車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

宇都宮には車椅子で利用できる観光スポットが数多くあります。各施設のバリアフリー状況を紹介します。

 

 

最初は県立の美術館と博物館のバリアフリー状況です。

「栃木県立美術館」

県立美術館は1972年の開館で「日本における公立の近現代美術館の先駆け」です。常設展示室が増設されたのが1981年。いずれも同一建築家の設計で、建築物として素晴らしい調和がある昭和の名建築です。

無料駐車場があり障害者用駐車区画が2台分用意されています。駐車場からスロープ上りの企画展入口か、フラット路面で常設展入口か、どちらかに進みます。企画展入口は建物の2Fですが、スロープは緩い傾斜です。企画展ルートを通ると、美術館の全景や中庭がよく見えます。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

常設展は障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。ほとんどの企画展にも同様の障害者減免措置があります。館内の段差構造の箇所はすべてスロープ改修が施され、エレベーター、障害者用トイレがあります。中庭への出入口だけは手動ドアです。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

常設展室の一角の「伊東直子マイセン磁器コレクション」コーナーも、車椅子で鑑賞できます。

 

 

「栃木県立博物館」

県立博物館は1982年の開館ですが、改修されてバリアフリーです。入館料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免。障害者用トイレは1Fに2か所。展示室内もバリアフリーで、車椅子からは見難い展示はありません。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

アクセスは車が便利。栃木県中央公園の一角にあり、同公園内の無料駐車場「博物館北駐車場」の利用が便利です。一般駐車場の奥に、5台分の障害者専用駐車スペースがあり、そこからスロープで博物館正面入口へ向かいます。車椅子のためのフラット路面が用意されています。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

ユニークなのは日光の自然を垂直分布で紹介するスロープ展示。1Fから2Fへとらせん状に72m続くスロープの壁面に、標高600mの神橋付近から2,578mの白根山頂までの動植物を生態的に展示しています。このスロープは車椅子で十分に上ることができる傾斜ですが、難しい人はエレベーターで2Fに上がります。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

2Fには二つの展示室。展示室1は栃木の歴史、展示室2は栃木の自然がテーマ。いずれも正統派で真面目な展示です。

 

 

次は市の公益法人が運営する美術館の紹介です。

「宇都宮美術館」

宇都宮市制100周年を記念して、1997年にオープンした美術館。バリアフリーで車椅子で利用しやすい施設です。宇都宮市は大谷石の産地。「宇都宮美術館」には、多くの大谷石が使用されています。

宇都宮市の中心部から北へ約5km、広さ26haの公園「文化の森」に建つ美術館です。「文化の森」の駐車場は無料。一般用、高齢者用、身体障害者用の3種の駐車場があり、美術館に一番近いのは6台収容する身体障害者専用駐車場です。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

障害者手帳の提示で、本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。展示室は3つ。展示室1が常設展。展示室2と3が企画展に使われます。3つの展示室をつなぐ空間が中央ホール。このホールも展示室の機能を有しています。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

受付から展示室に向かうプロムナードはデザインされた空間。開放的な窓から、美術館のお庭がよく見えます。お庭には大きなアートオブジェがあります。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

障害者用トイレは、エントランス横の無料ゾーンと、展示室のある有料ゾーンのそれぞれにあります。

併設されているレストランは無料ゾーンに。高級感があるレストランで、結婚式やパーティーが出来ます。美術館に入らずに外から直接レストランに入店するスロープがあります。

エントランス近くにはミュージアムショップ。通路幅にそれほど余裕はありませんが、混雑してなければ、車椅子での利用は可能です。

 

 

宇都宮には人気の超大型道の駅があります。

「道の駅ろまんちっく村」

6haの滞在型ファームパーク、というのがキャッチコピーの道の駅です。日帰り温泉、宿泊施設、温浴スパ施設、レストラン、フードコート的な出店、イベントステージ、超大型産直ショップ、そして広いお散歩エリアや体験農場があります。

車椅子ユーザーは「森のエリア」「里のエリア」は未舗装でアップダウンがあるので「集落のエリア」の利用をお薦めします。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

