千葉の産直 袖ケ浦市農産物直売所ゆりの里 バリアフリー情報

千葉の産直 袖ケ浦市農産物直売所ゆりの里 バリアフリー情報

千葉県袖ケ浦市の「ゆりの里」は、2007年に開業した産直ショップ。施設全体がフラット構造で、車椅子での買い物は可能です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2018年1月の取材に基づいています。

・施設は市、運営はJA

袖ケ浦公園の入口にある「ゆりの里」は、地元の人に人気の産直ショップです。袖ケ浦市の施設をJAが管理運営する半官半民のビジネスモデルです。基本設計はバリアフリー。車椅子での利用は可能です。

袖ケ浦市農産物直売所ゆりの里

・駐車場はほぼ満車

アクセスは車が便利。店舗前にフラットな駐車場があります。

店舗出入口の近くに障害者用駐車区画が2台分あります。他の一般駐車区画は5ナンバーサイズでやや狭い設定です。

別にある公園寄りの駐車場を利用することもできます。

 

・トイレが綺麗

駐車場とメイン棟、独立棟のトイレ、そしてテイクアウトショップの別棟という施設構成です。

施設全体、車椅子で困る段差などはありません。

袖ケ浦市農産物直売所ゆりの里

障害者用がトイレあります。外から見た印象よりも、とても綺麗で設備も良いトイレでした。

袖ケ浦市農産物直売所ゆりの里

・店内は混むと少し苦戦

メイン棟が産直ショップです。店前はちょっとした園芸コーナー。食品系の屋台や出店も出店。活気のあるお店です。

ただし店内はそれほど広くはなく、通路は車椅子にはやや狭い幅です。ガラガラであればともかく、ちょっと混み合うだけで車椅子では苦戦するスペースです。

今回訪問時はとても混雑して、車椅子でゆっくりお買い物をする状況ではありませんでした。

袖ケ浦市農産物直売所ゆりの里

「袖ケ浦市農産物直売所ゆりの里」は全体的にフラットな構造ですが、産直ショップの店内通路は、混雑すると車椅子には少し狭いお店です。