池袋 サンシャインシティ 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

池袋 サンシャインシティ 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

東京都豊島区、東池袋の「サンシャインシティ」は、「巣鴨プリズン」の跡地に1978年に開業した古い施設ですが、改修が進み車椅子で利用できる施設に変っています。車椅子からみた現地のバリアフリー面でのポイントを紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

池袋 サンシャインシティ 車椅子利用ガイド

○車椅子でのアクセス

東池袋駅からは、地下通路と屋根の下を通り雨天でも濡れずにアクセスできます。途中で段差回避エレベーターを利用します。

池袋 サンシャインシティ 車椅子利用ガイド

池袋 サンシャインシティ 車椅子利用ガイド

池袋 サンシャインシティ 車椅子利用ガイド

池袋 サンシャインシティ 車椅子利用ガイド

池袋駅方面からは、東急ハンズの横「サンシャインシティ入口」からエレベーターで地下連絡通路に下りてアクセスできます。

池袋 サンシャインシティ 車椅子利用ガイド

池袋 サンシャインシティ 車椅子利用ガイド

池袋 サンシャインシティ 車椅子利用ガイド

地下有料駐車場があります。身体障害者用が22台分、高齢者や妊婦さんまで対象にした思いやりスペースが33台分の優先スペースがあります。全1800台収容の内、55台分が優先スペースですから、3%の区画が優先ゾーンということになります。三菱地所カードの利用で、駐車料金が規定プラス1時間無料になります。

 

○館内のバリアフリー状況

段差解消スロープやエレベーターの整備により、サンシャインシティ全体、車椅子で移動できない箇所はほとんどありません。

池袋サンシャインシティ 

メイン通路にある段差は、池袋駅方面へ抜ける地下通路から、「ヴィクトリア」などが入る元「アムラックス」ビルへの入口が段差路でスロープがありません。

池袋 サンシャインシティ 車椅子利用ガイド

パブリックスペースの障害者用トイレ設置状況です。オストメイト有と無しがありますが、トータルでB1が4か所、1Fが3カ所、2Fが2か所、3Fが3か所、4Fが3カ所あります。

サンシャインシティ

○有料施設の障害者減免制度

サンシャインシティの有料施設「サンシャイン水族館」「プラネタリウム満天」「サンシャイン60展望台」「古代オリエント博物館」は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の利用料金が半額に減免されます。

池袋 サンシャインシティ 車椅子利用ガイド

サンシャイン水族館」「プラネタリウム満天

サンシャインシティは、元々は段差構造箇所が多い施設ですが改修が進み、現在ではバリアフリー施設になっています。