「集落のエリア」の正面にある駐車場は、休日はすぐに満車になってしまいます。その場合少し離れたポケットパーク裏の臨時駐車場的なスペースに誘導されますが、この駐車場は未舗装且つ傾斜があるので、車椅子利用者には辛い駐車場です。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

日帰り温泉や温浴スパの駐車場に、障害者用の駐車スペースが2か所に計3台分設置されています。この駐車場から産直ショップ方面には、温浴スパ「アグリスパ」経由で、スロープを利用して車道を渡らずに行くことができます。「アグリスパ」からスロープで噴水広場に抜けられます。やや傾斜がきついスロープですが、介助者がいれば問題のないレベル。噴水広場奥には多目的ドームがあり、このなかにも障害者用トイレがあります。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

噴水広場前から「カスケード」とよばれる橋があり、中央部は階段ですが両脇はスロープ。渡ると産直ショップのあるエリアに抜けられます。産直ショップ「あおぞら館」の中にも、障害者用トイレがあります。

 

 

宇都宮には、紀元前3000年頃の縄文前期遺跡復元施設があります。

「うつのみや遺跡の広場」

遺跡名は「根古谷台遺跡」。竪穴式住居が4棟、墓標群と墓標レプリカ、資料館があります。「日本有数の規模を誇る復元」施設で、入場無料です。

場所は公営霊園である「聖山公園」の頂上付近。車で霊園に向かい、そのまま上り坂を進みます。「うつのみや遺跡の広場」の入口近くのロータリー横に無料駐車場があり、障害者用駐車区画は入口の先までロータリーを回った場所にあります。公衆トイレには障害者用が併設されています。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

広場入口周辺の路面は大谷石舗装で、車椅子で通行するとゴツゴツします。復元エリアは砂利路面で、場所によっては車椅子がスタッグするレベルの深い砂利になります。慎重にルートを選んで車椅子で進んで下さい。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

もっとも大きな復元住居「1号長方形大型建物」内に自由に入ることができます。出入口付近はデコボコしていますが、慎重に進めば車椅子で乗り越えられます。出入口の広さ高さは一般的な車椅子なら通行可。頑張りは必要ですが、車椅子で復元住居の内部に入ることができます。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

墓墳は縄文時代。公園入口横にある「将軍塚古墳」は7世紀の古墳時代の遺跡。霊園は平成の開園。「聖山公園」は5千年間続く墓の山です。

 

 

大谷石の「大谷」は宇都宮市です。採掘場跡が公園になっています。

「大谷公園」

大谷町にある無料の公園です。別にある大谷石の採掘場跡の巨大な地下空間をみる施設が人気ですが、すべて階段や梯子で移動する施設なので、車椅子での利用は出来ません。大谷公園は、車椅子でもなんとか利用できます。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

広い無料駐車場があり、出入口に最も近い場所に障害者用駐車区画の用意があります。駐車場から道を渡ると大谷公園に入ります。通路脇にある公衆トイレは新しくて綺麗で、障害用トイレが併設されています。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

大谷石でできた巨大な観音様や大谷石の居壁、親子ガエルに見える大谷石の巨石などが見どころです。園内の歩道は大谷石が敷き詰められています。これがデコボコできつい振動を発生させます。車椅子は衝撃を和らげるために、ゆっくりと進んでください。車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

 

最後に餃子観光地のバリアフリー状況を紹介します。

宇都宮餃子「来らっせ本店」

有名店の餃子食べ比べが出来る「来らっせ本店」は、ドンキホーテの地下にあります。元長崎屋の古い建物ですが、エレベーターは2基あります。障害者用トイレは3Fの一か所だけです。

近隣には提携駐車場が複数あり、2,000円以上の利用で2時間無料の駐車料金減免サービスがあります。また市内3カ所の市営駐車場は、障害者手帳の提示で2時間料金が無料になります。「来らっせ本店」に最寄りの「市営相生駐車場」は機械式駐車場で、車椅子利用者が運転手の場合は、利用が難しい構造です。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

店舗は5店舗からなる「常設店舗ゾーン」と、曜日でメニューが変わる「日替わり店舗ゾーン」があります。車椅子で利用しやすいのは、広くてスペース的に余裕がある「常設店舗ゾーン」です。「常設店舗ゾーン」の店内通路は広く、床面はフラット。止まり木方式のカウンター席もありますが、車椅子利用者は普通の可動式テーブル席に案内されるはずです。

