神奈川県西湘エリア 車椅子バリアフリードライブコース

相模湾沿いの西湘エリアには、車椅子で利用できるバリアフリーな施設やお店、観光スポットが点在します。その中から障がいのある家族と一緒に楽しめる、お薦め出来る立ち寄り先を紹介します。

 

〇平塚「花菜ガーデン」を散策

車椅子で快適に利用できるバリアフリーなフラワーガーデンです。駐車場料金と入園料は障害者減免制度があります。

トップシーズンはバラの季節。バリアフリーなバラ園があります。

お弁当がいただける休憩室やレストランがあり、車椅子で食事ができます。

平塚「花菜ガーデン」を散策

〇平塚「あさつゆ広場」でお買い物

花菜ガーデンの前には、JA湘南の産直ショップ「あさつゆ広場」があります。

フラットな構造の大型店舗です。車椅子で旬の地場産野菜やお惣菜の買い物ができます。

テイクアウトで買う、野菜を使ったジェラートが人気です。

平塚「あさつゆ広場」でお買い物

〇「平塚市美術館」で車椅子鑑賞

美術館はバリアフリー化されて車椅子で利用できます。駐車料金や観覧料は障害者減免制度があります。

展示室が2つあり、それぞれで企画展が開催されます。

1Fのレストランは車椅子で利用できます。

「平塚市美術館」で車椅子鑑賞

〇「湘南平」から眺望を楽しむ

泡垂山山頂が湘南平、付近の山岳公園も含めた広いエリアが高麗山公園で、平塚市と大磯町にまたがる公園です。

障害者用駐車区画が3台分用意されている「頂上駐車場」を利用できれば、小さなアップダウンだけで湘南平に車椅子で行くことが出来ます。

「レストハウス展望台」は、エレベーターと障害者用トイレがあるバリアフリー施設です。

「湘南平」から眺望を楽しむ

〇大磯「旧吉田茂邸」で歴史に親しむ

旧吉田茂邸は2017年に再建されたバリアフリー施設です。駐車料金と入館料は障害者減免制度があります。

車椅子専用の入館口があり、館内は2基のエレベーターを利用して全館を車椅子で見学できます。

戦後の日本政治史を知ることができる施設です。

大磯「旧吉田茂邸」で歴史に親しむ

〇「小田原フラワーガーデン」を散策する

梅園が有名なバリアフリー施設です。無料施設ですが温室は有料で障害者減免制度があります。

梅園内は緩やかな斜面に舗装散策路があり、車椅子で通行可能な傾斜です。梅に限らず、四季折々の花を車椅子で楽しめます。

「小田原フラワーガーデン」を散策する

〇小田原「一夜城ヨロイヅカファーム」でスイーツをいただく

「一夜城」にあるパティシエ鎧塚シェフのお店です。お店の横に障害者用駐車場があり、店内厨房の横に障害者用トイレがあります。

お店の前のデッキで相模湾を眺めながら、買ったスイーツをその場でいただくことが出来ます。

小田原「一夜城ヨロイヅカファーム」でスイーツをいただく

〇「漁港の駅 TOTOCO小田原」で買い物とグルメを楽しむ

2019年に小田原漁港内に誕生したバリアフリー施設です。海の幸を中心にしたショップと魚が美味しい食事処などが入ります。

3フロア構造の施設で、障害者用トイレは全フロアに各1つ用意されています。

加工品以外に、鮮魚も販売されています。

「漁港の駅 TOTOCO小田原」で買い物とグルメを楽しむ

平塚から小田原までの主なバリアフリー施設を、丸一日かかるコースで紹介しました。ご自身及びご家族の体力や障がいの状況に応じて利用してください。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

茨城の産直 JA常陸 こめ工房 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

茨城県常陸太田市の産直ショップ「物産センターこめ工房」は、新鮮野菜と美味しいお米、そして食事処が評判のお店です。新しくはない店舗ですが、バリアフリーは確保され、車椅子での利用は可能です。現地の状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2020年2月の取材に基づいています。

