千葉県 道の駅ローズマリー公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉県南房総市、旧丸山町にある道の駅です。この施設は「ローズマリー公園」として1991年に開園。「シェイクスピアカントリーパーク」として1997年に営業開始。道の駅登録は1998年。2012年に産直ショップ「はなまる市場」が誕生しました。現在では公園及びテーマパーク機能は事実上なく、「はなまる市場」がある道の駅です。

道の駅ローズマリー公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○はなまる市場前の駐車場を利用

公園、そしてテーマパーク時代につくられた駐車場が複数個所ありますが、「はなまる市場」を利用する目的なら、施設前の駐車場を利用するのが便利です。

エントランスに近い場所に、障害者用駐車区画が屋根なしで2台分用意されています。

道の駅ローズマリー公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○はなまる市場のバリアフリー状況

施設全般段差のないフラット構造です。店内の通路は一般的なサイズで、混雑していなければ車椅子での移動は可能です。

店内に障害者用トイレが1つ用意されています。ウォシュレット付きのトイレですが、ユニバーサルベッドはありません。

農産物の売り場はそれほど大きくはありません。むしろ「びわゾーン」「落花生ゾーン」など地元物産品の売り場が目立つ構成です。園芸花木コーナーは、エントランスの外側です。

道の駅ローズマリー公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

店舗外向きにアイスや軽食を提供するスタンドがあり、その周辺にフリーテーブルが置かれています。

はなまる市場は、車椅子で問題なく利用できる施設です。

道の駅ローズマリー公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○公園の状況

敷地内には24時間トイレ棟があり、障害者用トイレが用意されています。

はなまる市場の周囲には、ローズマリー公園、そしてシェイクスピアカントリーパーク時代の施設が、ほぼそのままの姿で残されています。

英国風の洋館。

道の駅ローズマリー公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

道の駅ローズマリー公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

イングリッシュガーデン。

道の駅ローズマリー公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

道の駅ローズマリー公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

シェイクスピアまたは作品登場人物の石像。

道の駅ローズマリー公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

フラットな舗装路面を選びながら、車椅子でこれらを見学することができます。

道の駅ローズマリー公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

元はテーマパークである「道の駅ローズマリー公園」は、現在ではバリアフリーな産直ショップがある施設になっています。

(本稿は2020年7月に執筆しました)

千葉県 道の駅ちくら潮風王国 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉県南房総市、千倉の千田海岸に面した場所にある道の駅です。道の駅登録は2002年ですが、施設の供用は1997年から。施設全般やや老朽化が目立ち、テナントの撤退もあります。それでも本館内には鮮魚店など海産物の店舗、アクセサリーや雑貨、お土産店、カフェなどが営業。レストランも1店舗営業しています。車椅子から見た、現地の最新バリアフリー状況を紹介します。

道の駅ちくら潮風王国 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇駐車場は一カ所

現在では駐車場は一つです。普通車用と大型バス専用駐車場に分かれます。

障害者用駐車区画は、本館に最も近い場所に屋根なしで2台分用意されます。その横から段差解消スロープを通り、本館や広場の高さに上がることができます。

道の駅ちくら潮風王国 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇障害者用トイレは本館内に1つ

本館はワンフロア構造で、7店舗が営業しています。中央部にある巨大な「鮮魚いけす」は、今回取材時は使用されていませんでした。

障害者用トイレは本館の外側から利用できる場所に1つあります。

道の駅ちくら潮風王国 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇レストラン棟2Fは多目的ホール

1Fの海鮮レストランは営業しています。2Fは空きテナントで、現在は多目的ホールとされています。

道の駅ちくら潮風王国 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

レストラン棟の横、中庭はフラットな舗装広場で、フリーテーブルが置かれています。

道の駅ちくら潮風王国 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

本館からレストラン棟へは段差なく移動できますが、そこから中庭や大型バス駐車場側に出る箇所などには、一部に段差があります。

道の駅ちくら潮風王国 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇芝生広場と千倉丸

シンボルである第一千倉丸は変わりありません。車椅子では無理ですが、ブリッジに上がり遊ぶことが出来ます。

道の駅ちくら潮風王国 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

その横の海は、磯遊びができる「千田海岸」です。ここも車椅子では行けません。

道の駅ちくら潮風王国 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

芝生広場はデコボコが少ない路面です。その気になれば車椅子での移動は可能です。

道の駅ちくら潮風王国 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

名称通り、ここに来ると潮風の匂いがします。「道の駅ちくら潮風王国」は、海産物のショップと、海鮮レストランがある道の駅です。

(本稿は2020年7月に執筆しました)

千葉県 道の駅白浜野島崎 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉県南房総市、房総半島の最南端「野島崎灯台」の近くにある道の駅です。小規模な道の駅で駐車場の収容台数は一般20台、障害者用が屋根なしで2台分です。

道の駅白浜野島崎 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

道の駅登録は2006年。2018年に産直ショップ棟「農家の八百屋Farmers Concierge」が開業しました。ただし2020年7月現在、コロナ禍による臨時休業が続いています。再開の予定は不明です。

道の駅白浜野島崎 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

メイン棟は「花の情報館」です。観光情報コーナーがあり、パンフレットが置かれています。出入口のドアは手動です。

道の駅白浜野島崎 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

「花の情報館」の中に、屋内障害者用トイレが1つ用意されています。設備はウォシュレット付きで、ユニバーサルベッドはありません。

道の駅に隣接するハウスでシーズンにはイチゴ狩りができます。ただし2020年のシーズンは、コロナ対策でイチゴ狩りは中止されたそうです。

今後の営業状況が不明ですが、「道の駅白浜野島崎」は、房総半島の最南端にある小さな道の駅です。現時点で利用できる施設は「花の情報館」だけでした。

(本稿は2020年7月に執筆しました)