「常設店舗ゾーン」内に5店舗それぞれの店舗があります。お好みの店舗に行き、オーダーして精算。その際に席の番号を申告。出来上がった餃子は、店舗スタッフが席に持ってきてくれます。したがって車椅子利用者が自分でオーダーをしても大丈夫ですが、各店舗の受付カウンターがやや高いため、現金精算などはスタッフに出てきてもらう必要があります。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

餃子のたれ、醤油、お酢は、各テーブルに備えがありますが、ラー油はなし。各店舗自慢のラー油を、小皿に入れてもらいオーダー時に受け取り、自分で席に持ち帰る方式です。 ラー油が入った小皿を車椅子で持ち帰る自信のない人は、お店の人に頼んでください。帰る際のお皿の片づけはスタッフの仕事で、セルフではありません。

車椅子で行く宇都宮~観光スポットのバリアフリー情報

このような状況ですが「来らっせ本店」は、最低限のバリアフリー要件は満たしています。

 

 

バリアフリー情報を参考に、車椅子での宇都宮観光をお楽しみ下さい。

車椅子で行く川越~観光名所のバリアフリー情報

観光客に人気の街「川越」。主な観光スポットのバリアフリー状況を紹介します。

 

「川越蔵造りの町並み」

○好天の週末は大混雑

「仲町」の交差点から「時の鐘」付近までのメインストリートがもっとも混雑します。歩道はバリアフリーに整備されていますが、車道との境界はフラットなので、人ごみで車椅子が車道に押し出されないように注意が必要です。大混雑時にこの区間のお店を車椅子で利用するのは困難です。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○食べ歩きは一本裏道がお薦め

「中央通り」の一本東側の一方通行の裏道から「大正浪漫夢通り」にかけても、お店があります。この付近は車の通行は少なく、混雑時もそれほどの混乱はありません。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○菓子屋横丁の路面はデコボコあり

「菓子屋横丁」は車の通行がないので、大混雑時でも車椅子で安全に散策できます。しかし横丁の路面はデコボコがある舗装で、車椅子に衝撃がきます。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○まつり会館横の新公衆トイレがお薦め

大きくて清潔な公衆トイレが「菓子屋横丁」の近く、「川越まつり会館」の横にあります。旧トイレ棟と新トイレ棟があり、両方に障害者用トイレが併設されています。また新トイレ棟には休憩スペースが併設されています。

「川越まつり会館」の入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。ただし、完全なバリアフリー施設ではありません。

 

 

「喜多院」

○参道はバリフリー改修済み

「喜多院」表参道はバリアフリーですが、境内はほとんどが未舗装です。それでも固い路面なので、車椅子での通行は出来ないことはありません。

障害者用駐車区画は駐車場の奥、寺院への出入口付近に3台分用意されています。駐車料金の障害者減免はありません。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○本堂階段脇にスロープ

本堂は階段の上。車椅子用の簡易スロープが架けられていますが、車椅子での利用は難しいスロープです。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○五百羅漢は路面がデコボコ

五百羅漢の参拝は有料。路面がゴツゴツしているので、車椅子での鑑賞は快適ではありません。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○障害者用トイレ有り

境内には公衆トイレ棟があり、障害者用が併設されています。内部の設備は新しく、ウォシュレット付きです。

 

 

「成田山川越別院」

「別院」は境内まではフラットな舗装路ですが、本堂へは階段でスロープ無し。車椅子での参拝は困難です。

 

川越~観光名所のバリアフリー情報

「川越城本丸御殿」

段差があり、下足を脱いで見学する復元施設です。車椅子で見学する場合は、スタッフに連絡して昇降機の用意をしていただきます。

 

「川越市立美術館」

○バリアフリー美術館

2002年の開館。障害者手帳の提示で、入館料は本人と介助者1名が無料に減免されます。

B1から2Fまでの3フロア構造でエレベーターは一基。メインの展示室はB1。1Fは受付と「相原求一朗記念室」「市民ギャラリー」そして「タッチアートコーナー」。2Fは多目的ホール。各階に障害者用トイレが配備されています。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○障害者用駐車スペースは美術館の横

