京都の道の駅 ウッディ京北 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

京都の道の駅 ウッディ京北 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

京都府京都市のウッディ京北は、森の京都を象徴する旧京北町の名産品を楽しめる、屋内に櫓杉がそびえる道の駅です。車椅子からみた現地の状況を紹介します。

なお本稿は2016年9月の取材に基づいています。

 

2005年に京都市へ編入した旧京北町にあり、2010年に京都市初の道の駅として開業した「ウッディ京北」は、その名の通りウッディな施設です。

道の駅認定を受けているのでバリアフリーですが、最先端のバリアフリー設計ではありません。段差はスロープで解消、障害者用トイレは1つだけで外側から利用するタイプです。

 

京都市といっても、市街からは車で1時間以上かかる場所。京北地域の93%は森林です。

地域の人口は約5,000人で、その40%強が65歳以上。夏は涼しく、冬は降雪、年間を通じて降水量が多い丹波高原の中、日本海と太平洋の分水嶺に位置します。

北山杉の生産地で、アユ釣りの聖域である上桂川が流れる里山。近年は外国人観光客にも人気のエリアです。

 

施設建物内の「櫓杉」は迫力があります。強風で根元から折れた巨木を運び込んだもので、樹齢600年、幹回りは5m強、高さは7mと、屋久島の屋久杉とほぼ同等のサイズ。館内は木の香りが漂っています。威厳がある巨木で、この「櫓杉」は見る価値があります。

京都の道の駅 ウッディ京北 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

特産品がユニークです。今回訪問時に平台メインで盛大に販売されていたのは、赤い万願寺唐辛子。真っ赤なので辛そうですが、実は緑色の一般的な万願寺唐辛子よりも、甘みがあるという事。実際に買って食しましたが、本当に甘みがありました。

このような、ちょっと変わった地場産野菜を「新京野菜」として、売出し中です。

 

名物として売出し中なのが「納豆もち」。京北地域の伝統食です。その名の通りの一品。今回食事処でいただきましたが、中心部に納豆をいれたお餅を軽く焼いて、砂糖抜きのきなこをまぶします。お好みで砂糖またはお醤油をつけていただく。納豆入りお餅の甘い味と醤油味です。

関西は納豆NGのイメージがありますが、この地域は納豆生産が盛ん。産直ショップでは、特産の京北納豆コーナーがあり、真空パックの納豆もちも販売しています。昔からの冬季の栄養食ということ。京北地域は、冬は雪に埋まります。

 

ジビエ食品も含めて、山の幸が特産品の中心ですが、もう一つの名物は「鯖寿司」です。この地は西の鯖街道が通る場所。日本海から海の幸が京都へ運ばれていました。伝統ある鯖料理です。

 

ウッディ京北のショップで特徴的なのは、木製商品が多彩に並んでいること。地元の職人、工房が製作した、椅子、箸、スプーン等など、木製加工商品が並びます。

あまり売り場の通路幅に余裕が無いのが難点ですが、車椅子でギリギリ店内移動は可能です。京北の各種木製加工品を品定めできます。

京都の道の駅 ウッディ京北 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

森の京都を象徴する地域の、希少なバリアフリー施設です。樹齢600年の櫓杉を拝み、新京野菜を楽しみ、納豆餅をいただき、木製加工品に触る。

道の駅ウッディ京北は、車椅子で古い歴史のある山里の、文化と味覚を楽しめる施設です。