勝沼 葡萄工房ワイングラス館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

勝沼 葡萄工房ワイングラス館

ブドウの名産地、山梨県甲州市勝沼町にあるショップです。ワイングラスやワイン、様々な種類のアクセサリー類の展示販売、ワイングラスにイラストや文字を入れるガラス体験工房、カフェなどがある大型店です。すべてがバリアフリーなショップではありません。車椅子で利用するには、コツが必要です。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

 

〇ワイングラス館の全体概要

所在地の住所は勝沼町休息。ワイングラス館は大きな2フロア構造の建物でエレベーターはありません。現在は1Fのみで営業しているので、車椅子利用者にとっては、逆に便利な状況です。1Fフロア内には段差はありません。カフェはスペースに余裕がある可動式のテーブル席なので、車椅子で利用可能です。

問題が2点あります。正面エントランス周辺がデコボコのある路面で車椅子での移動はかなり困難です。そして出入口のドアが手動ドアで、介助者がいないと開閉が難しい構造です。

勝沼 葡萄工房ワイングラス館

〇身障者用駐車スペースの場所

アクセスは車が便利です。正面エントランスの前に、第一駐車場が用意されています。一般的な感覚だと、正面入口に近い場所に身障者用駐車スペースがありそうですが、エントランス周辺がデコボコのある路面なので、第一駐車場にはありません。

建物を正面からみて右側の第二駐車場方面に進みます。

勝沼 葡萄工房ワイングラス館

第二駐車場の手前に1台分、障害者マークがペイントされた区画が用意されています。

勝沼 葡萄工房ワイングラス館

〇横の出入口から店内へ

障害者マークがペイントされた駐車区画の後ろに、もう一つの店内出入口があります。障害者用駐車区画、または第二駐車場からこの出入口までは舗装路面。車椅子で問題なく移動できます。

勝沼 葡萄工房ワイングラス館

ただしこの店内出入口は手動ドアで、ドア部の下は小さな段差がある構造です。介助者にドアを開けてもらい、車椅子で段差を乗り越えて店内へ入ります。車椅子利用者1名では、出入りが難しい構造です。

勝沼 葡萄工房ワイングラス館

〇店内から正面エントランスへ

ワイングラス館の正面エントランスはアプローチがある構造で、各種パンフレットなどが置かれています。

勝沼 葡萄工房ワイングラス館

またエントランス前には、ワイングラスのアートなどが置かれています。ここに車椅子で行くには、店内から正面出入口を出ます。このドアも手動ドアですが、段差はありません。誰かにドアを開けてもらえれば、店内からは問題なく車椅子で出入りができます。

勝沼 葡萄工房ワイングラス館

〇バリアフリートイレの状況

店内にバリアフリートイレがあります。設備はシンプルですが、スペースは余裕があるトイレです。ユニバーサルベッドはありません。

勝沼 葡萄工房ワイングラス館

〇アクセサリーがあふれる店内

店内の通路幅は余裕があり、車椅子での買い物は可能です。品数が多いのは、手作りアクセサリー類です。ものすごい数の様々なデザインのアクセサリーが並びます。必ずしもワインやブドウがモチーフの作品に限りません。印象としては、ワインとワイングラスのお店というよりは、大型アクセサリーショップ。アクセサリー好きの人にお薦めできる土産店です。商品はガラス製品などワレ物が多いので、行動面で障がいがあるタイプの人を連れていく場合は、注意が必要です。

勝沼 葡萄工房ワイングラス館

バリアフリー面では微妙なところがありますが、第二駐車場側からアクセスして、手動ドアを通過できれば、ワイングラス館内はフラット構造で、バリアフリートイレが用意されています。

(本稿は2021年4月に執筆しました。)