川越城二の丸跡に建設された市立美術館で、隣接して市立博物館もあります。両施設共通の障害者用駐車スペースが美術館の横にあり、無料で利用できます。

美術館から博物館に向かうルートは、車椅子に衝撃がくる石畳風の路面です。

 

 

「川越市立博物館」

○館内全域バリアフリー

1990年に開館した博物館ですが、ほとんど段差のない設計です。一か所だけ段差のある展示物がありますが、スロープが設置されています。

障害者用トイレは1カ所。障害者手帳の提示で本人と介助者1名は入館料が無料に減免されます。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○川越を学ぶ博物館

博物館では縄文・古墳時代の川越の様子から展示があります。以下概略を紹介します。

平安時代に荘園として発展し、その支配者が「河越(かわごえ)氏」。

次に上杉一族が支配。太田道灌に命じて川越城を築城。鎌倉時代後期に後北条氏に支配が移り、さらに小田原攻めで豊臣秀吉のものに。

そして徳川幕府になってからは、江戸の北の守りとして重視され、有力譜代の大名が藩主を歴任。川越藩からは老中が8人も排出しています。同時の経済の要所としても発展。水運も整備され“小江戸”として繁栄しました。

“蔵の町”として名高い川越は、江戸時代に何度も火災の被害に合い、防火対策として建築費用が高くつくにも関わらず、蔵の建設が盛んになりました。川越で培われた、蔵の建設技術の様子が「民族」の展示コーナーでは紹介されています。

そして「川越まつり」のこと。これらを学べる博物館です。

 

 

「ヤオコー川越美術館」

○小さいながらもスタイリッシュ

川越氷川神社の近くにある美術館で正式名称は「ヤオコー川越美術館 三栖右嗣記念館」。画家の三栖右嗣氏の作品を展示する、2012年開館の新しい美術館です。障害者手帳の提示で、本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

設計は建築家の伊東豊雄氏。建設候補地の選定から、伊東氏は積極的に関わったそうです。ワンフロア構造の小さな美術館で、館内はバリアフリー。障害者用トイレはあります。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○ゴツゴツした路面のアプローチ

美術館前には5~6台分の駐車スペースがあり、障害者用駐車スペースも設置されています。

車椅子での通行は可能ですが、エントランスへのアプローチの路面が少しゴツゴツしています。また駐車場からエントランスまでは庇はありません。

 

 

「あぐれっしゅ川越」

○JA系産直ショップ

川越市内観光用の無料駐車場に隣接した、「JAいるま野」の直営ショップです。敷地面積が約900坪。店舗面積は300坪超。店舗屋上には、太陽光発電設備を設置しています。ここから「時の鐘」までは約1kmの距離です。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○通路幅が広い店内

2010年に開業したワイド通路でフラットな売り場、店舗の裏側に障害者用トイレを完備した、バリアフリーショップです。

「サツマイモ」他の地場産商品がとても多いショップ。川越の「おかし横丁」さながらの、昔懐かしいお菓子の品揃えも充実。お茶ブランドの「狭山」は隣町なので、お茶の品揃えも豊富です。

 

 

車椅子での川越観光の最大の問題は混雑です。周辺道路の渋滞も深刻です。混雑を前提にした、無理のない行動計画が必要です。

車椅子で行く横浜 象の鼻パーク・大さん橋 バリアフリー情報

横浜港発祥の地「象の鼻地区」にある「象の鼻パーク」と「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」は、車椅子で利用できる施設です。両施設のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

 

「象の鼻パーク」

○プロムナードから開港の丘へ

横浜開港150周年記念事業として2009年に開園した「象の鼻パーク」。関東大震災で崩壊したといわれる「象の鼻防波堤」を再現した施設です。

車椅子での山下公園からのアプローチは「山下臨港線プロムナード」を利用できます。山下公園の横からエレベーターで上がり、そのまま空中プロムナードを車椅子で進むと、「象の鼻パーク」の「開港の丘」にバリアフリーに行くことができます。