茨城の産直 JA常陸 こめ工房 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇こめ処、そば処

常陸秋そばで有名なエリアですが、良質なお米も有名で、現在のブランド名は「特別栽培米みずほちゃん」です。

蕎麦もお米もショップで買い求めることができます。また食堂でも各種の蕎麦メニューと、かまど炊きのごはんメニューを味わえます。ごはんはお替り自由です。

茨城の産直 JA常陸 こめ工房 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇駐車場の状況

アクセスは車が便利です。

広い無料駐車場があり、障害者用駐車区画が3台分あります。

駐車場から店舗へは段差回避スロープが用意されています。

茨城の産直 JA常陸 こめ工房 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇店舗のバリアフリー状況

店舗は駐車場側がショップ、その奥が食事処です。

店舗内に段差はなく、通路幅が極端に狭い箇所はありません。車椅子での店内移動は可能です。

店舗棟に隣接してトイレ棟があり、障害者用トイレが1つ用意されています。スペースは広いトイレですが、今回取材した時点では設備は老朽化していました。ウォームレットは付いています。

茨城の産直 JA常陸 こめ工房 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇食事処のバリアフリー状況

食事処は席に座る前に注文と会計を済ませます。支払いはクレジットカードが利用できます。

席は小間上がりの座席とテーブル席、そして高さは低いカウンター席があります。

テーブル席は4人掛けですが、蕎麦屋によくある狭いタイプのテーブルで、車椅子2台横並びでは入りません。またテーブル席の前後の間隔が狭く、車椅子で入り込むのに苦労します。状況によっては、車椅子は通路側から利用するほうが楽かもしれません。

お茶やお水はセルフサービスです。食事メニューはスタッフが配膳し、また片付けも行います。

美味しいお料理が手ごろな価格でいただける人気店です。今回取材時、お昼には席待ちの列が出来ました。

茨城の産直 JA常陸 こめ工房 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

食事処は車椅子向きの良い席が確保できれば利用できます。「物産センターこめ工房」は、全体としては車椅子への配慮がある産直ショップです。

地元食材が車椅子で買える バリアフリー産直がある関東の道の駅

地元の新鮮野菜が並ぶ道の駅の産直ショップ。しかし、通路が狭く、車椅子での買い物に苦戦するお店も少なくありません。
売場スペースに余裕があり、車椅子で店内移動が出来て、什器の高さが車椅子に合っている、高品質なバリアフリーショップがある、車椅子利用者にお薦めできる関東の道の駅を紹介します。

○道の駅きつれがわ(栃木県さくら市)

産直ショップが入る「新館」は、2017年に開業したバリアフリー施設です。さくら市は「野口雨情」と縁があり、商店街には古い建物が残り、里山があります。そこから「新館」開業と同時に「大正ロマン、大正モダン」が施設のコンセプトになりました。
内装は綺麗で演出の工夫があり、ショップ内の通路幅は広く、什器はお洒落。館内はすべて、車椅子で十分に通行ができる通路幅が確保されています。気持ちよく車椅子で買い物が出来ます。

道の駅きつれがわ

○道の駅みかも(栃木県栃木市)
2015年4月にリニューアルして、産直ショップの什器が一新され、通路幅がワイドになりました。「新鮮野菜直売所・物産館」は、通路幅に余裕があり、少々の混雑なら車椅子での店内回遊は可能です。

道の駅みかも

○道の駅しもつけ(栃木県下野市)
2011年に開業した大型の道の駅です。大規模でバリアフリーなショップがあります。
メイン棟内にあるショップは、農産物直売店と物産館が一体になった構成で、多彩な商品が並びます。インストアベーカリーも入店しています。
高品質な売り場で、道の駅というよりも、デパ地下を目指したイメージの売場。各所で販売員による試食販売がおこなわれます。道の駅としては、ワンランク上のショップです。
段差が全くない設計で、通路幅が広く、什器が綺麗で、品揃えは豊富。車椅子で快適に買い物が楽しめます。

