それほど重視する必要はありません。

 

自立歩行ができない重い障がいのある児童の場合、通学は公共の交通機関を利用することはなく、スクールバスなどの利用で、ランドセルは車椅子にかけます。

そのため、車椅子のサイズに合うA4が横に入る、横長のランドセルが便利です。

障がいが軽く、自分で背負うことも想定する場合は、一般的な縦型を選びます。

 

荷物の出し入れを障がいのある子が自分で行う想定をしないなら、開けやすいロック構造や、出し入れしやすい構造などは、重視する必要はありません。

一方、上枝に障がいがあるものの、自分で荷物を出し入れすることを想定するなら、不自由な手で操作しやすい構造であることが重要です。

車椅子用ランドセルの選び方

普通校に準ずる授業を受けないことを想定すると、複数の教科書やノートを日常的に持ち運びすることはありません。ランドセル内部にそのための仕切りがないほうが、むしろ便利です。

 

一般に障がいのある児童は、着替えやタオルなどで必要な荷物が多くなります。車椅子ランドセルのサイズはある程度は選べますが、大きなサイズを選んでも、収容力はそれほどではありません。

日常的に荷物が多いことが想定される児童の場合は、車椅子にもう一つ別のバックを背負わせることが出来る、なるべく小型の車椅子ランドセルを選ぶのも作戦です。

車椅子用ランドセルの選び方

小学校入学前に、障がいのある子が卒業までにどこまで成長するかは、誰にも分かりません。そのため、車椅子用のランドセルに求める機能を絞りきることは難しいことです。

それでも、その子の就学前の障がいの状況に応じて、ある程度は重視する機能を絞ることはできます。

特別支援学校で考案された車椅子団体競技 ハンドサッカー

障がいのある人でも楽しめるハンドサッカーは、東京都の特別支援学校で考案された平成生まれの新しい競技です。

東京都の高等部がある特別支援学校には、全校「ハンドサッカークラブ」があります。一部の学校では、OBOGの「クラブ」が結成されています。

 

「協会」が設立され「大会」が企画され、トーナメント戦が行われています。

まだ全国区の競技とはいえませんが、徐々に東京以外のエリアでも、特別支援学校高等部を中心に広まりつつある競技です。

競技の概要を紹介します。

 

 

団体球技をやってみたい、という肢体不自由の生徒のために考案された競技です。

1チーム原則7名で戦います。ボールをフィールドに入れて奪い合い、ドリブル、パスによりゴールに向かいます。もちろんインターセプトはありです。ゴール前まで行き最後はシュート、決まれば得点です。

 

競技ルールの詳述は避けますが、ドリブルはボールを持って車椅子を自走するイメージです。パスはボールをとらなくても、一定の要件で車椅子に当たれば成立します。肢体不自由の生徒なので、足でボールをさばくことはほとんどありません。

 

体育館で行う室内競技です。

ボールはサッカーボールではなく「ソフトバレーボール」を使用します。

ゴールはハンドボールのゴールに似た仕様です。

上枝にも障がいがあり、ボールをキャッチ出来ない人は、膝の上に「ボールホルダー」を置いてドリブルすることができます。

選手同士の接触による事故を防止するため、車椅子に「フットカバー」を装着します。

 

障害のレベルによって、ポジションが区分けされているのが特徴です。フィールドプレーヤー4名とゴールキーパー1名。このポジションは通常のサッカーのイメージです。

 

そしてスペシャルシューターが1名。コート内の右隅にいて、パスを受けるとキーパーに邪魔をされずにシュートができます。

 

最後にポイントゲッター1名。コート外のエリアにいて、パスを受けると、傾斜版を使ったころがしなど独自設定の方法で、キーパーに邪魔されずにシュートができます。

 

一般的なポジション配置としては、車椅子を元気に自走させることが出来る人はフィールドプレーヤー。

ゆっくり自走できる人はキーパー。

車椅子の自走はやや苦戦するが、何らかの方法でボールコントロールが出来る人はスペシャルシューター。

補助具を使えばボールコントロールが出来る人がポイントゲッター。

こんなイメージです。

 

もっと重度の人は、補助具を使ったボールイン係りなどを担当します。

 

おそらく一番楽しいのは、本格的な車椅子バスケットボールへの参加は身体能力的に無理でも、ルールが理解できて、コミュニケーションに問題がなく、車椅子自走が出来るような障がいのある人です。

ルールが理解できて、コミュニケーションに問題がなく、車椅子自走が出来るような障がいのある人

この子、こんなに負けず嫌いだったのか、と驚くほどのファイトを見せる人もいて、日常とは違う姿に驚かされます。

 

そして「クラブ」活動それ自体に価値があります。

障がいのある人は、家庭と学校や施設での決まりきった環境での生活が多くなります。多様な経験ができるクラブ活動は貴重です。

「練習」や「大会」には、家族が休日返上で同行して応援します。

 

ハンドサッカーは、一般的には「重度」とされる障がいのある人が参加できる競技です。

特別支援学校の文化祭 重度重複障がいの生徒が演じるプログラム

特別支援学校でも、文化祭に相当する学校イベントが開催されます。

児童生徒全員が、音楽系あるいは演劇系のプログラムに出演します。

通学が出来ない、病院に入院している生徒、自宅で訪問教育を受ける児童は、映像でプログラムに出演します。

通学クラスの、ほとんど体を動かせない生徒、発語が難しい児童、コミュニケーションが困難な生徒も、学年単位、あるいは障害の程度が近い生徒で構成するグループ単位で文化祭に出演します。

特別支援学校の文化祭

プログラムの企画、演出、進行は、特別支援学校の先生達の腕の見せ所です。レベルの高い先生たちが作り上げるプログラムは、一人ひとりの課題が組み込まれながら、全体の構成がしっかりとしていて、見応えがあります。

 

事前の準備では、舞台の装飾づくりなどにも参加します。文化祭を通じて、その生徒の障がいの状況に応じた課題への挑戦が行われます。

特別支援学校の文化祭

本番プログラムでの出番のイメージです。

ほとんど動きができない重度障がいのある生徒は、押すと録音された声がでるスイッチ操作盤を利用して、演劇に挑戦します。

ロープをちょっと引っ張ることに挑戦する児童、一言発声することに挑戦する生徒、しゃべることが出来る子は、長セリフに挑戦することもあります。

手が動く生徒なら、音楽系のプログラムでは、楽器の操作に挑戦します。

スイスイとは進行しないことが多く、例えば手元のスイッチを押すのにとても時間がかかる生徒もいます。

 

観客は児童生徒の家族です。皆で出番の子どもたちを応援します。客席からは大きな声援があります。うまく出来たら大拍手。途中で笑いのネタが入っている、上手に構成された出し物もあります。笑うところは、客席は大いに笑います。ステージと客席が一体になる文化祭です。

 

身体面で重度の障がいのある子は、体調管理が大変です。一生懸命当日の体調を整えますが、急に調子が悪くなり、欠席になる子もいます。

あらかじめ各児童生徒の練習の様子を録画しておいて、急に欠席なった子がでた場合は、その練習の様子を放映することもあります。

 

ステージでのプログラムの他に、授業で児童生徒が製作した絵画や焼き物などの作品の展示が行われます。

 

重い障がいのある児童生徒は、特別支援学校の文化祭でそれぞれの課題に挑戦しています。