横浜 象の鼻パーク・大さん橋 バリアフリー情報

○車椅子で明治期の遺構を見学

「象の鼻パーク」は、再整備工事で発見された明治期の遺構が保存活用され、現地には解説版が掲示されています。各遺構は車椅子で見学可能です。

「開港の丘」の「赤レンガ」方面に近い場所にあるのが「旧横浜税関倉庫の基礎」。明治20年代に建てられた、レンガ造り2階建て倉庫の基礎部分です。

横浜 象の鼻パーク・大さん橋 バリアフリー情報

○スロープルートを下り「象の鼻テラス」

スロープルートを下ると屋内施設「象の鼻テラス」があります。「象の鼻テラス」への入口は2か所あり、海側は手動ドア、陸側が自動ドア。車椅子では、陸側のドアから入ると便利です。「象の鼻テラス」はバリアフリー施設で、障害者用トイレがあります。

横浜 象の鼻パーク・大さん橋 バリアフリー情報

○「時をかける象」その名は「ペリー」

「象の鼻テラス」内にある、巨大な象の像は「時をかける象」、その名は「ペリー」。全長6m、全高2.6m、足のサイズは70cmオーバーです。

「象の鼻テラス」は「文化芸術創造都市クリエイティブシティ・ヨコハマ」を推進する目的で造られた文化観光交流施設。「ペリー」以外にも、クリエイティブなものに出会えます。

横浜 象の鼻パーク・大さん橋 バリアフリー情報

○舗装路面を通り開港波止場へ

「象の鼻テラス」から「開港波止場」へ向かう空間には、大きな「スクリーンパネル」が並んで設置されています。これらは夜景を演出する照明設備です。

「開港波止場」にある遺構は、「貨物線の鉄軌道と転車台」。岸壁から横浜税関への荷役を担ったもので、明治20年代に整備された施設です。この遺構の近くには「象の鼻地区の変遷」の解説版もあります。

横浜 象の鼻パーク・大さん橋 バリアフリー情報

○ビュースポット象の鼻防波堤へ

再現された「象の鼻防波堤」は、「大さん橋」に大型客船が入港している時は、豪華客船を眺めるビューポイントになります。

「象の鼻防波堤」の遺構は「石積みの防波堤」。明治初期に造られ、関東大震災で沈下した石積み護岸の一部で、半分は海の中にあり、防波堤の一部分として機能させながら保存されています。

横浜 象の鼻パーク・大さん橋 バリアフリー情報

 

「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」

○週末の駐車場はすぐに満車

エプロンと呼ばれる巨大な岸壁に大型客船が停泊する「大さん橋」は、2002年に造られた7代目です。

大さん橋の駐車場は、障害者手帳の提示で駐車料金が無料に減免されますが、週末はすぐに満車になります。

象の鼻パーク・大さん橋 バリアフリー情報

○大さん橋はバリアフリー設計

長さ450m幅110mという巨大な施設なので、移動距離はありますが、大さん橋はバリアフリー設計で車椅子での利用は可能です。障害者用トイレは屋内に複数用意されています。

象の鼻パーク・大さん橋 バリアフリー情報

○「くじらのせなか」を車椅子で散策

1Fは駐車場、2Fは出入国ロビーとイベントホール、3Fは屋上公園「くじらのせなか」です。

「くじらのせなか」の歩道は、傾斜はありますが車椅子で散策可能です。氷川丸・山下公園を、みなとみらい地区を、車椅子から見渡すことが出来ます。

象の鼻パーク・大さん橋 バリアフリー情報

○大規模マルシェが開催

大さん橋では様々なイベントが開催されます。

2017年から不定期に開催されているイベントは「横浜大さん橋マルシェ」。普段は立ち入り禁止の大型客船が停泊するエプロンに、屋台形式の物販店やキッチンカーが約200出店。海沿いにフリーテーブル席を大量に配置。相当の混雑でも、車椅子で苦にならないスペース的な余裕があります。

象の鼻パーク・大さん橋 バリアフリー情報

 

「象の鼻パーク」と「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」は、車椅子で利用できるバリアフリー施設です。そして混雑時でも車椅子で苦労しない、スペース的な余裕があります。