道の駅しもつけ

○道の駅うつのみやろまんちっく村(栃木県宇都宮市)
46haの滞在型ファームパーク、がキャッチコピーの道の駅です。大型産直ショップは「集落のエリア」にある「あおぞら館」内です。約150軒の地元農家が出品しています。
道の駅としての登録は2012年ですが、施設は新しくはありません。しかしスペースに余裕があり、車椅子で問題なく買い物ができます。

道の駅うつのみやろまんちっく村

○道の駅あぐりーむ昭和(群馬県昭和村)
赤城山の山裾にある道の駅です。開業は2011年で、施設は段差を造らないバリアフリー設計です。
産直ショップは「旬菜館」。正面入口は自動ドアです。それほど大きなショップではありませんが、通路幅は広く、販売台の高さは低く、車椅子で問題なく買い物ができます。
昭和村は「やさい王国」を自称しています。

道の駅あぐりーむ昭和

○道の駅いたこ(茨城県潮来市)
2017年に「新鮮市場伊太郎」を新築。旧来の産直ショップに比べて売り場面積は2.6倍になりました。
出入口のドアは幅広の自動ドアが2カ所にあります。店内の通路幅は広くなり、バリアフリー面は大幅に改善されました。車椅子で問題なく品定めが出来ます。

道の駅いたこ

○道の駅まくらがの里こが(茨城県古河市)
2013年開業。キャッチコピーは「茨城県最大級の道の駅」です。
段差が全くない設計で、店舗への出入口ドアは手を近づけて作動させるタイプの自動ドアでワイドタイプ。農産物産直ショップは「古河マルシェまくらが」。物産コーナーは「お土産処ゆきはな」。ショップの通路幅はとても余裕があり、車椅子で利用可能です。

道の駅まくらがの里こが

○道の駅和紙の里ひがしちちぶ(埼玉県東秩父村)
「東秩父村和紙の里」として30年前から営業していた施設をベースにして、2016年10月に道の駅として開業しました。
産直ショップ「JA埼玉中央東秩父農産物直売所」は、2016年に新築した施設で、出入口及び店内はバリアフリー設計。店内の通路幅は広く、車椅子で問題なく買い物ができます。
産直ショップ以外は古い設備で、車椅子での利用や移動が難しい施設もあります。

道の駅和紙の里ひがしちちぶ

○道の駅保田小学校(千葉県鋸南町)
2015年開業。廃校になった小学校をリノベーションした道の駅で、元体育館が「里山市場 きょなん楽市」。産直ショップと物産コーナー、そして「きょなん花MARCHE」があります。出入口はフラットで自動ドア、店舗内の通路幅は広く、車椅子で利用しやすいショップです。

道の駅保田小学校

○道の駅みのりの里東金(千葉県東金市)
道の駅として全面開業したのは2015年。コンセプトは「人・もの・情報が行き交う。東金市民のリフレッシュ空間」です。
産直ショップは「東金マルシェ」。幅広通路でバリアフリーなショップです。扱い商品は地場産品比率が高く、千葉名産品の「みそピーナッツ」は、容器の形状、内容量、生産者がいろいろあり、選ぶ楽しみがあります。ピーナッツや野菜類だけでなく、乳製品や鶏卵なども充実しています。

道の駅みのりの里東金

○道の駅富士川(山梨県富士川町)
2014年に開業。商業棟は「観光交流センター」。出入口は3カ所あり、すべてワイドスパンの自動ドアです。農産物や物産品が並ぶ広い売店があります。店内はフラットで通路幅は広く、車椅子での利用に問題はありません。
地元の名産「大塚にんじん」は、通常の人参よりも長い人参で、栄養価が高く、味が濃いのが特徴です。「みみほうとう」は、この地方伝統の、耳のような形状のほうとうです。

道の駅富士川

 以上、バリアフリーな産直ショップがある、車椅子での買い物先にお薦めできる道の駅です。

(本稿は2020年2月に執筆しました)