隅田川と下町の博物館 すみだ郷土文化資料館 バリアフリー情報

隅田川と下町の博物館 すみだ郷土文化資料館 バリアフリー情報

東京都墨田区の「すみだ郷土文化資料館」は、多くの人を惹きつけてきた隅田川を中心にした下町文化などが展示される、車椅子で見学ができる資料館です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年8月の取材に基づいています。

すみだ郷土文化資料館

○アクセス方法

とうきょうスカイツリー駅から徒歩7分の案内です。資料館の周囲はアップダウンが少ない平地が多く、ほとんど歩道が整備された道路を通るので、車椅子でのアクセスは可能です。

来館者用の一般駐車場はありませんが、障害者用駐車区画が1台分用意されています。今回取材時における障害者用駐車区画の利用方法を紹介します。

事前予約は出来ません。空いていれば利用できる運営です。現地駐車スペースの前には施錠されたポールがあり、無断利用は出来ません。その場から資料館になんらかの方法で連絡をして、スタッフに開錠していただきポールを下げて利用します。駐車スペースは斜めで狭く、小型車両でも駐車には技術が必要です。

すみだ郷土文化資料館

○館内のバリアフリー状況

資料館のエントランス周辺はフラットで、出入口は自動ドア。車椅子での入館に問題はありません。

有料の資料館ですが、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

展示室は3フロア構成で、エレベーターが1基あります。各展示フロア内はフラット構造で車椅子での移動は可能です。

障害者用トイレは3Fに用意されています。大型のベッドはありません。

館内のバリアフリー状況

○展示のバリアフリー状況

1Fは「すみだのあゆみ」。古代からの地形の変遷やゆかりの人物の紹介などがあります。大型資料の壁掛け展示が多く、車椅子からの見学に問題はありません。

2Fは近現代の隅田川がテーマ。明治時代に花見で賑わう墨堤を再現したジオラマ、東京大空襲の惨状、隅田川花火の歴史などが紹介されます。壁掛け展示の他にケース内の展示もありますが、ケースの高さは低く、傾斜展示されるので、ほとんどの資料は車椅子から見学が可能です。

3Fは企画展示室。今回取材時は地元のお寺に伝わる絵画などを紹介する「黄檗‐牛頭山弘福寺」展が開催されていました。壁掛け展示が中心で、車椅子からの絵画鑑賞は可能です。

展示のバリアフリー状況

展示のバリアフリー状況

展示のバリアフリー状況

○下町の歴史と文化に興味のある方にお薦め

向島エリアは近代の埋め立て地ではなく、古代から陸地でした。江戸時代に首都になり、利根川の流れが変えられ、町民文化が育まれた地。明治大正で独自の下町文化が花開き、戦争で焼け野原に。そして現代へと続く復興の歴史。

墨田区民だけではなく、多くの人が関心をもつテーマが展示解説されています。

また1Fのミュージアムショップでは、貴重な資料でもある過去の企画展の図録などが販売されています。

下町の歴史と文化に興味のある方にお薦め

「すみだ郷土文化資料館」は、小規模ながら展示内容は充実した資料館。車椅子での利用見学は可能です。